【 柴崎岳 】 次の試合でもスタメン起用されるのかどうかに注目したい。 【 レアル・マドリード vs ヘタフェ 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第1節
開催日:2018年8月19日
結果 :レアル・マドリード勝利
スコア:「2-0」
得点者:カルバハル ベイル




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ヘタフェ 】

FW モリーナ
MF アマト 柴崎岳 アラムバリ ポルティージョ
MF マクシモビッチ
DF カブレラ ブルーノ ジェネ D・スアレス
GK ソリア

FW アルナイス アンヘル
MF 柴崎岳 マクシモビッチ アラムバリ アレホ
DF カブレラ ブルーノ ジェネ D・スアレス
GK ソリア


「4-1-4-1」の2列目の中央の左でスタメン出場した柴崎。昨季は「4-4-2」がベースで、途中からでも「4-1-4-1」を使った試合があったのかどうか、あったような無かったような、記憶が定かではないのだが、アウェイでのレアル・マドリード戦、という事もあり、より守備的な布陣で、という事だったと推測するのだが、昨季は柴崎をトップ下に置いた形は機能しなかったので、それならば「4-1-4-1」で2列目の中央の左に柴崎を置いた布陣はどうか、という感じだったのかなと思う。

で、その手応えはと言うと、それほど悪くはなかったかなと。結果的には、その形の時に失点しているが、トップ下で使われた時よりも柴崎は良いプレイができていたと思うし、システムや戦い方が云々というよりも、相手はレアル・マドリードだったので、力負けした、という感じだったので。途中からは「4-4-2」に変えたが、当然、やり慣れているのは「4-4-2」であるから、という感じもあったが、より守備的な戦い方のオプションの1つとしては、これからも継続してチャレンジしても良いかなと。

特に、柴崎も戦力として考えている場合には、悪くない選択肢かなと思う。理想的には、ロシアW杯の時の日本代表と同じく、「4-2-3-1」のダブルボランチの1枚として、という事は思うが、ホームの試合で、その布陣の試しがあり、尚且、その時に柴崎が良いパフォーマンスを見せれば、という事に期待したい。スルスルっとドリブルで前に出てスルーパスを出したり、運動量もあったし、個としてのパフォーマンスは悪くなかったので、もう少しパスのフィーリングが良くなれば、可能性はあると感じた。

但し、今の感じだと、「4-1-4-1」の2列目であっても、左よりも右の方が良いのかもしれない、という印象はあって、左から右へ、という狙いのパスよりも、右から左へロングパス、もしくは、右の縦へ長い距離のスルーパス、というプレイであった方が、良いイメージが描けるのかなと。セネガル戦やベルギー戦のあのパスというのは、やはり、かなり良い感触として残っていると思うので。おそらく、柴崎がボランチで起用されない理由は守備力にあると思うのだが、柴崎を残すのであればやって欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/08/22 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<F・トーレスとイニエスタとポドルスキ。それぞれの現状。 | ホーム | ベトナム戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。三笘薫。三好康児。神谷優太。渡辺皓太。遠藤渓太。初瀬亮。杉岡大暉。原輝綺。立田悠悟。オビ・パウエルオビンナ。松本泰志。上田綺世。岩崎悠人。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4174-b41059f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |