グループステージ第2戦。グループAからGまでの感想。
グループA 第2戦 ロシアvsエジプト

スコア「3-1」でロシアが勝利。ホームアドバンテージなのか、最近の決定力不足が嘘だったかのように、高い得点力で2連勝のロシア。正直、かなり驚いているのだが、開催国のロシアが台風の目になるのだろうか? そして、エジプトは、サラーを起用してきて、初戦では負けてしまったが、この試合で勝てれば第3戦目の相手はサウジアラビアなので、という事だったと思うのだが、攻守にあまり機能していなかったかなと。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
グループA 第2戦 ウルグアイvsサウジアラビア

スコア「1-0」でウルグアイが勝利。サウジアラビアについては、ウルグアイが、あまりムキになって得点を取りに行くようなチームではないので、まだ省エネで戦っていたと思うので、スコアだけ見ると立て直ったようだが、本当にそうかはわからない。第3戦目も消化試合になってしまったので、サウジアラビアは残念なW杯になってしまたかなと。ウルグアイは、いつも通りで、スアレスが得点できた事はプラス材料かなと。

グループB 第2戦 ポルトガルvsモロッコ

スコア「1-0」でポルトガルが勝利。C・ロナウドがCKから決めてポルトガルが先制点。しかし、モロッコも、かなりの多くのチャンスを作っていて、後半、特に終盤は、同点まで、もう少し、というところまで迫っていたから、2連敗とはなったが、モロッコは決定力があれば、かなり強いチームになるかなと。ポルトガルは、頑張って守りきった、という試合になったが、やや低調だった印象で、まだまだ安心できないなと。

グループB 第2戦 イランvsスペイン

スコア「1-0」でスペインが勝利。イランは、第1戦目の戦い方を見て、南アフリカW杯の時の岡田ジャパンのようだったと書いたのだが、この試合ではシステムも同じで、もしかしたら、参考にした部分もあったのかなと。そして、スペインが相手なので、スコア「0-1」での負けも悪いとは言えないし、もっと良い結果にできた可能性も感じたから、正しかったと思う。スペインは、とりあえずは、勝てて良かったなと思う。

グループC 第2戦 デンマークvsオーストラリア

スコア「1-1」の引き分け。もう1つの試合の結果により、第3戦目、デンマークはフランスが相手だが引き分けでもオーケー、オーストラリアはペルーが相手だが勝ちが必要、という事で、状況的にはオーストラリアが不利になってしまった。ただ、フランス対デンマークは、いかにフランスはもう突破を決めてるとは言え、あからさまな無気力試合はしないと思うし、逆に、ペルーはもう敗退が決まったので、まだオーストラリアもわからない。第3戦こそが、オーストラリアとデンマーク、その本当の決着になる。

グループC 第2戦 フランスvsペルー

スコア「1-0」でブランスが勝利。ペルーもチャンスは多く作れていたのだが、やはり、決定力が無いと厳しくなる、という試合だった。2連敗となったペルーは敗退決定。オーストラリア戦まで望みをつなげれば、というプランだったと思うのだが、とにかく2試合無得点が痛い。フランスは、高さを活かせる相手にはジルーを入れて「4-2-3-1」、そうではない相手にはジルーを外して「4-1-2-3」、という感じなのかなと。ただ、ジルーとグリーズマンのコンビは機能性が高いので、とは思うのだが。

グループD 第2戦 アルゼンチンvsクロアチア

スコア「3-0」でクロアチアが勝利。アルゼンチンは、第1戦目とはシステムを変更し、サンパオリ監督が得意としている「3-4-3」のシステムにしてきたが、右ウイングの位置に入ったメッシに、なかなかボールが届かないなど、あまり機能してはいなかった。そして、GKのミスから失点し、終わってみれば無得点3失点と、かなり、やばい状況になったと言える。そして、クロアチアは、2連勝でグループステージの突破が確定。但し、トーナメントステージの最初の対戦相手がフランスになる事は避けたい。

グループD 第2戦 ナイジェリアvsアイスランド

スコア「2-0」でナイジェリアが勝利。前半はアイスランドの方が良くて、しかし、その前半に得点を奪えなかったのが痛かったと思うのと、後半になり、ナイジェリアが修正してきたのに対し、アイスランドはややフワッとしたような感じで試合に入ってしまい、そして、先制点を奪ったナイジェリアが、完全に勢いに乗って、逆にアイスランドは、暑さの影響もあったのか、運動量が落ちてしまい、更には、PKも外してしまって、という試合だった。これでグループDは混戦となり、第3戦目も盛り上がりそうだ。

グループE 第2戦 ブラジルvsコスタリカ

スコア「2-0」でブラジルが勝利。ブラジルは、ネイマールのPK獲得もVARで取り消され、アディショナルタイムに入るまでコスタリカに守られ、これは2試合連続で引き分けになってしまうかなと思ったが、何とか最後にコウチーニョがゴールを奪って勝利。そして、ネイマールも得点が取れたので、相当に苦しんだが、結果としては最高だったと思う。コスタリカは、GKナバスが神懸っていたし、引き分けまで残り6分、というところまで頑張ったのだが、アディショナルタイムに入った瞬間エアポケットに。

グループE 第2戦 セルビアvsスイス

スコア「2-1」でスイスが勝利。セルビアが先制し、スイスが逆転勝利した試合だった。セルビアは、FWの高さを活かした攻撃についてはともかく、いつも守備力には問題があるように感じる。もちろん、ジャカの同点ゴールに関してはゴラッソだったが、シャキリの同点ゴールについては、あの形では、やられてはダメだったと思う。スイスは、おそらく、コスタリカ戦は引き分けでも大丈夫だと思うので、グループステージの突破は確実になったかなと。派手さは無いチームだが、個も組織もレベルは高いと思う。

グループF 第2戦 韓国vsメキシコ

スコア「2-1」でメキシコが勝利。これだけハッキリしたカウンターサッカーをするメキシコを見たのは初めてだが、そのサッカーでドイツにも勝ち、そして、1失点はしたが、韓国にも快勝し、この大会がメキシコサッカーの新たなる幕開けになるのかどうか、とても楽しみなところ。韓国は、攻撃はソン・フンミン頼み、というチームにしてしまっていたのかなと。そして、守備は、スウェーデン戦に続いてPKで失点、というのが痛かったし、メキシコの攻撃の完成度が高いので、それを防ぐのは難しかったかと。

グループF 第2戦 ドイツvsスウェーデン

スコア「2-1」でドイツが勝利。先制点を奪われ、同点には追い付いたが、ボアテングが2枚目のイエローカードをもらって退場し、厳しい状況だった。しかし、最後の最後にクロースが直接FKを決めて、何とかドイツが勝利。後半、マリオ・ゴメスを入れ、ヴェルナーを左サイドにした、という事が良かったと思う。スウェーデンは、良いカウンターも見せていたし、守備も悪くなかったとは思うが、印象としては、メキシコと比べると、かなり最後は体力的にも精神的にも余力が無くなっていたかなと感じられた。

グループG 第2戦 ベルギーvsチュニジア

スコア「5-2」でベルギーが勝利。チュニジアは、ある程度は自信があったのかなとは思うが、まともに戦ってしまって、しかし、2点リードされるも、セットプレイで1点返したところまでは良かったと思うのだが、その後、3点目、4点目、と奪われてしまい、やはり、ベルギーのような個の力が高い相手に、カウンター攻撃をさせるような展開にしてしまうと厳しい。ファイナルサードでの守備も少し緩かったかなと。ベルギーは、さすがの個の力の高さだったが、少し守備には不安があった。やや緩かったかと。

グループG 第2戦 イングランドvsパナマ

本日の21:00に試合開始。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/06/24 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<セネガル戦 【 問題は右サイドとGK。そして、勝てた試合だった、という事についての考え方。 】 | ホーム | アトランタ五輪の時のナイジェリア戦を繰り返さないように。>>
コメント
イランがどこまでいけるかに注目してしまいます。とりあえず予選突破を願っています。
【2018/06/24 11:53】 URL | tow #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4121-a783fc4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |