コスタリカ戦選手評価 【 小林悠。南野拓実。中島翔哉。堂安律。遠藤航。青山敏弘。佐々木翔。室屋成。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年9月11日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-0」
得点者:オウンゴール 南野拓実 伊東純也




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          小林悠
MF  中島翔哉    南野拓実    堂安律
MF       遠藤航   青山敏弘
DF  佐々木翔 槙野智章  三浦弦太 室屋成
GK          東口順昭

FW          浅野拓磨
MF  南野拓実    天野純     伊東純也
MF       遠藤航   三竿健斗
DF 車屋紳太郎 槙野智章  三浦弦太 守田英正
GK          東口順昭


小林悠

所属クラブでは、長い時間かけて作り上げられた連携の中にいるが、代表ではそうではないので、という部分が、あまり代表では所属クラブ程に活躍できない理由なのかなと。もしそうであるならば、大迫がいて、浅野や久保裕也もいて、その他にも候補者はいるので、小林を軸に置き、長い時間かけて連携を作り上げて、という事は望めないと思うから、やはり、即席的でも力を発揮できるように、という部分が課題なのかなと。


南野拓実

昔から熱くなりやすいタイプだったと思うが、それでも、プレイは華麗なテクニシャン、という感じだったのだが、近年は、強引さのあるプレイが増えてきている印象で、そこは、とても良い変化だなと思う。所属クラブでは、スーパーサブ的に起用される事が多いので、つまり、短いプレイ時間で結果を出す事を求められるので、そういう変化が起こったのかなと。ヘディングも上手くなれば、相当な得点力のある選手になるかと。


中島翔哉

ロシアW杯のメンバーに選ばれなかった選手で、最もロシアW杯のメンバーに入れておくべきだったと思われている選手だと思うが、やはり、大方のそういう見方というのは、間違ってなかったのだと思う。そのポテンシャルとしては、得点力もある乾、という感じで、前線や中盤あたりでのプレス、という部分の守備力が今以上に向上すれば、完全に必要不可欠な選手になれると思う。スペインのリーグなどでプレイして欲しい。


堂安律

攻撃面の良さもあるが、守備もきちんとやれる、チームのためにプレイする事もできる、という部分が、堂安という選手の良さで、そして、テクニックもあるが、フィジカルも強い、という部分も、堂安という選手の良さで、そういう意味では、フル代表にも定着しながら、東京五輪代表としても、という事が、充分に可能なポテンシャルを持つ選手だと思う。まだ紆余曲折あると思うが、今のような強い向上心があれば大丈夫かと。


遠藤航

本田と長谷部が代表を引退した事で、攻撃的なポジションのレフティーとアンカーもしくはバランサータイプのボランチというのは、とてもチャンスなポジションとなっており、遠藤からは、長谷部がいた席には自分が座る、という、とても強い意欲が感じられ、かなり良い感じだなと。肉体的にも引き締まったような感じがする。但し、やや怪我が多いとか、スタミナ的な部分に不安は感じるので、そこが改善されれば良いかなと。


青山敏弘

長谷部の代わりとして、キャプテンであったり、ボランチとしてタクトを振るう選手としては、やはり、適任者の一人ではあると思う。但し、ボールを持ちすぎて危ないシーンもあったし、縦パスがイージーなミスになるシーンもあったし、それから、年齢的に考えて、おそらくは、4年後も、という選手ではないと思うから、柴崎なのか大島なのか、または、他の選手なのか、とにかく、そういう選手たちがもっと成長して欲しい。


佐々木翔

海外のチームとの試合、という部分で、まだ慣れていない、感覚的につかめていない、という感じはあった。しかし、身長176センチながら空中戦には強かったり、身体能力的な部分の高さは魅力的で、3バックの左CBであったり、4バックであれば守備的な左SBであったり、ボランチもしくは4バックでもCBでプレイできると思うので、そういうユーティリティさにも魅力はある。この先の1年や2年での成長が勝負かと。


室屋成

運動量もあり、仕掛けられるし、SBとして右でも左でもプレイできるので、やはり、長友や酒井宏樹の後の世代の筆頭候補と言えるSBだと思う。波はあるが、良いクロスも持っている。ただ、守備に関しては、まだ雑なところがあって、運動量や身体性だけでは、世界のトップレベルとは戦えないから、対人スキルとか、ポジショニングとか、細かい部分の守備能力を上げて、特に守備面において、巧みさも身に付けて欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/09/13 11:45】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<コスタリカ戦選手評価 【 槙野智章。三浦弦太。東口順昭。浅野拓磨。天野純。伊東純也。車屋紳太郎。守田英正。三竿健斗。 】 | ホーム | コスタリカ戦 【 リオ五輪世代が躍動。しかし、初戦なのに良すぎたかも、という印象は残った。 】>>
コメント
相手をはがす、ひきつける攻撃力ということで中島は日本人では格別で、攻撃の中心になるべきだと思います。
中島をできるだけ生かすということでは、フランス代表のエムバペのように左肩上がりのイメージも抱きました(あそこまで極端でなくていいが)。
【2018/09/13 12:20】 URL | ヤン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4196-71d31420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |