2014年のブラジルW杯のザックジャパンから学べた事。
世界の舞台で戦うにおいて、個の守備力、これが圧倒的に足りていない、という事。それは、単純なフィジカル(身体能力)的な問題から生まれている場合もあるが、それと同じぐらい不足しているのは、フィジカル・コンタクトの技術力であり、ボールの奪い方とボールを奪った後のファースト・プレイの技術力であり、全体(組織)ではなく個としてのプレスのかけ方であり、それから、GKの個の力、という事もそうだと言える。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
決定力不足、という事はあるにせよ、1999年のワールドユース選手権で準優勝したメンバーがフル代表の主力となってから以降は、主力が本田や香川や岡崎に入れ替わりながらも、攻撃力は、相手が欧州や南米の強豪国でも1点ぐらいは取れる、というレベルにまでは至っていると言える。少なくとも、彼らのような選手たちに、あまり多くの守備タスクを負わせなければ、つまり、ほぼ攻撃に専念させれば、そうであると言える。

しかし、それでも、攻撃力という力技で勝てる確率が60%以上になるのはBクラスのアジアまでだと言える。攻撃力という力技で勝てる確率は、アジアのAクラスから世界の中堅国以上、となるにつれて下がり、個人的な感覚で言うならば最終的には10%以下まで下がり、その10回に1回以下の確率がベルギー戦に出た、というだけだったと思う。やはり、その証明が、ブラジルW杯の0勝1分2敗、という結果だったと言える。

攻撃の選手に、あまり多くの守備タスクを負わせないようにする、つまり、ほぼ攻撃に専念させる、という事を実現させるためには、守備の選手に、それを可能にさせるぐらいの守備力が必要になる。また、いくらハイプレスという理想を掲げても、前線や中盤のプレスが弱ければ、または、単純なロングボールにDFが弱ければ、セットプレイの守備が弱ければ、ハイプレスの守備は効果的ではないどころか、むしろマイナスになる。

結局、ハリルジャパンの戦い、というのは、個の守備力を上げたい、という戦いだったのであり、またそれは、ずっとそうではあるのだが、間違い無く、ザックジャパンの反省に立ったものであり、それを、もっと組織的にやればとか、もっとポゼッション率を上げればとか、もっと日本らしさを出せばとか、そうやって選手たちが逃げてしまった事が、ハリルホジッチ解任の一因であると個人的には思っていて、とても残念なところ。

それから、速攻の形だとミスが増える、ボールの奪い方とボールを奪った後のファースト・プレイの技術力が低くて速攻の形だとミスが増える、長いパスや強いパスだと出し手も受け手もミスが増える、しかし、遅攻の形だとそういうミスは減らせる、ショートパス主体ならば出し手も受け手もミスが減らせる、下手に見えない、だからそういうサッカーがしたい、という事もそうで、そういう消極的な思考も、とても残念だと感じる。

残念ながら、選手たちがやりたいサッカー、それが常にベストまたはベターであるとは限らない。また、日本らしいサッカー、それを追求する事が、世界の舞台での日本のサッカーの競争力を上げるとは限らない。大概の場合の答えは、ハイブリッドやマイナーチェンジであり、偏重は博打であると同時に、それで勝てるようになる確率は負ける確率よりも低い。内向きの思考はサイレント・キラー。身内の理論もサイレント・キラー。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/05/11 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【 乾貴士 】 先制点を生み出す素晴らしいパスを見せる。代表では中央での起用の可能性が高まってきた? 【 エイバル vs ラス・パルマス 】 | ホーム | 2010年の南アフリカW杯の岡田ジャパンから学べた事。>>
コメント
日本人の見た目重視思考が改善されないと、代表のサッカーのパスサッカー、自分たちのサッカー優先は変わらないのかなと。
次期代表監督はシメオネ監督になって、いただいて囲い込みと、ディフェンス時のフォローの仕方を教え込んでほしいです。
アトレティコの1人かわされても、2人かわされても3人めで奪う守りかたは、素晴らしいと思うので。奪いきるディフェンスができなければ、ポゼッションサッカーなんて、カウンターの餌食だと思うので。
【2018/05/11 18:34】 URL | aruto #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4078-380f7adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |