ボランチとSBとCBとGK。それぞれに求められる能力。
【 ボランチに求められる3つの力 】

第一には守備力。例えば、ダブルボランチの場合、1枚には攻撃的な選手を使うのが常套であるが、その選手が活きるかどうかは、もう1枚の守備的な選手が鍵を握っていると言っても良い。逆三角形の場合でも、アンカーのポジションの選手にどれぐらいの守備力があるのか、という事によって、前の2枚の選手のプレイの仕方が変わると言っても良い。ボランチというのは、中盤のCBであると同時に、SBと同じように最終ラインの中央を守るCBの前に相手の攻撃の威力を削ぐ、また更には、SBやCBのカバーリングをする存在であり、やはり、その守備力がチームの守備力に与える影響は大きい。

そして、相手のハイプレスをかわす、という時には、ボランチの選手のボールを受ける力、そこに関しては、テクニックやフィジカルという要素もあるが、例えば、最終ラインに落ちたりとか、サイドに開いたりとか、どう動くのか、どのようなポジショニングをするのか、という事も重要で、そういう事によって生み出すビルドアップの力というのが、第二には必要だと言える。また、第三には、サイドチェンジも含めたロングパスの力というのが重要で、ロジカルな攻撃の構築、というものには、それが必要不可欠だと言っても良い。特にGKも含めた最終ラインの選手とその役割を分担できると効果大。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 SBは攻守にプラスαをもたらす存在 】

SBに守備力があれば、より中央の守備は安定する。SBに攻撃力があれば、よりサイド攻撃は威力を持つ。SBに高さがあれば、攻守両面で役に立つ。SBに運動量があれば、攻守両面に寄与する。SBにビルドアップの力があれば、ビルドアップのやりやすさは格段に上がる。SBに得点力があれば、そのチームの得点力は確実に上がる。そして、重要な事は、プラスαではあるのだが、もはや、そのプラスαは強いチームとなるに欠かせない要素となっている事で、ブラジルのマルセロ、フランスのパバール、イングランドのトリッピアー、ベルギーのムニエ、などは、まさにそういう選手たちだった。

日本代表の場合でも、近年は、長友と内田、長友と酒井宏樹、という、優秀なSBが存在し続けている事が、1つの大きな武器となっており、おそらくはこれから先も、それが日本のサッカーの長所の1つであり続けると思う。しかし、逆に言えば、それがそうではなくなった場合には、大きな危機に直面する事になると思う。特に守備面においては、GKやCBやボランチなど、中央の守備力というものが、日本の場合には相対的に弱いと言えるので、それでもしSBの守備力も弱いとなってしまうと、想像もしたくない守備力の状態になってしまう可能性が高い。そのプラスαが日本の守備力には大きい。


【 ベスト8以上に進むにはCBとGKの育成が大きな鍵 】

高さ、というよりも、空中戦の強さ、と言った方が正確だと思うが、やはり、そこのCBの能力は高めなければ、守備力については当然として、セットプレイからの得点力、という部分に関しても、世界のトップレベルから1つ2つレベル的に足りていないのが現状であると思うから、そのままであると、W杯でのベスト8以上、特に、運に大きく左右されないでW杯でのベスト8以上を目指すのは、かなり難しくなると思う。フランスのヴァラン、イングランドのマグワイア、そのレベルは難しいとしても、少なくとも今以上には、動けて空中戦にも強いCBを持たなければ、日本は前進できないと感じる。

そして、やはり、GKについても、世界のトップレベルからは1つも2つも、もしかしたら、それ以上にレベル的に離されている可能性があり、それが日本のサッカーの重い足枷になっている、と言っても過言ではないと思う。Jリーグでも、外国籍のGKを使うクラブは増えており、言葉の壁があっても、外国籍のGKを使った方が良い、という現状になっている事は、とても危険な兆候なのではないだろうか。それだけ、日本人のGKのレベルが低い、人材不足である、という事だと思う。またそれは、身長などの問題ではなく、基礎的な技術力または判断力の部分に問題があると個人的には思っている。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/07/26 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<森保監督を支持できるポイントと支持できないポイント。 | ホーム | CFとトップ下とサイドアタッカー。それぞれに求められる能力。>>
コメント
おれが大学で草サッカーのプレイング監督だったとき、 GKをやりたい子がいないので、 いっしょに草野球ソフトボールで3塁手をやっていた子、 サッカーやったことないといっていたけど、 前へのダッシュする気迫とかライナーに対する反応とかをみてスカウトしたらその年リーグ優勝した。 サッカーやっている子はだいたいGKなんかやりたくないのだろうから、人材なければよそからひっぱってこなきゃならない。
  
ほんとにいい監督というのは自分のシステムというのはそろった選手のメンツに合わせられる人。 今年は強いデフェンスの子が多いから1-0勝つ、今年はオフェンスの強い子が多いから4-3で勝つ。 そういった判断力 決断力がいる。 自分のスタイル システムを押し付けるはだめ。 システムなんていうのは選手を集めてから面子をみてから決めたらいい(まあ全日本あたりになると草サッカーと違ってスカウトして選べるのだろうけど、 それでも最後にやるのは選手でやっぱりそのメンツがそろってないと、このメンツではまずいシステムというものがあると思う)。

なでしこが優勝した時沢がいて、熊谷がいた。 沢だけじゃ勝てないし熊谷だけじゃかてない。 

【2018/07/27 20:23】 URL | アメリカファン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4152-679c6ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |