ハリルホジッチ方式で選択した方がスッキリと迷いなく決められるのかなと。
          大迫勇也

 宇佐美貴史            本田圭佑

       山口蛍   柴崎岳

長友佑都 槙野智章 長谷部誠 吉田麻也 原口元気

          川島永嗣


          武藤嘉紀
         (岡崎慎司)
  香川真司            浅野拓磨

       大島僚太  井手口陽介
            (三竿健斗)
酒井高徳 昌子源  遠藤航  植田直通 酒井宏樹

          東口順昭
         (中村航輔)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
こういう感じの「5-4-1」(「3-4-2-1」)が試されたようだが、個人的にまず心配しているのは、5バックの最終ライン(3バック+2ウイングバック)のところで、左サイドは、マッツァーリ時代のインテルで長友はウイングバックをやっていたが、監督からそう求められていた事もあり、4バックの時よりも、かなり長友は攻撃的にプレイしていて、もし長友が、その時の感覚でプレイしたり、4バックの時よりも攻撃的で良いだろう、という感じでプレイした時に、守備が不安定になるだろう、という事。

また、右サイドは、SBでのプレイ経験もあったり、実はそれほどスピード不足ではない、というような情報もあるが、やはり、吉田の裏を狙われる、という事が心配な部分。もちろんそこは、3バックの中央の選手や右ウイングバックの選手がカバーする、という事で解決できると思うが、それが頻繁になった場合、それで逆サイドや中央の守備が薄くなるかもしれないし、右ウイングバックの選手は高いポジショニングが全くできない、という事になるかもしれないので、そうなった場合には、考える必要があると思う。

そして、右ウイングバックについては、おそらく、基本的には酒井宏樹だと思うが、怪我明けの酒井宏樹にはフィジカル・コンディション的な不安があるし、酒井高徳にはパフォーマンス的な不安があるので、それで原口が試されたのかなと。但し、原口の右サイドというのは、代表でもクラブでも、あまり良いパフォーマンスを見た記憶が無いし、攻守に中途半端になる可能性があると思うので、個人的には、酒井宏樹でなければ、遠藤航か浅野の方が良いのかなと思っている。守備的ならば遠藤航で、攻撃的ならば浅野。

また、左SH(シャドウ)と左ウイングバックは、左SH(シャドウ)は香川と乾と原口、そして、左ウイングバックは長友と原口と乾、というのをベースに、しかし、香川と乾は怪我やフィジカル・コンディションや試合勘に不安があるから、プランAとしては、左SH(シャドウ)に原口、左ウイングバックに長友、とした方が良いように思う。更には、その控えとしては、左ウイングバックには酒井高徳、更には、左SH(シャドウ)は、香川も乾も外し、中島を招集する、という事も、やはり考えるべきかなと思う。

あるいは、1トップは大迫と久保(岡崎)にして、原口を左SH(シャドウ)のファースト・チョイス+左ウイングバックのセカンド・チョイス、という事にして、武藤を左SH(シャドウ)のセカンド・チョイス、という事にしても良いのかなと。それはつまり、香川も乾も酒井高徳も外す、という事であるが、怪我、フィジカル・コンディション、試合勘、パフォーマンス、という事を考えれば、それも有りかなと思う。個人的には、どちらにせよ、久保もしくは中島の追加招集というのは、必要なのではないかと思う。

ちなみに、宇佐美については、そこに柴崎や大島を、という事もあるが、やはり、長谷部を最終ラインで使う、今野も青山も怪我、という事であるから、柴崎と大島の2人はボランチとして考えておいた方が良いと思うので、そうなってくると、本田の控えとして宇佐美、つまり、右SH(シャドウ)のセカンド・チョイスとして宇佐美、と考えておいた方が良いように思う。もちろん、久保や岡崎を右SH(シャドウ)で、という事だったり、他にもチョイスの候補はあるので、そこは実に難しい選択になっていると思う。

そういう意味では、個人的には、ハリルホジッチ方式で、フィジカル・コンディションや試合勘に不足がある選手は使わない、とハッキリしておいた方が、迷いなく決められるのかなと。回復するかもしれない、復調するかもしれない、という選手たちまで含めて候補者に入れてしまうと、特に2列目はとても選択肢が多くなってしまい、ファースト・チョイスさえ決められなくなってしまう可能性が高い。おそらくそこは、結局は、ガーナ戦後の最終決定の時に、大鉈を振るう的な、大きな決断に迫られる事になると思う。

また、そうであるならば、ボランチについても、怪我がちな大島もしくはフィジカル・コンディションや試合勘に不安がある井手口が外す候補で、山口、柴崎、三竿、そして、大島もしくは井手口、という4人にするのが、結局はベターな選択になるのかなと。やはり、回復すると思っていた、復調すると思っていた、という事で、そうならなかった選手を多く選んでしまった場合には、自滅、というような、最も避けなければならない事態になってしまう可能性があると言えるから、そこは最終決断で間違わないで欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/05/27 11:54】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<日本代表の監督や日本人の指導者に求めるべきだと思う事。 | ホーム | 本当は既に答えが出ていると思う日本らしいW杯での戦い方。>>
コメント
宇佐美の使い方って正直迷い所やと思います。
世界レベルを相手にするとき、非常に使いにくい。

しかし、面白い選手であるともいえます。
【2018/05/29 00:40】 URL | パンダ番長 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4093-c9c49fe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |