トルコ戦(Uー21) 【 本当にそういうサッカーをやり続ければ、いつの日にかは改善されるのだろうか。 】
試合 :トゥーロン国際大会 グループステージ 第1戦
開催日:2018年5月29日
結果 :トルコ代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:三好康児 アクジャイ ウズテュルク




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW           小川航基
MF   森島司              三好康児
MF        中山雄太  井上潮音
DF 初瀬亮  板倉滉  冨安健洋 椎橋慧也 藤谷壮
GK           山口瑠伊

FW           田川亨介
MF   遠藤渓太             三好康児
MF        板倉滉   中山雄太
DF 初瀬亮  杉岡大暉 冨安健洋 椎橋慧也 藤谷壮
GK           山口瑠伊

FW        田川亨介  上田綺世
MF   遠藤渓太            三好康児
MF        中山雄太  板倉滉
DF   初瀬亮  杉岡大暉  冨安健洋 藤谷壮
GK           山口瑠伊


後半4分に得点を奪って、その得点もショートカウンター気味に前の3枚だけで決めた良い形だったし、しかし、後半13分、井上から杉岡、3CBの左だった板倉をボランチにして、杉岡を3CBの左にした交代采配から流れが変わってしまい、結局は逆転負け、という結果になった試合だった。但し、選手交代だけが敗因になったのではないと思っていて、と言うのは、このチームは今回のような失点の仕方、負け方を繰り返しているから、やはり、1つ大きいと思うのは、コンセプトにしている戦い方なのかなと。

GKも含めた最終ラインのところからしっかり繋ぐ、そこでプレッシャーを受けても、それをパス回しでかわしきってビルドアップする、という事にトライしよう、そこのクオリティを高める事にチャレンジしよう、という事が、このチームの主なコンセプトであると思うのだが、内容だけではなく結果も求める、という事においては、それが足かせになってしまっているのは否めない。東京五輪まで残り約2年。そこのクオリティを世界で通用するレベルまで高められるのか。やはり、現時点では厳しいように感じる。

確かに、トルコは日本のポゼッションサッカーにやり難そうにしていたと思うが、しかし、ボールは保持させても、ボールは回させても、最後、ゴール前のところでやられなければ、という守備の感覚になったり、攻撃は、ビルドアップのところを狙ったり、3バックのサイドのスペースのところを狙ったり、という部分に活路を見出し、結局はトルコが勝利を収める、と。まさにそこは、日本のサッカーが弱さや悪さにしてきた部分で、本当にそういうサッカーをやり続ければ、いつの日にかは改善されるのだろうか。

攻撃、FWにおいても、直線的なスピードや高さのある選手たちを活かせない、という部分は相変わらずで、1つのパターンや方法の攻撃しかできない、という悪さがある。そういうサッカーをしなければ、それは日本には合っていないと言われ、しかし、そういうサッカーをすれば、同じような負けパターンを繰り返す、というループ。システムとか選手の組み合わせというのは、そこの部分を解決させる根本的なものにはならないと思うから、そこにまずは気が付いて欲しいなと。残りの試合で何か変わるだろうか。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/05/29 11:45】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「5-4-1」もしくは「3-4-2-1」をやるならば注意してもらいたい事。そして、西野ジャパンの前にある最初のハードルについて。 | ホーム | 日本代表の監督や日本人の指導者に求めるべきだと思う事。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4095-38ecbc26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |