韓国戦選手評価(Uー21) 【 上田綺世。岩崎悠人。三好康児。松本泰志。渡辺皓太。杉岡大暉。長沼洋一。 】
試合 :アジア大会 トーナメント・ステージ 決勝
開催日:2018年9月1日
結果 :韓国代表勝利
スコア:「0-0(1延長2)」
得点者:イ・スンウ ファン・ヒチャン 上田綺世




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW           上田綺世
MF   岩崎悠人            三好康児
MF        松本泰志  渡辺皓太
DF 杉岡大暉 板倉滉  立田悠悟 原輝綺  長沼洋一
GK           小島亨介

FW           上田綺世
MF   旗手怜央            三好康児
MF        松本泰志  神谷優太
DF 遠藤渓太 板倉滉  立田悠悟 原輝綺  初瀬亮
GK           小島亨介

FW           上田綺世
MF   遠藤渓太    旗手怜央    三好康児
MF        松本泰志  神谷優太
DF   初瀬亮  板倉滉   立田悠悟 原輝綺
GK           小島亨介


上田綺世

得点力(決定力)があると期待していたので、グループステージではモヤモヤしたが、トーナメントステージに入ってからは、結局、1回戦のマレーシア戦、準決勝のUAE戦、決勝の韓国戦、と1得点ずつ決め、次に繋がるパフォーマンスは見せられたかなと。但し、まだまだポストプレイの力が不足しているのは顕著で、全体的に、まだフィジカルもテクニックも不足してるのは顕著だったので、今の段階だと、交代の切り札として残っていけるか否か、というのが現在地かなと。五輪出場の可能性は30%ぐらいかと。


岩崎悠人

運動量が豊富で、攻撃的なポジションの選手でありながら守備に献身的である岩崎のようなタイプの選手は、そのチームを支える土台と成り得る選手だと思う。果敢に仕掛けるプレイも多く、そのアグレッシブさは評価できる。しかし、やはり、出場できる事が条件ではあるが、できるならばJ1でプレイする選手であって欲しい、という事はあって、もし所属クラブが来季もJ2であるならば、J1のクラブへの移籍も模索してもらいたいなと。そして、そこで活躍をして、東京五輪へ、という流れがベターであると思う。


三好康児

大会の最初は、Jリーグでもスタメン出場していたので、疲労からだと思うが、とてもフィジカル・コンディションが悪く、期待通りのパフォーマンスではなかったのだが、少しずつパフォーマンスを上げ、この試合、決勝では及第点のパフォーマンスを見せられていたと思う。但し、同ポジションには堂安と久保建英も存在し、また、その2人と三好はタイプ的に被るので、もっと良いパフォーマンスなり結果を残さないと、東京五輪への出場は危うくなってしまうと思う。そういう意味ではアピール不足の大会となった。


松本泰志

ミスも散見されたが、アベレージ的には、安定した繋ぎのパス、質の良い前線へのパス、という方が多く、大会を通じ、その部分に関しては、及第点のパフォーマンスを見せていたと思う。しかし、ポジションや役割を考えると、1つだったとしても危険なパスミスはあってはならないし、速攻の時でも、もっとミスをせずにパスを繋げてもらいたい。それから、やはり守備面においては、フィジカル的な弱さ、競り合いの弱さ、それによって簡単に突破させてしまう事も少なくなかったので、そこの強化は必須だと言える。


渡辺皓太

運動量の豊富さで、特にこの試合、決勝では守備での貢献度が高かったが、それでも、松本と渡辺のダブルボランチというのは、中央を簡単にぶっちぎられてしまう事も少なくなかったし、そこの弱さによって、守備の設定位置を1つ下げさせられてしまう、あるいは、そこから良いパスが出ない事によって、良い速攻ができそうなシーンでも、それができずに終わってしまう、そして、また守備に追われる、という事になっていたので、渡辺にしても、もっと攻守の力を高めないと、東京五輪では苦しくなってしまうかと。


杉岡大暉

2つ上の世代+OAの韓国の選手たちに対し、フィジカル面では互角に戦えていたので、良いパフォーマンスだったと思う。この大会の前の試合や、この大会でも最初の頃はあたふたしている感が強く、厳しいかなという感じだったのだが、途中からは自信を持ってプレイできるようになったので、そこに成長が感じられた。しかし、判断ミスやテクニック的なミスが続けば、やはり、そうやって自信を持ってプレイする事もできなくなってしまうと思うので、判断力とテクニックというのは、必ず高めておいてもらいたい。


長沼洋一

もっと相手のDFラインの裏へ走ってボールを受けるプレイをしたかったと思うのだが、韓国の攻撃は左サイドに威力があったので守備に追われる事が多く、攻撃面の良さは発揮できなかった。ただ、大会を通じ、運動量が豊富で、フィジカル的にも強く、攻守共に良いパフォーマンスを見せていたので、この大会で一気にWBの一番手に上がれたかと思う。しかし、ボールコントロールの技術力というのは、もっと上げないと難しくなってしまうと思うし、来季はサンフレッチェへ戻るなど、J1でプレイしてもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/09/03 11:45】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<韓国戦選手評価(Uー21) 【 板倉滉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。遠藤渓太。旗手怜央。神谷優太。初瀬亮。 】 | ホーム | 韓国戦(Uー21) 【 選手たちも監督もここからの成長が重要。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4186-d495a0f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |