FC2ブログ
森保監督の目指すサッカーを知るためにもトータルフットボールを理解したい。
トータルフットボールをやるには、コンパクト、ポジションの相互互換性、というものが必要で、それをピッチで表現するためには、規律とポリバレント性が必要である、という事。つまりは、個々の選手たちのクオリティの高さがベースにないとダメ、という事。それから、クライフやメッシのようなスーパーな選手も1人は必要、という事も機能性を高めるポイントになる。ところが、近年は違うかもしれないが、日本には間違った概念でトータルフットボールというものが入ってきてしまっていて、なぜか、全員攻撃全員守備=個の力が弱くても勝てるようになる戦術、という考え方になってしまっていた。おそらくは、本当のトータルフットボールというものをよく知らずに、全員攻撃全員守備という言葉の響きのイメージだけで解釈してしまったのかなと思うのだが、とにかく、その認識は大いに間違っていて、それこそ、正反対の性質のものである、という事。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
そして、そのトータルフットボールの実現性というのは、昔よりも今の方が難しくなっていて、マンツーマンディフェンスが主流であった時代には、流動的に大きく動く事で多くのスペースを作り出す事が容易にできたが、ゾーンディフェンスが主流になっている現在では、特にリトリートされた場合には、なかなかそこにスペースを作り出すという事が難しくなっている。但し、だからと言って、そういう大きな動きであったり、流動的なポジションチェンジであったり、そういうものが全く効果的ではなくなっているのかと言えば、それは全然そういう事はなく、やはりそういう進化した守備にも、ロングランニングやポジションの流動性という動きは大いに効果的で、しかし、昔よりも今の方が、もっとその動きにスピードというものが必要とされてきている、という事はある。

つまりは、昔のサッカーには、まだどこか牧歌的なところがあったが、今は守備が進化した事によって攻撃も進化してきて、昔よりも、もっとスピードというのが要求される、パススピードという事もそうだし、オフザボールの動きもそうだし、また、オンザボールの技術というのも、よりスピードに乗った状態での技術というのが求められてきていて、そういうものが無いと、どんどんスペースが狭くなっている今のサッカーでは活躍するのが難しくなっている、という事は言える。しかし、中央を攻略しない事には、得点を奪う、という事は難しいので、どうやって中央を攻略すれば良いのかと言えば、個人技に優れるような選手を使って、そこを強引にでも攻略する、という事ができれば最良だが、やはり、全てのチームがそれを出来る訳ではないし、また、そういう選手がいても、そういう事ができない場合もあるから、その場合には、まずはスペースがあるサイドを使って、中央の攻略の布石にすると。

サイドに起点を作り、そこから中央に入れる事で、更に相手の守備を中央へと寄せるとか、片方のサイドへ相手の守備を寄せる事により、より反対側のサイドの中央寄りのところにスペースを作るとか、そういう事をやるのだが、つまり、それをやるためには、サイドに個人技に優れるような選手、特に、ドリブルで仕掛けてサイドを崩せるような選手、というのが必要になってくる、という事で、SBにそういうような選手がいれば、その前のサイドにいる選手というのは、その役割をそのSBの選手に任せて中へ入って行く事ができるが、その役割をSBの選手に任す事ができないならば、前のサイドにいる選手がサイドに張って、そういう役割を果たさなければならない、という事になる。

そして、当然、その役割をSBに任せられる、という方が、前のサイドの選手が中央へ参加できるぶんだけ、中央の攻略というのはやり易くなってくる、という事。但し、これは当然、諸刃の剣でもあり、そのSBの能力が攻撃だけではなく守備にも長けていないと、更には、守備にも献身的で運動量が豊富でスピードも持ち合わせていないと、カウンターを受けた時に、そこが大きな穴となってしまうし、もしくは、前線や中盤でのプレスの威力、攻守の切り替えが速くて、そこで相手の攻撃のほとんどを潰せてしまうとか、ポゼッション力が高くて、ほとんど不利な状態でボールを奪われる事がないとか、そういう条件が揃っていなければ、それは実現できない、という事になってくる。

従って、多くのチームの場合には、そういう条件をクリアできないので、それならばSBには守備に長けているような選手を使った方が良い、という事になってきて、SBにどのようなタイプの選手がいるのか、という事によって変わってくる、という事もあるが、その逆も然りで、SBにどのようなタイプの選手を使えるのか、というのは、前線と中盤、特に中盤がどれだけ攻守に威力を持っているのか、それによって変わってくるのではないか、と個人的には思っている。むしろ、そちらのアプローチの方が良いかと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2018/10/11 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<根源でもありプラスαでもある持ち味(個性)をいかに発揮するのか。 | ホーム | トータルフットボールとポジショナルプレー。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4223-b30bd2dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |