パナマ戦とウルグアイ戦に向けて招集されたメンバーについて。
東口順昭 権田修一 シュミット・ダニエル
槙野智章 吉田麻也 冨安健洋 三浦弦太
長友佑都 佐々木翔 酒井宏樹 室屋成
三竿健斗 遠藤航 柴崎岳 青山敏弘
原口元気 中島翔哉 堂安律 伊東純也
大迫勇也 小林悠 浅野拓磨 南野拓実




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
かなり4バックに寄った人選のような気がする。「4-2-3-1」または「4-4-2」をベースにした人選なのかなと。もちろん、3バックを捨てたわけではないと思うが。それから、長友については、予想していたよりも早いタイミングでの招集、という感じがする。佐々木も29歳なので、10月の2試合までは、もう少し若い選手たちを試しても良かったのかなと。長友は所属クラブでも出場できている、という事もあるので。

吉田と柴崎と原口については、長友とは違い、所属クラブでの出場機会が少ない状況なので、特に柴崎と原口の2人ついては、4年後も主力として、という事もあると思うから、今のタイミングでの招集は有りだと思う。もちろん、来年1月のアジアカップを見据えて、という意味でも、やはり、今のタイミングでの招集は良い判断だったと思う。彼らがアジアカップで使えそうなのかどうか判断する、その感触は早く得ておきたいので。

大迫については、中島、南野、堂安、という選手たちが戦力になる手応えをもう得たので、その3人と早く絡ませて、早く連携を見たい、早く連携を作りたい、という事はあるかなと。大迫を1トップに置いて、2列目に中島と南野と堂安を並べた「4-2-3-1」は、多くの人たちにも期待感があると思う。そこに縦へのスピードがある浅野と伊東純也 という選出も良い思う。ただ、武藤嘉紀と久保裕也も見てみたかった、とは思う。

そして、この10月の2試合を終えると、11月の2試合では、乾と香川と昌子を加えるのか、という事が悩み所になると思うのだが、乾は中島と原口のパフォーマンス次第、香川と昌子は現在怪我中であるが、怪我が回復してパフォーマンスも良い場合には、かなり加える可能性は高くなるのかなと。当然、乾についても、パフォーマンスがとても高かった場合には、他のポジションの選手を削ってでも、加える可能性は高いと思う。やはり、アジアカップで悪い成績だった場合には、森保監督の解任も無いとは言えないので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/10/05 11:45】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<森保ジャパンは西野ジャパンが初戦のガーナ戦で試した戦い方に再びトライしても良いのかなと。 | ホーム | 個人的に思う10月の2試合に招集してもらいたいメンバー22名。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4217-fd45043d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |