パラグアイ戦選手評価 【 昌子源。植田直通。東口順昭。中村航輔。酒井宏樹。大迫勇也。原口元気。宇佐美貴史。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年6月12日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-2」
得点者:ロメロ 乾貴士 乾貴士 オウンゴール オルティス 香川真司




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF  乾貴士     香川真司    武藤嘉紀
MF       山口蛍   柴崎岳
DF  酒井高徳 昌子源   植田直通 遠藤航
GK          東口順昭

FW          大迫勇也
MF 宇佐美貴史    香川真司    原口元気
MF       山口蛍   柴崎岳
DF  酒井高徳 昌子源   植田直通 酒井宏樹
GK          中村航輔


昌子源

1失点目の時に、最初のヘディングでの競り合いのところで昌子が負けていなければ、という事もあったし、それから、CKのシーンで、マークしていた選手に剥がされてしまう、という事もあったし、ファールで危険な位置でのFKを与えてしまう、1得点目に繋がる縦パスは出したが、パスを相手に当ててしまう、特にクリア気味のパスを相手に当ててしまう、という事も数回あり、それが大きなピンチには繋がらなかったので良かったが、パフォーマンスとしては、それほど良かったとは言えない。やや厳しかった。


植田直通

繋がずに蹴ってしまう事も多かったが、それはそれで良かったと思うし、空中戦の強さ、対人の強さ、というのは、とても発揮されていて、スタメンは吉田と槙野で良いと思うが、相手がパワープレイ気味の攻撃をしてきた時には、4バックのままであれ、3バック(5バック)に変えるのであれ、やはり、植田を最終ラインに入れて、という使い方は有りになったと思う。ベルギー遠征の時には、浮足立ってしまっているような感じだったが、この試合では冷静にプレイできていて、かなり良かったと評価できると思う。


東口順昭
中村航輔

東口については、おそらく、2番手に位置付けられていたと思うから、この試合は大きなチャンスだったと思うのだが、残念ながら、アピールに成功したとは言えなかった。そして、中村についても、良いプレイもあったのだが、東口と同じように、結果的には1失点してしまったし、やはり、アピールに成功したとは言えなかった。川島も不安定なので、まだわからないところはあるが、西野監督は経験や実績を重視しているので、正GKに抜擢される可能性は低くなったのかなと。ここでの逆転を期待していたのだが。


酒井宏樹

攻撃よりも、守備での貢献が高かった。怪我の具合が心配されるが、そこに問題が無ければ、右SBは酒井宏樹で間違いないと思う。但し、無理させられない状況でもあるのではないか、という感じもあるので、この試合では酒井高徳が左SBとして良いパフォーマンスを見せたから、長友を右SBで使う、という事も、1つの形として描いておいた方が良いのかなとは思う。酒井高徳だけではなく、左SBには槙野を使う手もあるし、槙野を左SBで起用した場合には、吉田と植田のCBにする、という事が良いと思う。


大迫勇也

守備という部分では、岡崎の方が機能していたと思うが、そして、ボールを収める、という事に関しても、この試合では岡崎も高い確率で成功していたと思うが、実際ところ、大迫が入ってからの方が香川のシュートチャンスは増え、4点目の香川のゴールも大迫のアシストだったし、攻撃面で香川を活かす、という事に重点を置いた場合には、1トップには大迫の方が良いのかなと。そもそもとして、香川は、ポストプレイヤータイプのFWと組み合わせた方が、やはり活躍できるので。西野監督の判断はどうなるのか。


原口元気

1つ、香川へのアシスト未遂はあったが、武藤と比べてどうだったのかと考えると、この試合では、原口よりも武藤の方がパフォーマンスは良かったと思うし、機能もしていたと思う。但し、宇佐美はパフォーマンスが良くないので、乾と武藤がスタメンだったとしても、その途中交代選手としては、右でも左でも原口、という事になるような気がする。そういう意味では、得意ではない右サイドで使われているから、という事もあるとは思うが、パフォーマンス的にはもう1つ上げてもらいたい。今の状態だとやや微妙。


宇佐美貴史

守備意識は高くなったと思うのだが、守備の巧さ、という部分では、乾と比べて大きく劣るし、攻撃面についても、乾は2得点という結果も出し、ドリブルやパスの質も乾の方が高いと思うし、更には、周囲との連携力も乾の方が高いので、ハッキリ言って、宇佐美は厳しくなったと思う。西野監督だけではなく、ハリルホジッチ監督も宇佐美を好んでいたが、その期待には、まだ応えられていない。とにかく、攻守において、貢献度、仕事量、という部分が少ないので、そこを上げる練習を積み重ねないと難しいと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/06/15 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<崩されての失点はありません、というのは、最低限の守備しかできていません、という事。 | ホーム | パラグアイ戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。乾貴士。武藤嘉紀。山口蛍。柴崎岳。酒井高徳。遠藤航。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4112-8457c0c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |