次のW杯へ向けてのサバイバルがスタート。
東口順昭 権田修一 シュミット・ダニエル
槙野智章 佐々木翔 植田直通 冨安健洋 三浦弦太 遠藤航
車屋紳太郎 室屋成
青山敏弘 山口蛍 大島僚太 三竿健斗
中島翔哉 堂安律 南野拓実 伊藤達哉 伊東純也
小林悠 杉本健勇 浅野拓磨




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
「5-4-1」(「3-4-2-1」)であるとして、気になるのは、車屋と室屋以外のWBでは誰を想定しているのか、伊東純也はシャドウあるいはSHなのかWBなのか、という事と、遠藤航はボランチではなくCBで想定しているのか、という事と、FWは3人選んでいるが、小林と浅野あたりは、違うポジションでの起用も想定しているのか否か、という事と、その3つぐらい。若い選手たちが中心というのは、当然だと思う。

遠藤航は、ボランチでやりたいと言っていると思うが、森保監督の中ではCBの選手なのか。そして、車屋と室屋以外のWBに関しては、伊藤達哉を左、伊東純也を右、という起用方法も面白いのかなと。更には、小林はシャドウあるいはSHの右でもできるかなと思うし、浅野もシャドウあるいはSHもしくはWBの右でもできるかなと思うので、そのああたりのポジションでの起用も想定されているのかどうか。やや気になる部分。

そして、やはり面白いのは、9月の2試合、10月の2試合、その4試合というのは、来年1月のアジアカップに向けたサバイバルになる、という部分。当然、何事も無ければ、大迫、乾、香川、原口、柴崎、長友、酒井宏樹、吉田、昌子、という9人は、間違いなくアジアカップのメンバーに選ばれると思うし、4試合あったとしても、1人の選手に与えられるチャンスは1試合か2試合になると思うから、生き残りは簡単ではない。

特に攻撃の選手たちは、確実に結果を出さないといけないし、もちろん、守備の選手たちも、対戦相手にはチリやウルグアイなど、南米の強豪国も含まれているが、大量失点という事になれば、次にチャンスをもらえる確率は、かなり下がってしまうと思う。そして、おそらく、11月の2試合では海外組の主力も呼んで、そこからは、その海外組の主力とポジション争いをする、という、2段階のハードルが待ち構えていると言える。

これまでの傾向から考えて、結果を残せば尚更であるが、アジアカップのメンバーというのが、W杯アジア予選のメンバーの主軸になり、またそのまま、次のW杯のメンバーとなっていく場合が多い。という事は、次のW杯のメンバーに入る確率を上げたければ、まずはアジアカップのメンバーに選ばれ、そこで活躍する、という事が第一歩であり、4年ある、3年ある、という事ではない、という事を、頭に入れておいてもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/08/31 23:56】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<中国戦(女子) 【 アジア内だけの内弁慶で終わらないように。 】 | ホーム | UAE戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。岩崎悠人。旗手怜央。神谷優太。渡辺皓太。遠藤渓太。初瀬亮。杉岡大暉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。上田綺世。松本泰志。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4183-8431b79d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |