2006年のドイツW杯のジーコジャパンから学べた事。
ジーコジャパンがドイツW杯で惨敗に終わってしまった原因としては、フィジカル・コンディション的なピーキングだったり、特に初戦のオーストラリア戦の交代采配だったり、当然、1つではなかったと言えると思うのだが、今回のハリルホジッチの解任劇、特にその一番の理由として協会側が挙げた、監督と選手たちとの信頼関係、という部分について言えば、ジーコジャパンは、そこに難しさが顕著な代表だったと言えると思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
個の力として勝る海外組をジーコは重用し、実際、アジア予選では海外組の力が大きかったと言えるが、しかし、アジアカップは国内組のみで優勝しており、その結果、海外組と国内組、という派閥が生まれてしまっていた、という印象を個人的には持っている。そしてそれは、海外組を中心にした「4-4-2」が良いのか、国内組を中心にした「3-5-2」が良いのか、というシステムな選択にも影響を与えていたと感じられた。

それから、常にアグレッシブに戦いたい攻撃陣と、場合によっては下がって戦いたい守備陣と、そこにも意見の相違が生じていたし、ボランチ起用された中田英寿が、守備を放棄して攻撃参加してしまう、その結果、守備面だけではなく攻撃面でも、中村俊輔とプレイしたいポジションや役割が試合中に重なってしまったり、もう1枚のボランチであった福西崇史が攻撃参加できなかったり、そういう部分にもまとまらない感があった。

そして、そういう事に対して、ジーコは最後まで解決できなかった、しなかった、と言える。実際には、最終的には、海外組か国内組か、「4-4-2」か「3-5-2」か、という事についてはともかくとして、どちらかと言えば、守備陣側の意見を採用したと思うし、中田英寿の方を説得して、という事でドイツW杯には挑んだと思う。しかし、直前のマルタ戦からその兆候はあったのだが、残念ながらW杯の初戦でチームは崩壊。

そのドイツW杯の初戦のオーストラリア戦は、先制点を奪いながら、終盤に3失点して逆転負け、という衝撃的な試合として記憶されていると思うが、問題になったのは後半38分の柳沢から小野へという交代策。それについてジーコは、「小野をボランチに入れることで中田を上げ・・・」、という事を後日に語っていたようであるが、個人的な見解としては違う。ピッチ上での動き、というのは、そうであるようには思えなかった。

個人的に見えていたのは、終盤になり、苦しい展開となった時に、それでもアグレッシブに戦うのか、いや、下がって守り切るのか、という事に意思統一が成されず、また、その状況で中田英寿が前に攻撃参加してしてしまう事が多かったので、FWの柳沢との交代でボランチに小野を入れ、それでバランスを保とうとした、という方だった。往々にして監督というのは、様々な事を考慮し、真実を語るとは限らない、という事がある。

しかし、そういう意図で小野で入れたと思うのだが、それが攻撃的な意図だったのか守備的な意図だったのか、おそらく、ピッチ上の選手たちにはきちんと伝わらず、という事だったように思う。しかし、そうなってしまった原因が、監督であるジーコにだけ原因があったのか、という事については、個人的には疑問に思っている。むしろ、そうなってしまった主な原因というのは、選手たちの方にあったのではないだろうか、と思う。

特に、チームとしてこうしよう、という事に対して、それに最後まで反対し続けた、一度は納得したかのように見えたのだが、結局最後は、自分のやりたいようにやる、チームとしてのやり方が云々よりも、最も自分が輝けるプレイをしたい、という事を選択した選手が存在し、やはり、それが一番の問題だったように思う。もちろん、その選手を外さなかった、という事はあるのだが、もしかしたら、外せなかった、のかもしれない。

そういう意味では、今回のハリルホジッチの解任劇にも、同じような臭いを感じるところがあり、もし、ジーコは外さなかったから、ハリルホジッチは外そうとしていたから、という事だったのだとしたら、やはり、その選択が、目先の結果ではなく、将来における日本代表、日本サッカーにおいて、プラスになるのかどうか、という事には大きな疑問を感じる。またそれは、監督と選手たちとの信頼関係の問題、と言えるのかどうか。

それが結果よりも優先された時、または、将来的な結果よりも目先の結果が優先された時、果たしてそれが、正しい道だと言えるのかどうか。ジーコジャパンから学べた事は、過去の記事にも書いたように、かなり様々あったと言えるのだが、特に、今回のハリルホジッチの解任劇、監督と選手たちとの信頼関係の問題、という事について関連させれば、それを監督の責任だと結論付ける事は、かなり危ない事であると個人的には思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/05/07 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 柴崎岳 】 後半の途中からパフォーマンスを上げて勝利に貢献。 【 ラス・パルマス vs ヘタフェ 】 | ホーム | 【 乾貴士 】 1ゴール1アシスト、3つの得点に絡む活躍。 【 ジローナ vs エイバル 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4075-be70e28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |