セネガル戦 【 問題は右サイドとGK。そして、勝てた試合だった、という事についての考え方。 】
試合 :ロシアW杯 グループステージ 第2戦
開催日:2018年6月24日
結果 :引き分け
スコア:「2-2」
得点者:マネ 乾貴士 ワゲ 本田圭佑




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF  乾貴士     香川真司    原口元気
MF       長谷部誠  柴崎岳
DF  長友佑都 昌子源   吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣

FW       大迫勇也  岡崎慎司
MF 宇佐美貴史            本田圭佑
MF       長谷部誠  柴崎岳
DF  長友佑都 昌子源   吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣


カウンターをさせない守備、そこはきちんとできていて、しかし、1失点目は、原口のクリアと川島のパンチングもしくはキャッチにするのかパンチングにするのかの判断、という2人のミスがあった。それから、2失点目は、最後の所で乾の対応が遅れた、という事はあったが、もう1つには、右サイド、原口と酒井宏樹の所で、2人で対応しているのだが、その2人の間を通されてPA内にパスを入れられてしまった、という事が反省しなければならない部分で、原口は、守備意識が高く献身的なのは、間違いなく良い部分なのだが、下がるのが早すぎる、という事によって、機能性を落としてしまっている。

あまりに早く酒井宏樹に近づきすぎてしまうと、2人が重なるような感じになってしまい、2人いるのに1人のようになってしまう。そこがしっかり、アタック&カバーの良い守備連携になるよう、特に原口が良いポジショニングとタイミングで守備をする、という事が必要だと思う。2戦して1勝1分、という事で、結果は申し分ない。しかしながら、直前のテストマッチから含めれば、3試合連続で2失点、そして、コロンビア戦で1失点、今回のセネガル戦でも2失点、という事で、結局、3点目や4点目を取れたチャンスもあったから、勝てた試合だったと感じていると思うが、やはり、そこではないと。

むしろ、2失点しなければ、1失点であれば勝てた可能性は高かった、そちらの考え方をする方が良くて、それはなぜかと言えば、カウンターをさせない守備をしっかりとやって、バランスを崩さない戦い方をしながらも、2得点できているのであるから、それはもう100点に近い攻撃ができている、という事であり、逆に、守備は、カウンターをさせない守備をしっかりとやって、バランスを崩さない戦い方をしながらも、それでも2失点している、という事は、そちらの方に改善できる伸び代が大きい、という事であるから。そしてそれは、個の部分だが、前述したような事は次の試合からでも改善できる。

そして、攻撃については、分析をしっかりやっている、という事が1つには大きいと思う。「4-4-2」であれ「4-1-2-3」であれ、セネガルの戦い方は、CBにもプレスをかけながらも、ボールの取り所としてはボランチを狙ってくる、という事に対しては、ボランチの1枚が最終ラインに落ちて3バックの形になり、という形でビルドアップすれば無効化できると。そしてそこから、ファーサイドを狙い所にすると。まさに1点目はそうで、柴崎のロングパスで相手の右サイドの大外、ファーサイドに走った長友にボールを入れた事が大きな意味を持ち、それが乾の得点を生み出したと言えると思う。

更には、2点目もそうで、大迫のクロスの狙いは、中央にいた岡崎だっだと思うが、それが運良くというか、相手GKのミスというか、それでファーサイドまでボールが流れ、乾の折り返しも、逆のファーサイドにいた本田に届き、という事での得点だった。やはり、セネガルだけではなく、アフリカ系のチームというのは、ファーサイドの守備が疎かになる傾向があり、そういう弱点をきちんと突いた、という事が1つには大きかったと思う。そして、もう1つには、今大会の日本には決定力がある、という事であり、特にアベレージ的には決定力の低い乾が高い決定力を発揮している事は、かなり大きいかと。

その他にも、香川のパフォーマンスは右肩上がりになっているし、大迫はコロンビア戦に引き続き高いパフォーマンスを発揮していたし、そして、柴崎が絶好調である、という事が、かなり大きいと思う。もちろん、全体的なパフォーマンスとしては微妙なのだが、2試合で1ゴール1アシスト、途中交代できちんと仕事をする本田の存在も大きいと言える。改善点があるとしたら、それは守備と同じく攻撃についても右サイドであり、今回の試合では、「4-4-2」にしてからは、本田が右SHだったが、それでも機能性の低さは同じだったので、やはり、右SHを武藤にしてみるのは1つの手であると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/06/25 11:45】 | 西野ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<セネガル戦選手評価 【 大迫勇也。香川真司。乾貴士。原口元気。長谷部誠。柴崎岳。長友佑都。酒井宏樹。 】 | ホーム | グループステージ第2戦。グループAからGまでの感想。>>
コメント
武藤は見たいですね。原口も左ならもっと輝くとは思うのですが乾が西野監督のラッキーボーイ的になっていて、控えにガンバ時代に一緒だった宇佐美もいるのでなかなかそっち側では使われなそうなのが残念です
昨日の宇佐美は正直ワールドカップの強度に達していないと感じたので西野監督がどう受け止めたかにもよるのでしょうが
【2018/06/25 14:35】 URL | ホワイト #-[ 編集] | page top↑
川島と原口に難があるのは親善試合の時からわかっていたのに、西野さんがどういうつもりなのかさっぱり分からないですね。乾を下げて原口を左にするという交代策は準備されている気配もないし。
【2018/06/25 11:52】 URL | ヤン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4122-ab987cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |