【 乾貴士 】 後半33分から出場。まだスイッチが入っていない感じがする。 【 ベティス vs ビルバオ 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第5節
開催日:2018年9月23日
結果 :引き分け
スコア:「2-2」
得点者:ウィリアムズ ラウル・ガルシア バルトラ カナーレス




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ベティス 】

FW サナブリア
MF ホアキン カナーレス
MF ジュニオル グアルダード ロ・チェルソ フランシス
DF シジネイ バルトラ マンディ
GK パウ・ロペス

FW サナブリア
MF ホアキン ロレン
MF テージョ グアルダード カナーレス フランシス
DF シジネイ バルトラ マンディ
GK パウ・ロペス

FW サナブリア ロレン
MF テージョ 乾貴士 カナーレス ホアキン
MF グアルダード
DF シジネイ バルトラ マンディ
GK パウ・ロペス


前半7分に先制点を奪われた後の前半18分、ハイプレスをかけられ、低い位置でボールを奪われたベティスが2失点目。後ろから丁寧に繋ぐサッカーをするベティスに対し、ビルバオはハイプレスをかける、という狙いが明確だった。しかし、前半45分、2枚目のイエローカードを受けてビルバオのスサエタが退場になると、後半からは流れがベティスに。10人となり、ハイプレスをかけられなくなったビルバオは苦しくなって、後半6分、3CBの中央のバルトラが豪快なミドルシュートを突き刺して得点を奪う。

更には、後半17分にはジュニオルとの交代でテージョ、後半20分にはロ・チェルソとの交代でロレン、と投入して攻撃の圧力を高めたベティスが、後半23分、カナーレスの得点で同点に追い付く。これで逆転勝利の可能性も見えたベティスは、後半33分、フランシスとの交代で乾を入れ、また、システムも「3-4-2-1」から攻撃的な「3-1-4-2」へと変更。しかし、アディショナルタイムも5分あったのだが、結局、逆転するまでには至らず、試合は、スコア「2-2」の引き分け、という事で終了。

20日にELのオリンピアコス・ピラエウス戦が有り、その試合、乾は後半38分からの出場だったので、ターンオーバーで、このビルバオ戦はスタメンかと思ったのだが、残念ながら乾はベンチからのスタートだった。ただ、今のところは、ホアキンの方がパフォーマンスも良いし、やはり、周囲との連携も良いので、やや仕方ないところもあるかなと。ホアキンは37歳になっているので、基本的には乾の方が主力だと位置付けられていると思うが、まだ乾は、しっかりとはベティスにハマっていない感じはあるので。

しかしながら、もうそろそろアシストなり得点なり、目に見える結果を1つは出しておかないと、という感じはあって、連携面はともかく、「3-4-2-1」というシステムやポゼッションサッカーは乾にとってやり難い、という事はないはずだから、常に悪くはないパフォーマンスではあるが、やはり、もっともっと高いパフォーマンスを見せてもらいたいなと。まだスイッチが入っていない感じがする。ちなみに、今の感じであると、左のWBで使ってみても、と個人的には思っていて、その方がハマるかもと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/09/24 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<香川真司の現状と将来についての考察。 | ホーム | 【 柴崎岳 】 出場無し。チャンスが少しでも多く訪れてくれると良いのだが。 【 ヘタフェ vs A・マドリード 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4207-89dfe39b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |