スイス戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。武藤嘉紀。乾貴士。酒井宏樹。柴崎岳。香川真司。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年6月8日
結果 :スイス代表勝利
スコア:「0-2」
得点者:ロドリゲス(PK) セフェロビッチ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF 宇佐美貴史    本田圭佑    原口元気
MF       長谷部誠  大島僚太
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井高徳
GK          川島永嗣

FW          武藤嘉紀
MF  乾貴士     香川真司    原口元気
MF       長谷部誠  柴崎岳
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣


槙野智章

ファールの部分は、ガーナ戦の前から、ここ最近の槙野のプレイを見ていて、危ないなとは感じていたのだが、あまりにもその不安が100%で出過ぎていて、とにかく残念であるとしか言えない。実は、昌子にも同じような危険性を感じている部分があり、また、植田はベルギー遠征でのパフォーマンスが悪かったので、CBがやばくなっている感じもする。パラグアイ戦は、おそらく、昌子も植田も出場機会があると思うので、もしそこでその2人のパフォーマンスが良ければ、槙野との入れ替えはあるかなと。


吉田麻也

PKのシーンは、微妙な判定だったかなと思うが、それよりも、それによって少し動揺してしまったように見えて、そこと、それから、もう1つには、その動揺が原因だったのかもと思うが、2失点目のシーンの対応は冷静さを欠く悪いものであって、とても残念に感じた。ベテランなのだから、何があっても動揺してもらいたくないし、常に冷静さと集中力、それだけを考えてプレイしてもらいたい。能力は、もうロシアW杯までには上がらないのだから、とにかく冷静に、とにかく集中して、という事に尽きる。


川島永嗣

東口もしくは中村と入れ替えるべきだと思う。最適な方法だったのは、スイス戦とパラグアイ戦で東口と中村を使い、そのどちらか良い方を選ぶか、そのどちらも良くなかった場合には川島で、という事だったと思う。GKのパフォーマンスに関係無く、勝てない時、雰囲気が悪い時には、GKを入れ替える、という事は、よくある方法であるし、ましてや、今の川島はパフォーマンスが悪いのであるから、入れ替えをするのは当然であるように思う。おそらく、川島とDFの連携の悪さは、もう改善しないと思う。


武藤嘉紀

怪我が多く、その間に久保や浅野や小林悠が台頭したので、それがハリルジャパンでの不遇の原因だと思うが、どう考えても、武藤はハリルのサッカーの方に適した選手で、パスサッカー、ポゼッションサッカー向きの選手ではないと思う。但し、そこの云々を除外したとしても、動きが足りない、動いていない、という印象があったし、それは守備について、動きが足りない、動いていない、という事ではなく、攻撃の時、ボールを受ける時に、止まっている、動き出しが無い、というようなシーンが多くあった。


乾貴士

メンディリバル体制下のエイバルというのは、守備についてはもちろんとして、攻撃についても、かなり規律重視、パターン重視、監督が1つ1つのプレイの選択について、かなり細かく、こういう時はこうするんだ、という事を指示していると思うのだが、結局はそれが、乾のムラッ気を改善させ、乾のパフォーマンスを向上させ、乾が活躍できた要因の1つになったと思う。しかし、西野ジャパンの攻撃は、それとは真逆の方向性であり、昔の乾であるならばともかく、今の乾にとっては、やり難いように思う。


酒井宏樹

全体的には良かったと思うのだが、2失点目のシーンでは崩されてしまったし、結局、失点に繋がるクロスも上げさせてしまったので、そこがとても残念だった。それが無ければ、数少ない希望の1つになったのだが、おそらく、パラグアイ戦ではスタメン出場すると思うので、そこでは100%に近いパフォーマンスであってもらいたい。但し、右SBの場合は、遠藤航だったり、槙野を左SBにして長友を右SBにする、という選択肢もあるので、酒井宏樹のパフォーマンスによっては、その可能性も考えたい。


柴崎岳

攻守におけるパフォーマンスだったり、噛み合わなさだったり、という部分は、ヘタフェでの印象と大きく変わらない。大島よりも、縦へパスを出す意識は高いと思うが、その他の部分については、あまり大きな差は無いように感じる。ヘタフェで、守備意識の高さだけではなく、個としての守備力も、もっと上がっていれば、カウンターの起点となるような、カウンターからラストパスを出すような、そこの部分の個の力も更に上がっていれば、間違いなく主力候補なのだが、今は、大島よりも上だとは言えない。


香川真司

フィジカル・コンディション、パフォーマンス、まだ今は40%から50%ぐらいかなと。ガーナ戦では、シュートをきちんとミートできていなかったし、今回のスイス戦では、パスもきちんと蹴れていないシーンがあった。バイタルエリア付近やPA内では、最も崩しのアイデアの可能性を感じる選手だが、とにかく状態を80%以上ぐらいまでもってこれなければ、とりあえず、スタメンの可能性は無いかなと。もしかしたら、ハリルジャパンの時のように、岡崎と香川と本田は、スタメンから外れる可能性も。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2018/06/11 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<岡田ジャパンのシステムと守備+ザックジャパンの攻撃パターン+アギーレジャパンのビルドアップの方法+ハリルジャパンの攻撃のコンセプト。 | ホーム | スイス戦選手評価 【 大迫勇也。本田圭佑。宇佐美貴史。原口元気。長谷部誠。大島僚太。長友佑都。酒井高徳。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4108-e46dd61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |