日本代表の監督人事について。監督の能力と選手の能力というのは両輪であり、どちらが足りなくても難しくなると思う。
『まだまだ海外から学ばなければならない事は多いが、それはクラブの監督を海外の人にすれば良いし、それに、経験や実績が少ないから、と言うが、そんな事を言っていたら永遠に日本人は代表監督になれないよ。』、という意見を耳にするのだが、本当にそれは正しいのだろうか? Jリーグ発足以来、少なくない数の海外の監督たちがJリーグのクラブで指揮を執ってきたが、そして、その中には、アーセン・ヴェンゲルのような世界的な名将もいたが、例えば、ヴェンゲル時代の名古屋の日本人選手たちの中に、海外リーグでも活躍できたような選手たち、あるいは、日本代表の中心となって活躍できたような選手たち、そういう選手たちがいたのかと言えば、それはいなかったと言える。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
結局、Jリーグにも外国籍選手はいるが、そのほとんどは、トップクラスの選手ではなかったり、元々はトップクラスの選手だったとしても、その全盛期は過ぎている選手だったり、そして、やはり半数以上は日本人選手なので、例えば、フィジカル(身体能力)をもっと高めなければならない、1対1の強さをもっと高めなければならない、という事を指導したとしても、その最高到達点というのは、そういうJリーグのレベルの中での、Jリーグではトップクラス、という所までで、それ以上というのは難しいと思う。つまり、いくら監督が世界トップレベルの基準を知っていたとしても、そこまでの能力が必要とされない、そこまでの能力が無くても活躍できる、という環境では、という事。

そして、日本人監督の経験や実績、という事に関して言えば、やはり、選手たちもそうしているように、日本人監督も海外のリーグへ行けば良いと思う。それはかなり難しい、とは言っても、選手たちも最初はそうだったわけで、20年ぐらい前までは、ここまで日本人選手たちが海外のリーグでプレイできるとは想像できなかったが、結局はできるようになっているわけで、やはり、代表というのは海外のチームと戦うわけだから、ACLやCWCの経験や実績だけでも足りないし、ましてや、Jリーグだけの経験や実績では全く足りないと思う。W杯でのベスト8以上を目標とするのであれば、尚更そうであると思う。もちろん、それさえも飛び越えてしまえる才能がある監督なら話は別だが。

当然、選手たちというのは、日本人監督の方が良いと感じると思う。言葉は通じるし、現状で言えば、海外で活躍している選手たちの方が、経験や実績として、どの日本人監督よりも上なので、かなりリスペクトしてもらえると思うから。また、サッカー協会としても、日本人が監督である方が、大人の事情的に扱いやすい、年俸的にも低く抑えられる、というメリットがあるのだと思う。但し、それが本当に良い事なのかどうか、日本のサッカーにとってプラスになるのかどうか、という事になると、やや不安を感じざるを得ない。やはり、強いチームを作る、勝てるチームを作る、という事に関しては、監督の能力と選手の能力というのは両輪であり、どちらが足りなくても難しくなると思う。

ちなみに、吉田が、「日本の事、アジアの事を理解していないと、予選を戦う上では時間がかかる。ザックさんの時もハリルさんの時もそうだったけど、日本の事、アジアの事を理解するのに2年くらいかかる。そこのロスは時間的にもったいないかなと思う」、と言っていたが、むしろ、毎回、不思議に思うのは、協会としてもコーチとしても、日本人がサポートしているのに、なぜそういう事が起こるのか、という事。それに、結局は、ザックの時もアジアでは強かったし、ハリルの時もアジア最終予選はトップ通過しているので、そこが大きな問題であるとは思えない。また、個人的には、むしろ日本に迎合し過ぎない監督の方が、日本にプラスがもたらされるのではないか、と思っている。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/07/21 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<イニエスタとF・トーレス。その2人から何を学ぶべきなのか。 | ホーム | 正しい認識を持ってもらいたい3つの事。>>
コメント
全く仰る通りですね。指導者も海外へ出て、海外の指導方法、戦術、トレーニング方法、選手のマネジメント、モチベーターとしての技術など学ぶしかない。もしくは現選手が指導者になる世代まで待つかのどっちかだと思います。
先のW杯での日本ベルギー戦後の西野監督の「全くついていけなかった。何が起きてるか理解できなかった(すみません、詳しくは覚えてないのでニュアンスで)」というコメントで思いましたが、おそらく日本トップレベルの西野監督ですらサッカーを理解できていないのだと思いました。
アウトラインからディテールを詰めていく作業が戦術を落とし込む作業と思ってるので、アウトラインを理解できてない監督であれば飾りかなと。
【2018/07/23 07:19】 URL | koan #-[ 編集] | page top↑
ひとつ前の記事に少し書きましたが、私はW杯後の人事ということであれば将来の姿を描いて外国人監督にするのがいいと思います。
何故ならもし失敗しても取り返せるから。そして日本人監督はチームをまとめれても新しい上積みを期待しにくいから。
W杯に向けては1~2年あればチームを作れるので、最初の2年は新しいことにチャレンジできる。むしろ4年間も熟成したら旬を過ぎてしまう。
異文化交流で火花が散るくらいでも丁度いいくらいだと思います。果断な決断を期待したいのですが、協会からもいい話は聞こえてこないのが気になりますが。
【2018/07/21 14:51】 URL | ヤン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4149-d55ef5f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |