サウジアラビア戦(Uー21) 【 アプローチの変更と柔軟性を森保監督に求めたい。 】
試合 :アジア大会 トーナメント・ステージ 準々決勝
開催日:2018年8月27日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-1」
得点者:岩崎悠人 オウンゴール 岩崎悠人




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW           前田大然
MF   岩崎悠人            旗手怜央
MF        松本泰志  渡辺皓太
DF 杉岡大暉 板倉滉  立田悠悟 大南拓磨 長沼洋一
GK           小島亨介

FW           上田綺世
MF   岩崎悠人            三好康児
MF        松本泰志  渡辺皓太
DF 杉岡大暉 板倉滉  立田悠悟 大南拓磨 遠藤渓太
GK           小島亨介


前半31分、ちょっと相手の集中力がフワッとなった瞬間に先制点を奪い、その後、セットプレイから失点して同点に追い付かれたが、後半28分、大きなサイドチェンジから前田が個で仕掛けて突破し、再び岩崎が決めて日本が勝利を収めた。率直に言えば、両チーム共にミスや質を欠くプレイが多く、しかし、ゴール前での攻防において、やや日本が上回ったので、それで日本が勝利できた、という感じの試合だった。過密日程による疲労とかピッチ状態の悪さとか、あるとは思うが、もう少し質のあるプレイが見たいなと。

ただ、もう1つ下の世代は、どちらかと言えばテクニック系の選手たちが多いのだが、この世代は、どちらかと言えばゴリゴリ系の選手たち、テクニックよりもスピードや運動量やフィジカルで良さを見せる選手たちが多いので、という事はある。しかし、そうであるならばより、もっと個で強引に仕掛けたり、ビルドアップのところでモタモタせず、ガンガンと縦へ縦へ、または、もっと大きなサイドチェンジやアーリークロスを多用して、ピッチの広さを使ったアグレッシブでダイナミックなサッカーをした方が良いかなと。

もちろん、東京五輪では、この世代と、もう1つ下の世代の選手たちが、ある程度はミックスされると思うから、そうなったら少し変わると思うが、それでもチームの骨格となるのは、この世代の選手たちだと思うから、特に攻撃面のアプローチについては、細かいパスワークからの崩しよりも、もっとゴリゴリした感じにした方が良いのかなと思う。その方が得点の匂いも感じられるし、守備面にも強さが出ると感じられる。丁寧に繋ぐビルドアップとか、パスワークで、という事が、選手たちの足枷になっている印象もある。

やはり、日本らしいとか、日本のサッカーの確立とか、そういうものによって、可能性や多様性の幅を狭めてはいけないと思っていて、らしさというのは、その時の選手たちによって変わるものであると思う。そして、それを属人的だと否定するのは間違っていて、むしろ、そうである事が重要だと思う。もちろん、個々のプレイの質、テクニック、というのは必ず上げなければならないが、どのようなスタイルをチームの基本とするのかは、やはり、選手たちの個性に準じた方が良い。固定概念的ならしさは不要であると思う。

それからまた、そこに関してもう1つ言うと、後ろが3バックであるか4バックであるかは関係無く、このチームは、守備の設定位置というのを、もう少し前に上げて、まずファースト・ディフェンスは2トップ気味な形でかける、つまりは、まずは「3-4-1-2」のような形で守備をする、それによって、もっとハイプレスの効きを良くする、そして、その次の段階として、「5-4-1」の形になって守る、という守備のアプローチであった方が良いと思う。やはり、そういうアプローチの柔軟性は森保監督に求めたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/08/28 11:45】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サウジアラビア戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。岩崎悠人。旗手怜央。松本泰志。渡辺皓太。杉岡大暉。長沼洋一。板倉滉。大南拓磨。立田悠悟。小島亨介。上田綺世。三好康児。遠藤渓太。 】 | ホーム | 【 乾貴士 】 序盤は良かった。しかし乾の使い方にはやや疑問符。 【 アラベス vs ベティス 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4179-044fafea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |