韓国戦選手評価(Uー21) 【 板倉滉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。遠藤渓太。旗手怜央。神谷優太。初瀬亮。 】
試合 :アジア大会 トーナメント・ステージ 決勝
開催日:2018年9月1日
結果 :韓国代表勝利
スコア:「0-0(1延長2)」
得点者:イ・スンウ ファン・ヒチャン 上田綺世




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW           上田綺世
MF   岩崎悠人            三好康児
MF        松本泰志  渡辺皓太
DF 杉岡大暉 板倉滉  立田悠悟 原輝綺  長沼洋一
GK           小島亨介

FW           上田綺世
MF   旗手怜央            三好康児
MF        松本泰志  神谷優太
DF 遠藤渓太 板倉滉  立田悠悟 原輝綺  初瀬亮
GK           小島亨介

FW           上田綺世
MF   遠藤渓太    旗手怜央    三好康児
MF        松本泰志  神谷優太
DF   初瀬亮  板倉滉   立田悠悟 原輝綺
GK           小島亨介


板倉滉

高さ、フィジカルの強さ、というものがあり、そこは頼もしく感じる。そして、攻め上がりの力も持ち味であるから、そこは無くさないでもらいたいが、リスクとの兼ね合いは常に正しく判断できるようになってもらいたい。それから、以前にも書いたが、手、肘、その使い方には注意してもらいたい。手癖の悪さは無くさないと、大事な場面でPKを与えてしまったり、または、危険な場所でセットプレイのチャンスを与えてしまったり、という事で痛い目に合う可能性が高まる。そういうのを見抜いて狙われる事もある。


原輝綺

1対1のところで、もう少し対応の強さや巧さが必要だと思うし、競りかける場面でも、ボールを受ける場面でも、前へ出る時に、入れ違ってしまう場面が多いので、そうならないように、ポジショニングであるとか、判断力であるとか、そういう部分をしっかりと修正しておいてもらいたい。今大会は、岡崎、大南、原、という3人が3CBの右で起用されたが、そこのポジションは、どの選手もあまり良くなかったかなと。その3人の中では、一番良かったのは原だと思うが、もっと選手を探しておく必要があると思う。


立田悠悟

準決勝あたりからはビルドアップの時の判断力も良くなり、特にこの試合、決勝では守備でも高いパフォーマンスを発揮し、大きな成長を感じさせた選手だった。9月の試合のフル代表のメンバーにも選ばれた冨安が、3CBの中央としてはライバルとなり、常に一歩前を進まれているので、立田にはもっと成長スピードを上げてもらいたい。そのためのポイントは、判断力、1対1、そして、ビルドアップ、という部分の能力を更に上げる事だと思うので、常にそこを意識しながらプレイし続けてもらいたい。まだ伸びる。


小島亨介

途中で怪我もあったが、それを乗り越え、少しずつパフォーマンスを上げ、良い感じで大会を終えられたかなと思う。相手に攻められるシーンが増えた、という事もあるが、準決勝や決勝は良いパフォーマンスを見せられていたと思う。しかし、キャッチングやパンチングの技術力もそうであるし、ポジショニングの判断力もそうであるし、反応速度などのフィジカル的な部分もそうであるし、そこをもう1つ2つ上げる、という事を実現しないと、東京五輪では厳しくなるかなと思う。日本のGKは全員がそうではあるが。


遠藤渓太

以前にも書いたが、すごく活躍する試合と、そうではない試合と、かなり両極端に出る選手で、そこが改善されないと、スタメンでは使い難い選手のままになるかなと。もっと運動量も上げて、そして、ドリブルでの仕掛けやクロスの精度、という部分が武器になる選手だと思うのだが、そこも更に高めないと、東京五輪は当落線上になる可能性もあるかなと。ポジション的にも、WBとしては左右どちらが良いのか、または、シャドウやボランチが良いのか、ハッキリしないところがあり、そこも起用を難しくさせている。


旗手怜央

大会を通じ、すごく悪かったわけではないが、すごく良かったわけでもなく、運動量はあったが、決定機を2回ぐらい外したし、スピードや運動量としては前田や岩崎の方が、チャンスを作る役としては三好や三苫の方が、という感じがするので、ライバルが多いポジションだという事を考えても、立場的には苦しくなってしまったかなと。東京五輪に出場するためには、5人から6人ぐらいの選手を一気にごぼう抜きして前に出ないといけない、という意識を強く持って頑張ってもらいたい。できない事はないと思うので。


神谷優太
初瀬亮

率直に言って、今大会では、最も残念なパフォーマンスだったのが、神谷と初瀬の2人だったかなと。期待値が高かった事もあるが、神谷も初瀬も、攻守に良さが見られず、2人共に、気持ちは頑張っていたが、神谷は空回り気味だったし、初瀬は頭も体も思ったように動いておらず、再スタートする必要があると思う。神谷は1つ1つのプレイを見直し、初瀬はフィジカル的な部分を見直して欲しい。効果的なプレイとは何か、あるいは、技術があってもフィジカル的な良さがなければ良いプレイはできない、という部分。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/09/04 11:45】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】 もう少し乾も動きの量を増やした方がパフォーマンスが上がると思う。 【 ベティス vs セビージャ 】 | ホーム | 韓国戦選手評価(Uー21) 【 上田綺世。岩崎悠人。三好康児。松本泰志。渡辺皓太。杉岡大暉。長沼洋一。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4187-029937cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |