「5-4-1」もしくは「3-4-2-1」をやるならば注意してもらいたい事。そして、西野ジャパンの前にある最初のハードルについて。
後ろの「4-4」で守備ブロックとか、「5-4-1」ならば「5-4」で守備ブロックとか、要するにブロックを作る守備の利点の1つは、相手のシステムがどのようであっても、ある程度は対応できる、という部分にあると思う。一人ひとりに担当を決める、いわゆる、嵌め込んでいく守備というのは、相手のシステムが想定外だった時に危うくなるし、ある程度は、相手のシステムに合わせて味方のシステムも変える、という必要性に迫られ、そこが難しくなる要素。南アフリカW杯の時に、基本的な守備方法をマンツーマンからゾーンに変えたのも、やはり、それが大きな理由の1つだったと思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
従って、なるべく相手のSBにはシャドウの選手ではなくウイングバックの選手が対応するように、とか、サイドはウイングバックが1枚なので、とか、そういう話も出ているようだが、そうではなく、サイドのゾーンは、基本、シャドウとウイングバックの2人で守ると。それプラス、ボランチの1枚かCBの1枚も加えた3枚で守ると。おそらく、選手たちがハリルのやり方に不満を持った1つは、ゾーンではなくマンツーマンの守備を要求した事だったと思うのだが、この段落の冒頭のところに書いたような事をやろうとするならば、それはマンツーマン的な守備に近くなり、結局、同じになるかと。

それから、そういう意味では、ゾーン・ディフェンスであっても、基本の形を「5-4-1」にするのか「3-4-2-1」にするのか、という事は明確にしておいた方が良いと思う。つまりは、「5-4-1」にするならば守備ブロックは「5-4」だが、「3-4-2-1」にするならば守備ブロックは「3-4」となり、前者は9枚、後者は7枚、という大きな違いが生まれ、かなり違う。そして、心配になるのは、「3-4-2-1」ではなく「3-4-3」ではあった(2シャドウではなく2ウイングだった)が、ザックの時は「3-4」の守備ブロックの方で、ほぼ機能しなかった、という事。

やはり、どうしても、サイドの守備はウイングバックが1枚で、という事になると、ウイングバックのポジショニングは低くなる。つまり、「3-4」ではなく「5-2」という守備ブロックの形になってしまう。ザックの意図としては、そうではなく、ウイングバックには高い位置を保たせ、「3-4」という形の守備ブロックで守れ、つまり、その形は攻撃的になるオプションである、という事だったと思うが、やはり、個の守備力が低い日本の場合には、ウイングバック1枚の力では高い位置でボールを奪いきれないので、という事だった。もちろん、それならばそれで良い、という事ならば別だが。

しかし、日本がW杯で戦う場合に、そういう攻撃的なやり方をベースにする事はできないと思うから、3バックのシステムでやるのであれば、それは5バックだと考えてプレイした方が良いと思うし、そして、そうであるならば、2シャドウあるいは2ウイングはSHのように下がって守備ブロックに参加し、「5-4」という形を作った方が良いと思う。なぜならば、そちらの方が前後のコンパクト性を保てるからで、やはり、より重要なのは、攻撃を機能させる事ではなく守備を機能させる事、だと思うから、そこは、きちんと意識統一させ、攻撃的と守備的が、曖昧にならないようにしてもらいたい。

それから、雰囲気が良い悪い、という話が頻繁に出ているが、当然、今は雰囲気は良いと思う。なぜならば、まだ西野ジャパンは0試合0敗、つまりは、まだ1つも悪い結果は出ていないからで、そして、そこから3人は選外になるが、今集められているメンバーは限りなく当確に近いと言えるので、当然、悪い気分の選手はいないはず。もちろん、規制の多かった監督から、そうではない監督に変わった事も大きな要因にはなっていると思うが、結局、チームの雰囲気を左右する大きな要因となるものは結果だと思うから、今の時点で雰囲気の良い悪いをどうこう言うのは、過剰にしない方が良いと思う。

やはり、1つの組織、1つのチームというのは、長くなればなる程、様々な問題が蓄積されるもので、結果が悪かった時に、その反省に立って修正する、という事を何度も繰り返す作業においては、どうしても規制(ルール)が増えていくと思うし、あるいは、選手の入れ替わり、という事も回数が増えてくるから、もしくは、起用されない、招集されない、という選手たちの不満もどんどんと蓄積されていくものであるから、そういう部分で約3年間を指揮した監督と、まだ実質的には数日間しか指揮していない監督を比べるのは、やはり、全くナンセンスであると思う。まだ現在は比較対象にならない。

新しいやり方、新しいシステムなどに取り組む事は、過去にあった不安や不満を忘れさせる事に対し一定の効果がある。しかし、特にその結果が悪かった場合には、その効果は長続きしない。従って、当然、ガーナ戦も含め、W杯前までの数試合の結果は重要になってくると思うのだが、一方では、そこにピークを持ってきてはいけないわけで、西野ジャパンはそこが最初の山場になると思う。その失敗はジーコジャパンとザックジャパンで繰り返した。そこにピークを持ってきてしまえば、本番で落ちる。しかし、そこで良い結果が出なければ、チームは崩壊する可能性が高くなる。上手く乗り切れるか。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/05/30 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ガーナ戦 【 むしろ、1%でも2%でも勝つ確率を上げるために、という事ではなく、勝つ確率を1%か2%にした、という事なのではないかと思う。 】 | ホーム | トルコ戦(Uー21) 【 本当にそういうサッカーをやり続ければ、いつの日にかは改善されるのだろうか。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4096-4852beb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |