韓国戦(Uー21) 【 選手たちも監督もここからの成長が重要。 】
試合 :アジア大会 トーナメント・ステージ 決勝
開催日:2018年9月1日
結果 :韓国代表勝利
スコア:「0-0(1延長2)」
得点者:イ・スンウ ファン・ヒチャン 上田綺世




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW           上田綺世
MF   岩崎悠人            三好康児
MF        松本泰志  渡辺皓太
DF 杉岡大暉 板倉滉  立田悠悟 原輝綺  長沼洋一
GK           小島亨介

FW           上田綺世
MF   旗手怜央            三好康児
MF        松本泰志  神谷優太
DF 遠藤渓太 板倉滉  立田悠悟 原輝綺  初瀬亮
GK           小島亨介

FW           上田綺世
MF   遠藤渓太    旗手怜央    三好康児
MF        松本泰志  神谷優太
DF   初瀬亮  板倉滉   立田悠悟 原輝綺
GK           小島亨介


日本はUー21、韓国はUー23+OA、だったので、それを考えれば、よく頑張ったと言える試合だったと思う。前回の戦評で書いた、個々の選手たちが、運動量だけではなく、もっと球際の強さも持っていないといけないし、奪った後の縦に速い攻撃の上手さ、あるいは、奪った後にポゼッションする上手さ、というものも持っていないと、更なる高みは目指せない、という部分。やはり、敗因としては、そこの部分だったと思うので、2年後と言わず、もっと早く数カ月後には、そこの部分の能力を上げてもらいたい。

それができれば、特にJ1でスタメン出場できている選手たちは、フル代表に呼べる可能性が高まるし、そして、フル代表でアジアカップやW杯予選などを経験できれば、それは大きな成長の糧となるから、そういう選手たちが幾人か出てきてこそ、東京五輪への視界は、本当の意味で開けてくると思う。まだ自分はフル代表に呼ばれなくても・・・、と考えてしまったら、その時間のぶんだけ、成長というのは遅れてしまう。必ず、フル代表の選手として、五輪代表でもプレイする選手になる、という意識を持って欲しい。

それから、この試合に関しては、森保監督の判断が少し遅かったかなと。結果論かもしれないが、やはり、日本人監督というのは、交代の判断が少し遅い、変化させる事で崩れるかもしれない、より悪くなってしまうかもしれない、という事を恐れすぎる傾向があり、そこを、もし手を打ってダメになったとしても、手を打たないで負けてしまうよりはマシ、という考え方に変化させ、より早いタイミングの判断で、交代を使うなり、システムを変えるなり、という習慣を身に付けて欲しい。そこが日本人監督の課題かなと。

以前から書いてきたように、森保監督は選手たちに状況判断の良さを求めているが、やはり、個人的には、森保監督もそこは課題であると思っていて、試合中に、どうすればもっと良い感じで守れそうなのか、あるいは、どうすればもっと良い感じで攻撃できそうなのか、という判断を早く正しく行える、という事が、優れた指揮官の条件の1つでもある。西野監督も、ロシアW杯のベルギー戦で、そういう部分の判断の早さやアイデアを欠いたのだが、やはり、状況判断の良さや早さが求められるのは選手たちだけではない。

戦術的な交代ではなく、疲労による交代、という事を主にするのが日本人監督なのだが、そうではなく、もっと戦術的な交代の力を身に付けないと、日本人監督というのは世界のトップレベルに追い付かないと思う。例えば、韓国は左サイドからの攻撃に威力を持っていたが、やはり、そこへの対策は早く必要だった。岩崎と三好のサイドを入れ替えたり、三好との交代で大南などを入れて、原を右のボランチへ、渡辺を右のシャドウ(SH)へ、だったり、あるいは、2トップにしてSBの攻撃参加を封じる、などの対策。

もちろん、それが正解かどうかはわからないし、それをやったとしてもダメである可能性は当然あるが、しかし、このままでは時間の問題でやられるかも、という感じは強くあったから、とにかく、なるべく早く何か手を打つ、という事が重要だったと思う。やはり、指揮官には、もし手を打ってダメになったとしても、手を打たないで負けてしまうよりはマシ、という割り切りというか、そういう覚悟も必要で、もしそれが失敗だったとしても、そういう失敗を重ねながら交代采配の精度を高めていく、という作業も必要。

率直に言って、今の段階では、森保監督は世界のトップレベルの監督ではないと思うし、そしてまた、今の段階では、そうである事も個人的には求めていない。しかし、それは逆に言えば、数カ月後や数年後に、少しでも、ではなく、大きく成長していなければ、当然、監督の途中解任を強く求める事になると思う。とりあえずは、五輪代表の方は、これで一区切りになると思うが、次はフル代表のアジアカップという舞台が、森保監督の大きな試金石となり、そこでの采配に良さが見られなければ、イエローカードかなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/09/02 11:45】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<韓国戦選手評価(Uー21) 【 上田綺世。岩崎悠人。三好康児。松本泰志。渡辺皓太。杉岡大暉。長沼洋一。 】 | ホーム | 中国戦(女子) 【 アジア内だけの内弁慶で終わらないように。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4185-f000edd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |