森保監督のサッカーの特性について。
森保監督が得意としているシステムについて、「3-4-3」または「3-6-1」(「3-4-2-1」)と表現する人もいるが、やはり個人的には、「5-4-1」と表現するのが最もしっくりくるかなと。なぜならば、守備の時の形が「5-4-1」であるからで、「3-4-3」または「3-6-1」(「3-4-2-1」)であるならば、基本的には、守備の設定位置はもっと高い位置であり、そもそも、ブロックは作らず、オールコート・ハイプレス、みたいな事をやるのが、そのシステムでの戦い方なので。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
つまりは、トータルフットボール的なサッカーをやるのが、「3-4-3」または「3-6-1」(「3-4-2-1」)のシステムなので。しかし、今までの代表の歴史の中で、なかなか3バックシステムが成功できなかったのは、トルシエの時は少し違うが、オシムの時もザックの時も、攻撃的な3バック、攻撃的な守備をする3バック、つまりは、トータルフットボール的なサッカーを、という事を目指すにおいて、簡単に言えば、日本人選手たちの個の力であると、なかなかそれは難しい、という事が原因だった。

高い運動量や規律性も求められ、その部分に関しては、日本人選手たちは一定水準以上のものを持っている選手たちが多いから、なんとなくやれるように思うのだが、個としてのボール奪取力、個としてのボールキープ力、個としての局面打開力、という部分も高くないと、なかなかトータルフットボールというのは実現できなくて、結局はそれが原因で、破綻してしまうか、守備の設定位置を低くするしかなくなり、守備的な守備をするサッカーになってしまうか、という事で断念される、という事が繰り返されてきた。

ただ、そういう時にいつも個人的に思ってきたのは、最初から守備的である事を目的にするのであれば、つまり、トータルフットボールというのは、全員攻撃全員守備と和訳されるが、全員守備、という部分だけをやるようにすれば、それほど難しくなく、3バックのサッカーは機能するのではないか、という事。そういうサッカーが良いか悪いか、好きか嫌いか、という事は別問題で、機能させられるか否か、という事だけを考えた場合には、守備的なサッカーにしてしまえば、その難易度はかなり下がってくると思う。

という事で、それが森保監督のサッカーだと言える。守備時には、高い位置での守備というのはそこそこに、それよりも、素早く「5-4」での守備ブロックを作り、という事が基本中の基本。しかし、ハイプレス型ではないが、高い運動量というのは必要で、当然、攻から守へ切り替わった時に、素早く「5-4」での守備ブロックを作るためには運動量が必要であるし、また当然、守から攻へ切り替わった時も、低い位置から前へ出る、または、集結した状態から広がる、という事を素早くやるためにも運動量は必要。

従って、あまり森保監督のサッカーを知らない、という選手たちも、ある一定の人数は招集され続けると思うが、とりえずは、前述した部分をやれば、やる事ができれば、そういう選手たちも、フィット感という部分で特に問題視される事は無いと思う。後は個の力と連携の部分だったり、相手を見ながらのプレイが可能か、試合の流れを考えながらのプレイが可能か、それから、基本的には繋ぐサッカーでありながら、大きなサイドチェンジだったり、ロングパス一本だったり、そういう事も可能なのか、だと思うので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/09/07 11:45】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「ジャパンズ・ウェイ」や「日本らしさ」という事に対しての違和感。 | ホーム | まずは、自分を出しきる、という部分を重視してピッチに立ってもらいたい。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4190-75368791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |