ロシアW杯総括。変わらないものと変わりゆくもの。どちらの要素も重要。
1 VARが見せた新時代。

賛否両論あるとは思うが、これだけテクノロジーや映像技術が発達した時代に、それを否定し続けるのは無理があるのではないだろうか。もちろん、映像の再生の仕方によって、よりファールに見える、というような事もあった気がしたので、まだ改善の余地はあると思うが、間違い無く、誤審は減る、悪質なファールは減る、という方向性には進むと思うので、個人的には肯定したい。ちなみに、セットプレイからの得点が多かったのはVAR導入の影響なのではないか、とも言われているが、そこは微妙な感じかなと。むしろ、それよりは、まずは守備をしっかり、という戦い方をするにおいて、攻撃ではセットプレイの重要性が増している、そして、その流れを多くのチームがきちんと捉えていた、という事が主な理由だったと個人的には思う。そうなる流れはずっとあったので。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
2 組織的である事は大前提で、そこに個の力もあるチームが強かった。

もはや、サッカーの強豪国もしくは先進国ではなくても、戦術やシステムなどの組織性は、ある一定以上の水準を満たすようになり、そして、そうであれば、中堅国以下や小国のチームであっても、ある一定以上の水準の戦いはできる、という事が感じられた大会だった。日本も、そういうチームの1つだったと思う。しかし、その一方では、そこからの違いを出す、そこからの優劣の違い、という事に関しては、そこは個の力の差である、という事も明確に出ていた大会で、やはり、そこの原理原則は変えられないかなと。またそこは、日本代表に関しても同じだったと言える。そして、そういう意味では、自分たちらしさだけではなく、それとは反対の要素、もしくは、よりオーソドックスでセオリーである要素、そこにも悪さや弱さを見せなかったチームが強かった、とも言える。


3 個人的に選ぶロシアW杯大会のベスト11。

          ケイン
アザール     グリーズマン   デ・ブルイネ
      カンテ   モドリッチ
ペリシッチ マグワイア  ヴァラン トリッピアー
          クルトワ

ケインは、得点王にも輝いたが、それよりも目立っていたのは起点となれる力で、そこに関しても今大会は一番だったと思う。グリーズマンは、優勝したフランスの攻撃の鍵となる存在だったし、トップ下あるいは2トップに近いトップ下として、理想的な能力を持っており、今大会でもその能力はきちんと発揮され、効いていた。アザールは、そのドリブルでの突破力やキープ力、そして、チャンスを作り出す力、というのが群を抜いていたと思う。日本にも左サイドの攻撃的な位置には優秀な選手たちが揃っている状態だが、アザールを見てしまうと、まだまだ上には上がいるなと感じる。デ・ブルイネは、高速カウンターの発動者として素晴らしく、最も美しくプレイした、最も美しいプレイを見せた、そういう選手だったと思う。総合的な能力としても、エムバペより良かった。

カンテは、やや決勝戦では精彩を欠いたが、ポグバとカンテのダブルボランチは、攻守に高い能力を持つ2人が揃っていた、と言えて、特にカンテは、フランスというチームの力を底上げする、とても大きな存在になっていると思う。モドリッチは、今大会のMVPにも輝いたが、テクニックだけではなく、走りきれる強さも持ち、クロアチアを準優勝に導いた大黒柱だったのは間違い無い。ペリシッチは、左SBの選手ではなく左SHの選手であるが、得点力や左サイドでの縦への突破力だけではなく、やはり、ハードワークできる力を持ち、どうしても選出したかったので、左SBの枠で選出しておいた。トリッピアーは、右ウイングバックの位置でプレイしていたが、攻守において総合的に良かったと思うので選出。パバールやムニエと迷ったが、そこは個人的な嗜好を優先した。

マグワイアは、守備もそうだが、とにかく高さ(空中戦)に強く、そのインパクトが大きかった。セットプレイからの得点の重要性が増すにおいて、こういう選手がCBにいたら頼もしいなと感じた。ヴァランは、マグワイアと同じような選出理由なのだが、とにかく、守備力が高いのは当然として、それプラス、得点源となれるような高さ(空中戦)の強さを持つCBの存在は、それによってもたらされるものが大きいと感じる。クルトワは、今大会の最優秀GKにも輝いたが、やはり、守備力だけではなく、それにプラスして、カウンターの起点となれる能力を持つ、という事が、とにかく素晴らしいと感じた。スイーパーのような仕事もできる守備範囲の広さ、ビルドアップにも貢献できる能力、GKに求められるものは増え続けているが、その現代的なGKの象徴の1人かなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/07/17 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<もっと属人的であるべき。強い組織は属人的でなければ生まれない。 | ホーム | イングランド。ベルギー。クロアチア。フランス。それぞれのチームに対する雑感。>>
コメント
ペリシッチすごかったですね。あの運動量で得点力も兼ね添えてるのは感動しました。
【2018/07/17 12:14】 URL | tow #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4145-7e966a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |