森保ジャパンは西野ジャパンが初戦のガーナ戦で試した戦い方に再びトライしても良いのかなと。
東口順昭 権田修一 シュミット・ダニエル
槙野智章 吉田麻也 冨安健洋 三浦弦太
長友佑都 佐々木翔 酒井宏樹 室屋成
三竿健斗 遠藤航 柴崎岳 青山敏弘
原口元気 中島翔哉 堂安律 伊東純也
大迫勇也 小林悠 浅野拓磨 南野拓実




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
          大迫勇也
  南野拓実            堂安律
         遠藤航   柴崎岳
長友佑都 槙野智章 吉田麻也 酒井宏樹 伊東純也
          東口順昭

          小林悠
  中島翔哉            浅野拓磨
         三竿健斗  青山敏弘
原口元気 佐々木翔 冨安健洋 三浦弦太 室屋成
          権田修一

今回の招集メンバーであると、上記のような「5-4-1」も想定できるのかなと。小林と浅野の位置、冨安と三浦の位置、そこは逆かもしれないが、ともかく、上記のような感じの「5-4-1」も想定できると思う。西野ジャパンが初戦のガーナ戦で試した戦い方というのは、おそらく、こういう布陣のような考え方での5バックと4バックの流動性があるシステム、「5-4-1」と「4-2-3-1」の流動性があるシステム、だったと思うから、それを理想として、という事に、再びトライしても良いのかなと。

つまりは、上記の上の布陣であるならば、右WBの伊東純也が高い位置を取れば、長友佑都、槙野智章、吉田麻也、酒井宏樹、という4バック、右WBの伊東純也が最終ラインまで下がれば、長友佑都、槙野智章、吉田麻也、酒井宏樹、伊東純也、という5バック。そして、上記の下の布陣であるならば、左WBの原口元気が高い位置を取れば、佐々木翔、冨安健洋、三浦弦太、室屋成、という4バック、左WBの原口元気が最終ラインまで下がれば、原口元気、佐々木翔、冨安健洋、三浦弦太、室屋成、という5バック。

あるいは、上記の上の布陣であるならば、守備の時は「5-4-1」で、攻撃の時は、右WBの伊東純也が高い位置を取り、右SHの堂安律が中寄りにポジショニングした「4-2-3-1」、そして、上記の下の布陣であるならば、守備の時は「5-4-1」で、攻撃の時は、左WBの原口元気が高い位置を取り、左SHの中島翔哉が中寄りにポジショニングした「4-2-3-1」で、という事。但し、これにトライする場合には、左SHには乾と中島、右SHには南野と堂安、という方がしっくりきたかなとは思う。

そして、再びトライしても良いのでは、と、なぜ思うのかと言うと、ガーナ戦の時というのは、SHは宇佐美貴史と本田圭佑、ダブルボランチは大島僚太と山口蛍、という布陣であったし、原口は左ではなく右のWBとして使われていたからで、そこが変われば機能する可能性もあるのではないか、と思うから。それから、もう1つには、ロシアW杯の時と同じ「4-2-3-1」であっても、新しいメンバーもいるから、という事はあるが、やはり、早い段階で1つの形に固めすぎない、という事の必要性もあるかなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/10/06 11:45】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<サイドの選手のポジショニングによってディフェンスの枚数を使い分ける、というのは、どのような意図の戦術なのか? | ホーム | パナマ戦とウルグアイ戦に向けて招集されたメンバーについて。>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/10/06 22:44】 | #[ 編集] | page top↑
ブログ主様に質問です。

4バックと5バックの可変システムと言えば、いわゆるボランチの選手がディフェンスラインに下がってくる形が一般的だと思います。サイドの選手のポジショニングによってディフェンスの枚数を使い分けるというのは、どういう戦術なのでしょうか。

狙いやメリット(あるいはデメリット)、この戦術を使うチームなどお教えください。よろしくお願いいたします。
【2018/10/06 19:46】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4218-b70ea5bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |