パナマ戦 【 世代交代が順調に進みそうな期待感も高まった。しかし、3つの課題有り。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年10月12日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-0」
得点者:南野拓実 伊東純也 オウンゴール




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF  原口元気    南野拓実    伊東純也
MF       三竿健斗  青山敏弘
DF  佐々木翔 槙野智章  冨安健洋 室屋成
GK          権田修一

FW          川又堅碁
MF  原口元気    北川航也    堂安律
MF       三竿健斗  柴崎岳
DF  佐々木翔 槙野智章  冨安健洋 室屋成
GK          権田修一


1対1で激しく、そして、少し急ぎ過ぎているかな、と感じるぐらい、縦へ縦へ、という意識の高さが感じられた攻撃で、ハリルジャパンを思い出させるようなサッカーだったが、コスタリカ戦に続き、スコア「3-0」での勝利、という事になり、森保ジャパンのスタートは素晴らしいものになっている。南野と伊東が2試合連続得点となり、つまりは、新しい選手たちが活躍している、という部分にも高揚感がある。また、攻撃的なポジションの選手たちだけではなく、三竿、室屋、冨安、という守備的なポジションの選手たちも良いパフォーマンスを発揮し、世代交代が順調に進みそうな期待感も高まった。

それから、ずば抜けた、という感じではなかったが、大迫、原口、青山、槙野、という、ロシアW杯主力組あるいはベテラン組も安定感のあるプレーを見せ、本当に、すごく順調だなと思う。しかし、もちろんとして、問題点が無かったわけではない。1つには、「4-2-3-1」の後ろの「4-2」と前の「3-1」、その間が縦に間延びしてしまう傾向がコスタリカ戦から有り、どちら一方が、というよりも、後ろの「4-2」と前の「3-1」が両方共に、もっと縦の距離をコンパクトに保とうとする意識を高める必要があると思う。やはり、そこの前後間の縦が間延びしている時間帯は劣勢だったので。

そして、2つには、1つ目の問題点とも関係しているが、森保監督としては、縦へ縦へ、という攻撃をするにしても、もう少し、ボールサイドへと相手を引き寄せてから、前方や逆サイドへ、前方や逆サイドのオープンスペースへ、という展開の攻撃をしたいと思っているはずなので、そこは不満点として残ったのではないかと思う。前半は青山が、青山がマークされた後半は三竿が、それでも上手くクオリティのある縦パスやサイドチェンジのパスを出せていたので、そして、南野の個人技の高さもあったので、攻撃は3得点と結果は良かったが、1つ目と2つ目の組織的な部分の質は高める必要があると思う。

3つには、クロスへの対応、という部分で、特に左サイドからはクロスを入れられてしまう回数も危険なクロスを入れられてしまう回数も多かったので、左SBの佐々木のパフォーマンスには不満が残った。この試合でも、攻撃面でのクロスにも質を欠いていたし、そもそも、攻撃力よりも守備力で、という事に持ち味があるのが佐々木だと思うから、やはり、守備でこの試合ぐらいのパフォーマンスだと、この先は厳しいと思う。強いチームには必ずと言って構わない程、個の力の高いサイドアタッカーが存在しているので、とりあえずは、長友がいるので大丈夫だと思うが、長友も4年後は厳しいと思うので。

という事で、2試合連続のスコア「3-0」の勝利という森保ジャパンだが、次のウルグアイ戦が、最初の大きな山場になる事は、ほぼ間違い無いと思う。日本がW杯でベスト8やベスト4へ進むためには、ウルグアイぐらいのレベルの相手に少なくとも1回は勝たなければならないから、新戦力も多い日本代表の力が現時点でどの程度なのか、世界との距離を計れる重要な試合になると思う。もちろん現状は、アジアカップに向けて、という事であるから、対ウルグアイの試合での結果は悪くても大きな問題ではないが、4年間でどれぐらいレベルアップしなければならないのか、それはやはり少ない方が良い。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/10/13 11:45】 | 森保ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パナマ戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。伊東純也。三竿健斗。青山敏弘。 】 | ホーム | 根源でもありプラスαでもある持ち味(個性)をいかに発揮するのか。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4225-3ace947f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |