FC2ブログ
代表というのは資金力の乏しいクラブと同じ性質を持つチーム。そして、育成のためにも活用されなければならない場。
監督、と一言に言っても、選手にも様々なタイプがあるように、当然、監督にも様々なタイプがあって、1つの分類としては、勝利至上主義の監督もいれば、監督というよりも、指導者、と言い表した方が相応しい育成型の監督もいて、例えば、勝利至上主義の監督というのは、どちらかと言えば経験や実績を重視する傾向があり、もちろん、そういう監督でも若手は起用するのだが、しかし、その若手が実力的に、その経験や実績のある選手よりも上である、と判断できた場合にしか、基本的には若手を起用しない。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
一方、育成型の監督というのは、もちろん、経験や実績のある選手も起用するし、若手でも才能があると見込んだ選手しか起用しないと思うが、しかし、その若手が実力的に、現時点においては、その経験や実績のある選手よりも下ではあっても、おそらく、近い将来的には、その若手は、その経験や実績のある選手と同じか、それ以上の実力を持つ選手になるだろう、と判断した場合には、もし今その試合では勝てる可能性が下がったとしても、その若手選手の方を積極的に起用する。または、そういう傾向がある。

なぜならば、選手を成長させるためには経験、実践経験を少しでも多く積ませる事が必要であるし、そして、経験というのは、年齢が上がれば自動的に増える、というものではなく、例えば、同じ18歳だったとしても、年間30試合の選手と10試合の選手では、数年後には大きな差となっているし、また更には、同じ30試合でも、よりレベルの高い、より強度の高い試合での30試合なのかそうではないのか、という事によっても大きな差になってくる。特に、育成年代でのそこの差というのは、とても大きい。

もちろん、育成型の監督というのは、そういう事をするが故に、なかなか結果を出せず、連戦連敗が続いてしまったり、あるいは、クラブを降格させそうになったり、させてしまったり、成績上位までは行くが優勝回数は少なかったり、という傾向になりがちなのだが、その一方、勝利至上主義の監督にもマイナス面はあって、それはチームを、経験や実績はあるが実力的にピークを過ぎてしまっている選手たち、才能はあるがまだ実力的に不足している選手たち、という2種類の選手たちだけの状態にしてしまう事。

つまり、貯金は作らずに貯金を使うだけなので、その監督が去った後のチームは焼け野原状態のような感じになってしまったり、世代交代がきちんと図られなかった事によって、その後、そのチームには大きな谷間の時期が訪れてしまったり、という事。そして、そうなってしまったチームというのは、場合によっては、復活するまでに数十年という月日を必要とする場合もある。やはり、世代交代というのは、ある程度は意図的にやらないとできないし、それを後から取り戻そうとすれば、多くの時間が必要になる。

特に、資金的の乏しいクラブの場合には、その負のサイクルに陥ってしまうと、Jリーグで言えば、J2からJ1に再び戻れる日が永遠に訪れなかったり、戻れる日が訪れたとしても、20年とか30年とか、場合によっては、それ以上の月日が必要になってしまったりする。従って、勝利と育成のバランス、というのは、とても重要であり、特に資金力で思ったような戦力を集められないクラブの場合には、より育成の方に力を注がないと、という事が言える。そういうクラブは7割育成3割勝利至上ぐらいで良い。

また、そういう意味で言うと、代表というのは、乏しさ云々ではなく、資金力では思ったような戦力を揃えられない、という性質を持つチームなので、実際、日本のフル代表ならば、結果が重要なのは、アジアカップ、W杯アジア予選、そして、W杯、という3つだけであり、つまり、それ以外の試合というのは、チームや選手たちの強化・育成のために使っても良いと言えるし、そうであるべきだと言える。そして、重要であるのは、選手たちを海外のリーグにスムーズに移籍させるためにも、という要素がある事。

欧州のリーグによっては、代表試合の出場数が条件の1つになっているところもあるし、また、代表というのは、その選手の価値、実力や人気を世界に見せる場でもあり、代表での試合出場や活躍というのが、移籍の決め手になったり、あるいは、クラブでの起用のプライオリティを上げたり、という事も少なくないと言えると思う。やはり、獲得や起用に関して、人は周囲を納得させられる理由も必要とするし、保証も欲しいと思うものであるから。そしてまた、立場が人を作る、人を育てる、という事も当然ある。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2018/08/10 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<イニエスタのJ初ゴール。後半期の代表活動の難しさ。 | ホーム | F・トーレスとイニエスタの活かし方。>>
コメント
jube 様

いつもありがとうございます。

ゼロから中長期でチームを作ってきた監督ならば、自然と世代交代も進むと感じています。
具体的に別の監督が頭に浮かんでることもありますが、今回のフル代表の監督人事は最適ではなかったと思います。
【2018/08/10 12:49】 URL | きゃらばん #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4165-9d61e53a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |