マレーシア戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。岩崎悠人。旗手怜央。松本泰志。渡辺皓太。杉岡大暉。長沼洋一。板倉滉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。上田綺世。 】
試合 :アジア大会 トーナメント・ステージ 1回戦
開催日:2018年8月24日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:上田綺世(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW           前田大然
MF   岩崎悠人            旗手怜央
MF        松本泰志  渡辺皓太
DF 杉岡大暉 板倉滉  立田悠悟 原輝綺  長沼洋一
GK           小島亨介

FW           上田綺世
MF   岩崎悠人            旗手怜央
MF        松本泰志  渡辺皓太
DF 杉岡大暉 板倉滉  立田悠悟 原輝綺  長沼洋一
GK           小島亨介


前田大然

あの決定機は決めないと、やはりダメだなと。ポストプレイを期待するタイプの選手ではなく、スピードを活かして相手のDFラインの裏へ抜け出す、あの形での得点を期待するタイプの選手なので、それができないと意味が無い。次の試合ぐらいからは、よりDFラインの裏を狙うプレイが効果的になるような気がするので、期待したい。


岩崎悠人

運動量があり、幅広く動き回って、そこは評価できる要素だが、それが周囲との関わり合いの中で、きちんと効果的なプレイになっているのか、あるいは、相手との関係性において、優位になれるようなプレイになっているのか、という事を、攻守において、もう少し自分で見極めながらプレイできるように、という事が、鍵になるかなと。


旗手怜央

前田と岩崎と旗手であると、タイプというか、狙いが重なってしまう状況において、そうならないように、という事も考えながらプレイしていたと思うのだが、思うようにはプレイできなかったのかな、という印象だった。シャドウ2枚は、三苫と三好、岩崎と旗手、というセットで使っているのだが、タイプ的なバランスが偏重だと思う。


松本泰志

安定してボールを繋げられる良さは光っている。従って、今回のチームでは、中盤の軸になっていると思う。ただ、例えばアンカータイプであると見た時に、守備力には物足りなさがあったり、やはり、日本のボランチというのは、大概にしてパワー不足で、相手の攻撃を跳ね返す強さやカウンターに対する守備力不足もそこが原因の1つ。


渡辺皓太

とにかく、効果的かどうか、という事が最も重要な部分で、そこに判断基準を置かないと、強いチームも作れなくなるし、個の成長にも繋げる事ができない。そして、そこを見抜けるかどうか、あるいは、自分で判断できるかどうか、という事が別れ道であり、今の渡辺のプレイはカオスを引き起こしている部分もあり、そこが問題の1つ。


杉岡大暉

テクニック不足が顕著で厳しい。それを補えるようなパワーやアグレッシブさも、今のところは感じられない。3CBの1枚である時は、守備やビルドアップへの自信の無さが出てしまっているし、ウイングバックの時は、効果的な動きができていない。とにかく、もう少しテクニックを上げないと、五輪の舞台では不安で使えないと思う。


長沼洋一

相手のDFラインの裏を縦に、特に、相手のPAの幅以内のDFラインの裏、そこを狙える動き方を持っているのは高く評価できる。ただ、とにかくもったいないのは、そこでボールを受けた後のプレイの質が高くない事で、ボールコントロール、特にファーストタッチのところであったり、あるいは、判断の種類を増やす事が必要かなと。


板倉滉
立田悠悟
原輝綺

ビルドアップの力もまだ足りていないし、少し不利な状況になると、動きの質が落ちてしまう、もしくは、動きがバラバラになってしまう、という傾向が見られた。日本のゾーン・ディフェンスが弱い理由は、フィジカル的なものではなく、そのあたりに大きな原因があって、しっかりとした全員のポジショニングと、そこからの対応力だと。


小島亨介

中村航輔以下の年代のGKには大きな不安を感じる。身長、サイズの事ばかりクローズアップされているが、そこは問題の本質ではないと思う。基礎的な反応速度、セービング、パンチング、という技術力から、ポジショニング、寄せ方、それから、足元の技術力も含め、そういう部分のレベルの低さが顕著。日本のGKが全体的に問題有り。


上田綺世

PKを取ったシーンは、得意なプレイである相手のDFラインの裏への抜け出しから、上手くPKを取った、取れた、という感じだったが、ポストプレイ然り、狭いスペースの中でどうするのか、という部分に関しては、1つ2つレベルを上げないと厳しいかと。動きのアイデア的にもフィジカル的にもテクニック的にも。成長に期待したい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/08/26 11:45】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】 序盤は良かった。しかし乾の使い方にはやや疑問符。 【 アラベス vs ベティス 】 | ホーム | マレーシア戦(Uー21) 【 かなり現状は、やはり、五輪は厳しくなるとしか思えない。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4177-435c3b1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |