優秀な監督とそうではない監督の差となる要素の1つ。
その場で判断する、というのは、本当に難しい。つまり、想定外の事が起こった時に、その想定外の事が起こってから判断する、というのは、本当に難しい、という事。2014年、ブラジルW杯の時の事を考えてみても、コートジボワール戦では、前から嵌め込もうとする日本の守備を、無効化させるような戦い方をコートジボワールはしてきて、しかし、そうなった場合のプランBの守り方を、日本は用意していなかった。更には、ドログバが途中交代で入ってきて、おそらく、途中交代でドログバが入ってくる事は想定内だったと思うが、その影響力や個の力の強さについては想定外だったのだと思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
ギリシャ戦も、守備が強い、という事は想定内だったと思うが、ギリシャも初戦で負けていたから、日本には勝ちにくるだろう、従って、ガチガチな守備的な戦い方はせず、普通程度には攻めてくるだろう、という想定で日本は試合に入ったと思うのだが、ギリシャが早い時間帯に退場者を出す→ギリシャが引き分けでも良しとするような割り切った戦い方をした、という想定外の事が起こり、その状況を日本は打破できなかった。もちろん、ザックジャパンが志向してきた戦い方であれば、そういう相手から得点を奪って勝てなければダメだったので、そこに関しては力不足だった、という事だとは思うが。

結局、思った通りの試合展開になれば、相手が思っていた通りの戦い方をしてきてくれれば、つまりは、想定外の事が起こらなければ、相手がアジア外であっても中堅国のレベルであれば、日本は勝つ事もできると思うのだが、しかし、想定外の事が起こってしまうと、とても日本というチームは弱くて、想像以上にかなり脆くて、やはり、そうなってしまわないようにするためには、できるだけ多くの試合展開や相手の戦い方のパターンをイメージしておき、尚且、そういう時にはこうする、という事を、事前にきちんと準備しておく、という事が重要だと思う。それだけで、かなり違ってくると思うので。

但し、選手というのは、あまり試合前に多くの事を詰め込み過ぎると、考え過ぎて動けなくなってしまう、迷って良いプレイができなくなってしまう、という事があると思うので、やはり、できるだけ多くの試合展開や相手の戦い方のパターンをイメージしておき、尚且、そういう時にはこうする、という事を、事前にきちんと準備しておく、という事については、選手よりも監督が、という事が重要であると思う。優秀な監督とそうではない監督の差というのは、試合に入ってから想定外の事が起こった時に、それに上手く対応できるアイデアを持っているのか、という事が、要素の1つとしてあると思う。

情報戦において、最初に用意していたプランA、それが上手くいかない事は多いと思う。または、途中から相手がそれに上手く対応してくる場合もある。そして、そうなった場合には、それに上手く対応できる事を選手に望むよりも、監督が采配によって、それに上手く対応できるようにさせるべきものであると思う。特に日本の選手たちの場合には、臨機応変に、状況によって、という事が、苦手である傾向が強いから、尚且、そもそもとして、目の前のプレイに追われる選手たちには、対処法を考えている時間は無いから、やはりそこは、監督がやらなければならない仕事だと思う。それは絶対だと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/06/17 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<引き分けであっても勝ったに等しい、最小得失点差での負けであっても悪くはない。 | ホーム | 崩されての失点はありません、というのは、最低限の守備しかできていません、という事。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4114-ec008aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |