森保監督のサッカーの特性について。最大の注意点はポゼッションに拘りすぎない事。
シュミット・ダニエル 東口順昭 権田修一
植田直通 佐々木翔 遠藤航 三浦弦太 槙野智章 冨安健洋
室屋成 車屋紳太郎
三竿健斗 守田英正 青山敏弘 天野純
伊東純也 南野拓実 中島翔哉 伊藤達哉 堂安律
浅野拓磨 小林悠




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
攻撃のコンセプトは、低い位置でのボール回し、低い位置でのポゼッションにより、相手を前に引き出し、縦に速く攻める、という事。従って、後ろは3バックというか5バックで、それでピッチの横幅を広く使いながら、そこにGKやボランチも加わって、低い位置でのボール回し、低い位置でのポゼッションを安定させると。そして、縦に速い攻撃のパターンは主に3つ。前の3枚に縦パスを入れてから、サイドへと展開するパターンと、中央突破するパターンと、サイドや中央にロングパス一本、というパターン。

また、低い位置でのボール回し、低い位置でのポゼッション、という事について、横幅を広く使いながら、という事ともう1つ重要になるのは、CBやWBやボランチによるボールの持ち出し。そこのポジションの選手たちによる攻撃参加やドリブルでのボールの前への持ち出しというのは、速攻でも遅攻でも重要なポイント。なぜならば、それで前に出て来た相手を裏返す事ができるし、マークを受けていない、あるいは、マークを剥がしたCBなどが意表を突つくタイミングで上がると、大きなチャンスになるから。

ただ、当然の事として、低い位置でのボール回し、低い位置でのポゼッションにより、相手を前に引き出す、という事であるから、低い位置でボールを奪われるリスク、それによって大きなピンチになるリスク、というのは常に高く存在し、また、そこでのポゼッションや、そこからの縦への攻撃の質が低い場合には、ずっと押し込まれ続ける、というリスクも常に抱える事となる。CBやWBやボランチによるボールの持ち出しについても、そこでボールを奪われた場合には、逆に、一気に裏返されてしまう事になる。

もちろん、攻撃にはリスクが付き物であり、どのような戦い方でも必ず長所と短所はあるので、前述したようなリスクが存在するから悪い、という事ではない。つまりは、良い悪いではなく、それが森保監督のサッカーの持っている特性である、という事。しかしながら、ボール回し、ポゼッション、パスサッカー、という事に拘りすぎると、前述したようなリスクは増大するし、縦に速く攻める、個で仕掛ける、という部分が失われ、攻撃も機能しなくなる可能性は高くあり、そこが最大の注意点である、とは言える。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/09/10 11:45】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アジアカップに向けてのアプローチは? 森保ジャパンのコンセプトは? | ホーム | まずは、どれぐらいの人数なら守れそうなのか、という事を確かめてもらいたい。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4193-39f4db44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |