崩されての失点はありません、というのは、最低限の守備しかできていません、という事。
崩されての失点はありません、というのは、日本代表というのは、大体そうで、もしかしたら忘れているだけかもしれないが、完全に崩されての失点というのは、近年の日本代表では、ほとんど記憶に無い。しかしながら、それでも失点するので、だからこそより問題なのであり、つまり、完全に崩されてはいないが、一本の縦パスやアーリークロスから失点する、PKを含むセットプレイから失点する、PA外からのシュートで失点する、どこかの局面の1つの崩されだけで失点する、そして、カウンターから失点する。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
で、より深刻なのは、カウンターから失点する、という事ではなく、その前に示した4つのパターンから失点する、という事。カウンターからの失点というのは、守備の設定位置を低くすれば防げる。ビルドアップの時に奪われる、所謂、ショートカウンターによる失点というのも、相手がハイプレスや嵌め込みにきている時には、無理に繋ごうとせずに前へ蹴る、という事をやれば防げる。それから、ビハインドとかになって、前がかりに戦っている場合には、ある意味では、カウンターからの失点は仕方ないと言える。

カウンターを受けて失点しないチームがあるのか、とはオシムの言葉だが、つまりカウンターを受けてしまったら守るのは難しく、従って日本のような実力の国でも、カウンターからなら強豪国からも得点を奪える可能性はあるわけで、しかし、カウンターを受けて失点しないチームがあるのか、という事の裏を返せば、カウンターを受けなければ失点しないチームはある、という事であり、実は守備というのは、いかにカウンターを受けないか、と、いかにカウンターではない攻撃からは失点しないか、という事にある。

で、日本の場合は、一本の縦パスやアーリークロスから失点する、PKを含むセットプレイから失点する、PA外からのシュートで失点する、どこかの局面の1つの崩されだけで失点する、という事で、カウンターではない攻撃から失点する事も多いので、それが一番の問題である、という事。結局、大概のチームというのは、完璧に崩して得点を奪う、という攻撃をしようとは考えていなくて、カウンターからか一瞬の対応の悪さや遅れから得点を奪う、という攻撃で良いと。完璧に守備を崩すなど大概はできないので。

従って、崩されての失点はありません、というのは、最低限の守備しかできていません、という事であり、残念ながら、そのレベルから脱しきれていないのが日本の守備力の現状だと言える。そして、その現状を打破するために必要なのは、個の守備力の向上であり、そこは絶対に、戦術やシステムが云々では解決できない。だからこそ、フィジカル(身体能力)の向上であったり、デュエルの強さであったり、という事をハリルホジッチは強く求めていたわけで、そこに関しては、日本の選手に合う合わないは関係無い。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/06/16 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<優秀な監督とそうではない監督の差となる要素の1つ。 | ホーム | パラグアイ戦選手評価 【 昌子源。植田直通。東口順昭。中村航輔。酒井宏樹。大迫勇也。原口元気。宇佐美貴史。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4113-f892912a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |