F・トーレスとイニエスタとポドルスキ。それぞれの現状。
天皇杯4回戦。サガン鳥栖vsヴィッセル神戸。結果はスコア「3-0」で鳥栖が勝利。F・トーレスの初ゴールが生まれたメモリアルな試合となった。ただ、鳥栖のF・トーレスの使い方については、ロングボールを蹴り込んでF・トーレスに競らせる、という方法は、あまり基本戦術にはしない方が良いかなと。以前の記事で、得点力は下がってきたが、ポストプレイの能力については高いので、まずはF・トーレスにボールを、という事は書いたが、やはり、基本的には、ハイボールよりも足元へのボールの方が良い。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
空中戦にも強いが、それを得意としている選手ではないし、今のF・トーレスの一番のプレイは、足元にボールを受けて「ため」を作れる、また、そこから、自らの力で前を向ける、そして、前を向けたら、1人とか2人ぐらいをかわせる、という部分にあり、F・トーレスのそういうプレイから得点を狙う形と、この試合のF・トーレスの得点シーンのように、他の選手がチャンスを作って、最後にF・トーレスがシュートを決める、という得点の形と、その2つの攻撃のパターンをイメージする事が重要であると思う。

まずはその2つのパターンを作り、そして、3つ目には、F・トーレスを囮にして得点を取る形、つまりは、F・トーレスが動く事でスペースを作り、そこに他の選手が入り込んでシュートを決める、というパターン。今の鳥栖の攻撃は、ハイボールをF・トーレスに、という事をやっているので、なかなか形にならないし、他の選手がチャンスを作って、という形も、偶発的に生まれているだけであるし、そうであるから、3つ目の形も作れず、という感じになっている。攻撃のタレントは揃っているのでもったいない。

イバルボは怪我で長期離脱中だが、高さのある豊田、スピードのある田川、テクニックのある小野、アグレッシブにプレイできる金崎、そして、この試合で活躍した左利きの安在。これだけのタレントが揃っていれば、前述した3つのパターンの攻撃は難しくなく作れると思うし、また作れれば、1試合1得点以上の攻撃というのも難しくなく実現できると思う。重要なのは、どの選手のどの個の力を活かせば一番であるのかと、そのイメージを全員に共通認識させ、そのイメージをロジカルに落とし込む事であると思う。

そろそろ鳥栖は、F・トーレスを中心に置いた攻撃について、手探り状態から脱する必要があると思う。ちなみに、イニエスタの方は、既に神戸にフィットしていて、むしろ、ポドルスキの方が、やや浮いた存在になっているような印象がある。この試合のポドルスキは、最初は「4-4-2」の2トップの1枚か「4-2-3-1」のトップ下か、という感じだったが、組み立ての方に加わっても、あまり良さを出せる選手ではないと思うし、イニエスタ投入後はサイドになったが、かつてのようなドリブルは無いので。

やはり、今のポドルスキは、中央の高い位置に置いて、ストライカー的にプレイさせた方が良いと思う。特に、イニエスタが加わってからは、中盤の低い位置で組み立てに関わる必要はなくなったと思うし、FWにキラーパスも出て来るようになったので、むしろ、それを受けられるFW、それを受けて決められるFW、そちらの方が必要になっていると思う。個人的には、最も活躍したポドルスキはケルン時代だった印象が強く、ケルン時代のポドルスキが、まさにそうだったので。C・ロナウド的に考えると良いかと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/08/23 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マレーシア戦(Uー21) 【 かなり現状は、やはり、五輪は厳しくなるとしか思えない。 】 | ホーム | 【 柴崎岳 】 次の試合でもスタメン起用されるのかどうかに注目したい。 【 レアル・マドリード vs ヘタフェ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4175-b5f32ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |