次の日本代表監督にも望む事は、日本のサッカーに無いもの、足りないもの、それをもたらしてくれる人である事。
4年前、ザックジャパン、ブラジルW杯の反省に立ち、足りないものを補う、というコンセプトでスタートした、そして、それができる監督たちを招聘した、そこについては、全く間違いはなかったと言える。1対1の強さ、縦への速さ、それから、まずは守備から、という事だったり、戦いというのは、自分たちの良さを出すだけではなく、それと同時に、相手の良さも消さなければならない、というセオリーが存在し、それらの事を落とし込むにおいては、アギーレ監督もハリルホジッチ監督も、適任だったと評価できる。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
ゾーン・ディフェンスとマンツーマン・ディフェンス。選手たちはゾーン・ディフェンスでやりたがっていたのに、という批判があったように思うが、1対1の強さ、それを身に付けさせるためであったり、あるいは、その強さがどれぐらいあるのか確認するために、あえてマンツーマン・ディフェンスでやらせる、という方法は間違っていない。また、それと同じに、縦への速さ、その意識と能力を落とし込むために、あえてそれだけを徹底的やらせる、という方法も間違っていない。特に日本ではそれが必要だったと思う。

結局、まずは守備から、という事だったり、戦いというのは、自分たちの良さを出すだけではなく、それと同時に、相手の良さも消さなければならない、という事についてもそうだと言えて、南アフリカW杯の時の戦い方にはいつでも戻る事ができる、と本田などが言っていたと思うが、そういう意味では、日本らしいサッカー、日本人選手に適したサッカーについても、そこには、いつでも戻る事ができるわけで、時間が少なくてもすぐに戻せるわけで、むしろ、そうであるならば、4年間、それをやり続ける必要性は無い。

原口が守備への献身性を身に付けなかったらどうなっていたか。もし日本が日本らしいサッカーを4年前から続けていたら、原口は日本代表にいなかったかもしれない。または、もしかしたら、日本代表に選ばれるためには、という事で、守備への献身性は身に付けなかったかもしれない。そして、そうなっていたら、ドイツでの活躍は難しかったかもしれない。乾についてもそうで、もしエイバルで守備力と運動量と高いインテンシティで戦える能力を身に付けなかったら、それを拒否していたら、どうなっていただろうか。

大迫がドイツで競り合いの強さを身に付けなかったら。酒井宏樹がフランスで守備力を向上させなかったら。柴崎がヘタフェで自分に足りないものを身に付けようと頑張らなかったら。そういう意味では、やはり、ハリルホジッチ監督が求めてきたものは正しかったと思うし、これからの日本のサッカーにも必要であり続けると思う。従って、個人的には、次の日本代表監督にも望む事は、日本のサッカーに無いもの、足りないもの、それをもたらしてくれる人である事。それは戦術でも哲学でも育成方法でも何でも構わない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2018/07/09 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<ウルグアイ。ポルトガル。ブラジル。メキシコ。それぞれのチームに対しての雑感。 | ホーム | 【後編】西野ジャパン総括。ザックジャパン+アギーレジャパン+ハリルジャパン。>>
コメント
見てみたい
少し前だとセルタ、ベティスで活躍したビクトル・フェルナンデス、ディポルティボ・ラ・コルーニャのイルレタ。ラウドルップの他にもクライフバルサの選手が監督として活躍もしているし、ライカールトやテンカテのようにバルサの監督経験のある人も良い。現ベティスの監督のキケ・セティエンも面白い。パコ・ヘメスは無謀かもしれないが興味は尽きない。ブレンダン・ロジャースも良い。現徳島のスペイン人監督も良さそうだ。とにかくボールを支配できるサッカーをビルドアップの手法やポジショナルプレーや失った後の守備と絡めて指導できそうな人に監督になって欲しい。パスを繋ぐ事は目指したかも知らないが岡田やザッケローニにはその手法が無かった。そうでなければせめてオシムやアギーレのようにパスを繋ぐ事も大事にしている人に監督になって欲しい。ファンマルバイクや今回のメキシコ代表監督辺りはそんな感じでエイバルのメンディリバルやバレンシアやセルタやビジャレアルの監督もとても良い。グアルディオラは無理と分かっているけど1度で良いからこういった監督に日本を率いて欲しいと思っているのは私だけでしょうか…
【2018/07/17 15:04】 URL | KN #-[ 編集] | page top↑
まずは、最先端ではなく昔のイタリアのカテナチオらへんから、入ったほうがいい気がしないでもない。守備とはどうするものかというのを、しっかりと代表からJリーグまで教えてほしい(´・ω・`)
Wカップを見るたびに、Jリーグの守備の緩さというか、守備の仕方が組織的に緩い気がしてならないので、まずはそこから。1対0の美学を一回学ぶのもいいかと(´・ω・`)
【2018/07/15 18:19】 URL | aruto #-[ 編集] | page top↑
「W杯で優勝した国は全て自国の監督」「日本人の特性に合ったサッカーをしてくれる監督」という言葉がマスコミによって地ならしのように飛び交い始めているのが気になります。
ベルギーに善戦したことで海外大向こうから称賛され、「日本はすでに優勝を目指せるくらい強くなっているんだ」と誤解してはいないでしょうか?
ベルギーとフランスの激しくも高度な試合を見ていて、日本サッカーとの差を痛感しています。
日本が目指すのは「日本らしいサッカー」なのか?ベスト8に残ったような強豪国に「勝てる強いサッカー」を探し求めて、それが日本らしいサッカーになっていくのか?

ベルギーとの試合は非常に見ごたえがあり、かなり「満足できる負け試合」ではありました。
しかし日本の失点は、1点目は「偶然」と思っていますが、フィジカル(主として高さ)を前面に押し出した攻撃と、前がかりになって守備の意識が薄れた一瞬のスキを突かれたカウンター攻撃。
歴代代表の失点場面をまるっと追体験するような典型的な失点であったことを忘れてほしくありません。
得点場面も非常に見事なものではありましたが、あの攻撃を「日本らしいサッカー」と呼ぶ感覚は私にはありません。
サイト主が仰るように、今回の日本の善戦は、ハリル氏が残した財産を活かしたものに見えました。
日本代表はもう、外国人監督に学ぶべきところは無いのでしょうか?。
日本に足りないところを客観的に見つけ出し、ベスト8に勝ち残るために必要なサッカーを提言してくれる人材を探してほしいと思います。
【2018/07/11 09:40】 URL | れいぶん #6WRgJ5Is[ 編集] | page top↑
不安なのはやはり田嶋会長やサッカー協会が間違った認識をしていないかですね。
個人的にはもう一度アギーレでやってほしいです。
【2018/07/10 05:28】 URL | towa #-[ 編集] | page top↑
代表での育成は難易度が高いと思います。ですので、
"明確な哲学"を示す監督により、代表選手とそこを目指す選手達の、自発的な正しい成長が促されることを期待します。
【2018/07/10 02:56】 URL | k #-[ 編集] | page top↑
jube様

いつもありがとうございます。

やっぱり日本らしさを前面に出したい、加えて若手を伸ばすことを考えて、ヴェンゲル監督がいいとなったら危険かなと。

良い面、悪い面どこに重点をおけばいいかとなれば、当然悪い面であって、良い面は幹としても(ここも検証してほしいですが)、指摘されてる通りに強化すれば、地力がついてくると思います。

今更ですが、ハリルホジッチ監督に8年任せていたら、相当力がついていたかなと思います、JFA含めて。
【2018/07/09 20:38】 URL | きゃらばん #-[ 編集] | page top↑
いつも楽しく拝見しております。
管理人さんとしては、具体的に誰が日本代表監督になって欲しいでしょうか。
【2018/07/09 14:42】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4138-248209ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |