FC2ブログ
パラグアイ戦 【 今こそ、周囲からも厳しい指摘が必要であると思う。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年6月12日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-2」
得点者:ロメロ 乾貴士 乾貴士 オウンゴール オルティス 香川真司




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF  乾貴士     香川真司    武藤嘉紀
MF       山口蛍   柴崎岳
DF  酒井高徳 昌子源   植田直通 遠藤航
GK          東口順昭

FW          大迫勇也
MF 宇佐美貴史    香川真司    原口元気
MF       山口蛍   柴崎岳
DF  酒井高徳 昌子源   植田直通 酒井宏樹
GK          中村航輔


この試合、日本が勝てた理由の1つは、2得点した乾に決定力があった、という事だと思うが、確実に言える事は、本番の試合でも、もちろん、それは乾でも良いのだが、とにかく、誰かがこの試合の乾のような決定力を見せなければ、望んだような結果は得られない、という事。ザックジャパンの時は、直前の3試合で3勝、しかも、その3試合で合計8得点を奪ったのだが、本番の3試合では1分2敗、2得点だったわけで、ようやくの勝利、得点、という事での喜びはわかるが、それは、W杯での結果に対する保証には全くならないので、同じ失敗を繰り返さないよう、気持ちはコントロールしてもらいたい。

そして、もう1つ、この試合の勝利がW杯での結果に対する保証には全くならない、という事の根拠としては、やはり失点した、2失点した、という部分で、ザックジャパンの時は、直前の3試合で3勝8得点ではあったが、失点は4で、それが本番になったら6失点となり、今回の西野ジャパンは、3試合で6失点、3試合全てで2失点であり、もし本番の試合でも同じだったら、勝つには3得点以上、引き分けに持ち込むにも2得点する事が必要、という事になり、それから、ザックジャパンと同じように、本番では更に失点が増えた場合、もはや日本は奇跡的な得点力を見せなければならず、それは無謀だと。

ハッキリ言って、個人的には、いかに本番直前の試合だったとしても、それはあくまでも親善試合、練習試合であるから、結果は0勝でも良いと思っていた。更に言えば、もし得点が0であっても、そこはあまり気にしなかった。やはり、最も気にするべきであるのは、守備、失点、という部分で、3試合全てで2失点、という結果がある事により、この試合の4得点の勝利でも、全く気分は明るくならなかった。むしろ、これで再びザックジャパンの時と同じ道を辿る事になるのではないかと、不安の方が大きくなった。4得点しても、実際に2失点し、4失点以上していてもおかしくない守備では厳しいと思う。

岡崎と香川によるファースト・ディフェンスは、確かに効いていたが、それでも失点し、尚且、もしパラグアイがスイスと同じような方法で、日本のファースト・ディフェンスもしくはハイプレスを無効化するような戦い方していたら、結果はスイス戦と同じような感じになった可能性が高いと思う。それから、乾の守備も効いていたし、この試合では、酒井高徳は守備の悪さを見せなかったし、植田の良さも発揮されていたが、それでも2失点した。それどころか、それ以上に失点する可能性も感じられた。勝利や4得点という美酒に酔わない事。残念ながら、日本人選手の決定力ほど当てにならないものはない。

それから、もう1つ、全く気分を明るくしてくれなかった原因は、東口も1失点、中村も1失点、つまりは、川島、東口、中村、どのGKも、高いパフォーマンスを発揮してくれていない、という事。もはや、GKを除く選手たちの今の守備力では、これ以上に失点は減らせないのではないかと諦めていて、この試合は、ガーナ戦やスイス戦と比べて、組織としても個としても、守備も内容的に向上していたと思うのだが、それでも2失点という同じ結果になり、やはり、そうなってくると、これ以上に失点を減らすためには、GKの高いパフォーマンスに期待するしかないと思っていて、それだけに不安は大きい。

結局、この試合の勝利、得点、というのは、西野ジャパン、6試合0勝、6試合無得点、という、不名誉な記録を作りそうだったのを阻止できた、という事だけであり、それ以上には、まだ何も手にしていない。正直なところ、それだけの事で、選手たちが満足してしまうのではないか、W杯でダメでも、パラグアイには勝てた、パラグアイから4得点も奪えた、という事により、一定の満足感を得てしまうのではないか、という事が、かなり怖い。1回でもそういう気持ちになってしまうと、そこからまた気持ちを立て直すのは簡単ではない。そういう意味では、今こそ、周囲からも厳しい指摘が必要であると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2018/06/13 11:45】 | 西野ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<パラグアイ戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。乾貴士。武藤嘉紀。山口蛍。柴崎岳。酒井高徳。遠藤航。 】 | ホーム | 岡田ジャパンのシステムと守備+ザックジャパンの攻撃パターン+アギーレジャパンのビルドアップの方法+ハリルジャパンの攻撃のコンセプト。>>
コメント
どのキーパーが出ても失点を免れないというのは、キーパーのレベレもそうだが選手達の多くが一瞬傍観者になっているせいであると思う。長谷部の様に顔面に当ててでもブロックする気迫と集中力が欲しい。日本の場合、失点を減らすには3ボランチが望ましい。まだそのレベルだ。
【2018/06/14 10:29】 URL | 児太郎 #-[ 編集] | page top↑
親善試合でさほど本気でもなく中盤のプレスも弱かったこと、また、
パラグアイ自体がスイスや本戦で対戦するチームよりレベルが落ちることもあり、
本番で、どれくらい昨日の試合の攻めの形が通じるかは分かりません

しかし、ハリル時代でも課題であった、
相手 DFが揃っている状態をどう崩すか、
については少し前進、改善してるのかな、と

"縦に早く"、はハリルも(多くの)選手も
同意見だったのだろうけど、
あくまで、裏に出すを求め、或いは
ロングボールも指示し、
ポゼッション放棄とも言えたハリルに対し、
選手が異を唱えイメージしていたのは、
昨日の試合のような、ボールを保持ながらの崩しだったのかな、との印象を持ってます
(少ない人数で攻められていたので、昨日のような形であれば、ハリルも文句は言ってないとは思いますが)

本番に向け、少しだけ希望が持てた試合内容だったとは思います
【2018/06/13 15:47】 URL | 右サイドバック一筋 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4110-93bbd48a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |