ポーランド戦 【 結果オーライで良しとするのは、個人的には肯定し難い。結果論で良い悪いを判断するのは、正しくない、と思う。 】
試合 :ロシアW杯 グループステージ 第3戦
開催日:2018年6月28日
結果 :ポーランド勝利
スコア:「0-1」
得点者:ベドナレク




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW       岡崎慎司  武藤嘉紀
MF 宇佐美貴史            酒井高徳
MF       山口蛍   柴崎岳
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣

FW          大迫勇也
MF  乾貴士  山口蛍   柴崎岳  酒井高徳
MF          長谷部誠
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣


正直、どうだったのかなと。まだ残り時間は10分ぐらいあったし、その間にセネガルが同点に追い付いてしまったら、日本は敗退となっていたわけで、そういう意味では、リスクの高い博打だったようにも思える。結果オーライで良しとするのは、やはり、個人的には肯定し難い。他力本願だとか卑怯だとか、そういう事ではなく、まだ残り時間が10分ぐらいあった状況で、また、その間にセネガルが同点に追い付いてしまったら、日本は敗退となっていた、という状況で、本当に、その判断は正しかったのか、という事。

もちろん、あの状況では、ムキになって攻撃的になってしまってはいけない、という事は当然あったが、高いリスクを背負わない戦い方で、慎重に攻め続ける、という事はできたわけで、そして、それをやっていた方が、経験値としての、将来の糧にもなったと思う。高いリスクを冒すべきではない状況で、しかしそれでも、どうやって得点を奪うのか、という事を考える良い機会だった。少なくとも、アディショナルタイムに入るぐらいまでは、そうすべきだったと。結果論で良い悪いを判断するのは、正しくない、と思う。

それから、この試合、ポーランド戦に関して言えば、ポーランドのパフォーマンスは低かったと言えるから、6人もメンバーを入れ替える、という事をしなければ、もっと良い試合ができたと思うので、そこについても大いに議論の余地があると思う。個人的には、第3戦目で多くの主力を休ませる、という事については、その有効性に少し疑問も持っていて、それで疲労が回復される、蓄積されない、という事もあるが、そこで1つ試合を休んだ事で良いバイオリズムを失いパフォーマンスが落ちてしまう、という事もある。

やはり、そうなるリスクもある事も考えれば、そして、ポーランドというチームの実力も考えた場合には、6人もメンバーを入れ替える、というのは、やるべきではなかったと思う。どう考えても岡崎は、スタメンで起用するにはリスクのあるフィジカル・コンディションだったと思うし、乾と香川のコンビネーションは、ポーランドのような相手には、かなり効果的だったと思うし、酒井高徳はセットプレイでの守備に難がある選手であり、更には、左から崩してゴール前で、という事でも、酒井高徳が右SHでは難がある。

長谷部ではなく山口を起用した事も、昌子ではなく槙野を起用した事も、良かったとは言えないし、唯一あったとしたら、川島を使い続けた、という事だと思うが、それも大きな博打だったのは間違い無いと思うから、やはり、結果オーライで良しとしてしまうのは、良い前例にならないと思う。但し、とりあえずは、そこはともかくとして、グループステージの突破、という事は成し遂げたわけだから、次のベルギー戦で、このポーランド戦のモヤモヤを挽回してもらいたい。勝てば、実力を示せば、そこは挽回できるはず。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/06/29 11:45】 | 西野ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<西野監督も認めているようにあれは下策。あれは最低の作戦だったが、とりあえず先には進めたので、ベルギー戦では頑張ろう、というのが正しい考え方。 | ホーム | 取らぬ狸の皮算用をして、勘違いの余裕を出して、グループステージを敗退してしまう事だけは、絶対にやってもらいたくない。>>
コメント
西野監督があのメンバーにどういう攻撃を期待していたのかは気になりますね
メンバー変更については疲労や暑さの影響が外からわからないので是非を判断するのは難しいのかなと思っていますが・・・大島が出せなかったのは残念です
【2018/06/29 17:59】 URL | ホワイト #-[ 編集] | page top↑
投稿失礼します。
私もスタメンは変えても2~3名にすべきだったと思いますね。試合開始のとき、本当にびっくりしました。

案の定、攻める時間は十分あるのに機能しないという感じが続いて残留組の柴崎、長友、酒井宏もやりにくそうに見えました。

最後の時間消化は私は賛成でした。賛成せざるをえないくらい、この日の攻撃も守備も上手くいってなかったとみています。

ポーランドはかなり低調でしたがね。色々残念な試合でしたが、決勝T進出だけはやはりおめでとうという気持ちではあります。
【2018/06/29 15:33】 URL | YU #-[ 編集] | page top↑
次につながるような試合を見たかったのでこの内容は残念でしたね。日本の立場からすればこのW杯を通して試合毎にクオリティを上げていかなければならないと思うので。
【2018/06/29 13:47】 URL | towa #-[ 編集] | page top↑
仮にポーランドと実力が五分五分だったとしても、最後の割り切り方は個人的には「あり」だったのかなと思います。勝利への執念と汚いプレーもひっくるめてサッカーの醍醐味だと思うので。

でも試合後の会見では、どうやら選手達は自己嫌悪ムードに陥っているようなので、日本人選手の優等生気質まで考慮に入れると、ベルギー戦へのメンタルの持って行き方を難しくさせてしまった気もしますね。
【2018/06/29 13:05】 URL | #-[ 編集] | page top↑
・日本が時間をつぶした(ポーランド戦の勝ち点放棄)時点で残り約15分でコロンビアの突破は得失点の有利性を考えてもほぼ確定
更にセネガルをこのまま0で抑えれば首位通過も確定なので守備に手を抜くことも考えにくい。
コロンビアはメンタル的にもかなり楽な状況で守備をすることができた
・ポーランドのモチベーションは得点を重ねることより勝ち点3をとることなので時間をつぶされても特にその状況を打破する必要がない
・日本は先制されてから更にカウンターで何度かピンチを作っていた

全体の状況を振り返ると
日本がカウンターから更に失点するリスクを冒したうえで得点を取りに行くよりも
突破をほぼ決めたコロンビアが自分たちの首位通過の為に0点で抑えるほうが可能性が高いというのが日本代表の結論だったのではないか

そう考えると失敗したときの風当たりは強いがこの賭けがリスクキーな大博打とは思えない
ただ先発の6名変更はかなりの博打だとおもいます。

長文失礼しました
【2018/06/29 13:00】 URL | 勝て #-[ 編集] | page top↑
最後10分のプレイについては個人的にはアリだとは思っています。

ただし、やはりスタメン6人を入れ替えたことは大きな過ちだと思っていて、今回のポーランドであれば2〜3人の入れ替えのみでも充分に勝機があった内容でした。
また、山口は相変わらず中央での危険なパスやその場で立ち止まっての待ちながらのパス受けが多く、結果ミスから失点に繋がるファールもしてしまったので、決勝トーナメントでは本当に起用することをやめてほしいと感じました。
結果的にはトーナメント進出でしたが、一位通過の可能性もあり、またその可能性を自ら高める事も出来たのにそうしなかったということで、この試合に限って言えば西野監督の采配ミスであったと思います。
【2018/06/29 12:48】 URL | #-[ 編集] | page top↑
スタメン、試合内容、交代策、あらゆる面でさっぱりで、大会ワースト試合でした。
ちまたでは時間稼ぎが議論になっていますが、それまでにベストを尽くしてもいないのに、そこだけ取り上げるのは馬鹿馬鹿しい話です。
これをプラスに転じるにはベルギーを破った場合だけで、もし敗れたら恥の上塗り。
【2018/06/29 12:34】 URL | ヤン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4126-44ad1c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |