ガーナ戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。長谷部誠。川島永嗣。香川真司。武藤嘉紀。酒井高徳。岡崎慎司。柴崎岳。井手口陽介。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年5月30日
結果 :ガーナ代表勝利
スコア:「0-2」
得点者:パーティー ボアテング(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW            大迫勇也
MF   宇佐美貴史            本田圭佑
MF         大島僚太  山口蛍
DF  長友佑都 槙野智章 長谷部誠 吉田麻也 原口元気
GK            川島永嗣

FW         武藤嘉紀  岡崎慎司
MF    香川真司            柴崎岳
MF         大島僚太  井手口陽介
DF    長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井高徳
GK            川島永嗣


槙野智章

最近のプレイを見ていて、Jリーグの試合でも危ないなと感じるシーンもあったし、やはり、バイタルエリア内、PA内、そこでのファールには、かなり注意してもらいたいなと。ハリルジャパンの時もセットプレイやPKからの失点が多かったし、ロシアW杯ではVARも導入されるようなので、本当にそこは注意してもらいたい。もちろん、かと言って、タイトな対応をしなければやられてしまうと思うから、そこは本当に難しいところなのだが、とにかく、基本は粘り強い対応をする、という事になると思う。


吉田麻也

3バックに慣れていないわけではないと思うので、そこについては大丈夫だと思うのだが、やはり、3バックでやるとしたら、そして、その右のCBに吉田を置くとしたら、吉田の裏、吉田の外側のスペースやコースへのパスからの裏、というのは心配が大きい部分だと思っていて、そこを狙われた場合に、右のウイングバック、3CBの中央の長谷部、右のボランチ、どうやってそこをケアするのか、という事は、きちんと確立させておく必要があると思う。ハメス・ロドリゲスは中央からそこを狙うと思うので。


長谷部誠

3バックの中央に入った時の長谷部の良さは、当然、典型的なCBタイプの選手ではないので、両脇のCBのサポート的にプレイしたり、時にはボランチが空けた中盤の底のスペースへ出て行ってディフェンスしたり、守備面ではそうで、そして、攻撃面では、ボランチの時よりも相手からの強いプレッシャーを受けない、ほぼ常に前を向いた状態でボールを持てる、というところから、精度の高い長短のパスを縦やサイドに配給できる、という部分にあるのだが、そういう良さが、ほぼ皆無だったと言えると思う。


川島永嗣

長く一緒にやっていながら、吉田と川島というのは、連携の悪さが散見されてきたのだが、吉田とだけではなく長谷部とも、という事になってくると、特に飛び出すプレイにおいて、判断の悪さだったり、スピード不足だったり、どちらかと言えば、川島の方に問題があるのかなと。そうなってくると、やはり、正GKを交代する判断というのも、もしかしたら必要になってくるのかなと。特に中村航輔は、少ないながらもハリルジャパン時代に出場した試合でのパフォーマンスは高かったと思うから、有りかなと。


香川真司

個人的には、「5-4-1」(「3-4-2-1」)の左のシャドウ(SH)は、香川にとても適しているポジションだと思っているので、フィジカル・コンディションやパフォーマンスが復調するのであれば、活躍してくれる可能性は高いと、今回のガーナ戦を観ても感じられた。但し、フィジカル・コンディションやパフォーマンスが復調するのであれば、というのは絶対条件なので、それがなかった場合には、ほぼ出場は無い、という事であっても仕方ないし、そうであるべきだと思っている。どうなるのか。


武藤嘉紀

個人的には、「5-4-1」(「3-4-2-1」)であるならば、1トップのファースト・チョイスは大迫や岡崎ではなく、武藤が良いのかな、と思っている。武藤を1トップに置いて、左のSH(シャドウ)には原口、右のSH(シャドウ)には本田、という配置が、現時点ではベターなのではないだろうか。攻守のセットプレイ要員として本田は残しておき、その本田+大島もしくは柴崎がいれば、パスの出し手役はそれ以上必要無いから、パスの受け役として運動量とスピードがある原口と武藤、という事。


酒井高徳

個人的には、酒井高徳を外して、浅野か井手口か三竿を入れても良かったのかな、とは思っていて、ハッキリ言って、酒井高徳には、それぐらいの強い危機感を持ってもらいたいなと。ハンブルガーでも、正直、パフォーマンスは不安定だったと思うのだが、ここ最近の代表でも、かなりパフォーマンスは微妙というか、悪かったと言っても良いと思うので、また、今回のガーナ戦でも、特に良いパフォーマンスは見られなかったので、もしW杯で出場があった場合には、相当に頑張ってやってもらわないと厳しい。


岡崎慎司

状況的には、香川よりも厳しいのかなと。1トップのシステムでは大迫や武藤よりも序列が下になると思うし、そうであるとしたら、2トップのシステムにした時に存在感を示しておきたかった、良いパフォーマンスを見せなければならなかったと思うのだが、今回のガーナ戦ではそれができず、メンバー入りはしたが、かなり厳しい状況にあると思う。「5-4-1」(「3-4-2-1」)だとして、右のシャドウ(SH)の位置での起用も考えられるが、今のところ、監督にその考えがあるようには感じない。


柴崎岳

鋭い縦パスを出せていた、という部分では良さを見せたが、やはり、大島と柴崎のダブルボランチというのは、長谷部と遠藤保仁のダブルボランチ以上に守備力が劣ると思うので、基本の形としてそれ、というのは考えていないと思うし、そうなってくると、大島と柴崎はどちらか、という事になってくると思うから、そこはまだ、残りの2試合を観てみないとハッキリとは決められないかなと。山口や遠藤航などとの相性、それから、システム的な相性、という事もある。おそらくは、かなり迷う所であるかなと。


井手口陽介

残念ながら、浅野と三竿と共に、最終メンバーには残れなかったが、1つ大きなミスもあったし、仕方のない落選だったのかなと。しかし、ロシアW杯へ向けて、という事では、今回のタイミングでの海外への移籍は失敗だったかもしれないが、これから先の長いサッカー人生においては、それがマイナスになる事は無いと思うし、ポテンシャルはハリルジャパン時代にも示した通り高いので、切り替えて次のW杯を目指してもらいたい。もちろんそれは、浅野と三竿についても同じで、落ち込む必要は無いと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/06/02 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ポルトガル戦(Uー21) 【 劇的な逆転勝利と2試合から見えたもの。 】 | ホーム | ガーナ戦選手評価 【 大迫勇也。宇佐美貴史。本田圭佑。大島僚太。山口蛍。長友佑都。原口元気。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4099-603294c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |