本当は既に答えが出ていると思う日本らしいW杯での戦い方。
皆様のコメントを読んでも思う事は、現在点で、日本がW杯で戦うにおいての基本形というのは、おそらく、既に確立しつつあるのではないかと思う。結局、2002年と2010年、日本には2回、グループステージを突破した経験というのが有り、そしてまた、2006年と2014年、どのようなチームで惨敗したのか、という事を考えれば、それが結果論的な答えだったとしても、現在点では最も説得力のあるものだと思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
そして、その2002年や2010年の戦い方をベースに、そこにいかに日本らしさというプラスαを落とし込むのか、もはや、その一点に絞り込まれているのではないかと思う。システムというのは、それがDFのラインであれMFのラインであれ、横幅は5枚以下では守れない、というのが現在点であると思っていて、やはり、5バックのシステムだったり、4バックでも「4-1-4-1」だったり、という事が1つだと思う。

更には、「4-4-2」というシステムでも、むしろそれは、「4-4-1-1」で、結局のところ「4-1-4-1」に近い形だったり、どちらかもしくは両方のSHはSB的にプレイして、実質的に守る時は5バックや6バックになるような感じだったり、という事も1つ。そして、その時に、組織性や規律の高さであったり、献身性や粘り強さであったり、そういうものがあるならば、それが日本らしい守備になるのだと思う。

攻撃についても、プロセスやアプローチというのは、縦に速く攻める、という事は絶対的なセオリーとして置きながらも、その中にショートパス主体というのは融合させても良いが、やはり、現在点では、セットプレイからの得点、というのが日本の最大の武器であり、またそれが日本らしさなのではないかと思う。そして、そういう攻守を、世界レベルまで高める、という事が、日本のサッカーの最初の目指すべき到達点だと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/05/26 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハリルホジッチ方式で選択した方がスッキリと迷いなく決められるのかなと。 | ホーム | 今回は満身創痍の日本代表で挑むW杯になってしまうかもしれない。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4092-30b2ddf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |