パナマ戦選手評価 【 佐々木翔。室屋成。槙野智章。冨安健洋。権田修一。川又堅碁。北川航也。堂安律。柴崎岳。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年10月12日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-0」
得点者:南野拓実 伊東純也 オウンゴール




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF  原口元気    南野拓実    伊東純也
MF       三竿健斗  青山敏弘
DF  佐々木翔 槙野智章  冨安健洋 室屋成
GK          権田修一

FW          川又堅碁
MF  原口元気    北川航也    堂安律
MF       三竿健斗  柴崎岳
DF  佐々木翔 槙野智章  冨安健洋 室屋成
GK          権田修一


佐々木翔

前を向かせないように、あるいは、スピードに乗せる前に、という事で、体を当てにいった時に、Jリーグレベルなら止められるが、それ以上のレベルになると止められない。少し距離を取って、相手の動きを見定めて対応する、という時に、Jリーグレベルであれば対応できるが、それ以上のレベルになると、どうしても置いてかれてしまう。慣れの問題もあるが、やはり、そういうシーンを減らさないと、アジアカップやW杯を見据えて、という事では、かなり苦しくなるかと。年齢的にも即戦力でなければ難しいかなと。


室屋成

まさに、長友二世、という感じがする。運動量とスピードを備え、SBとしてのポテンシャルは高い。しかしながら、長友二世という意味では、ある程度は長友も克服したように、空中戦であるとか、それから、ビルドアップの時のポジショニング、あるいは、ビルドアップの時の前線へのパスの配給、更に言えば、クロスの精度など、レベルアップさせなければならない能力は少なくないので、それを4年とは言わず、アジアカップまでにも、少しでもレベルアップさせてもらいたい。当然、海外への移籍もしてもらいたい。


槙野智章

吉田と槙野というのは、どの程度までなら、という計算ができる選手になっていると思うので、若手を試す場合でも、吉田か槙野と組ませながら、という事はベターだと思う。ただ、やはり4年後を考えた場合には、CBにもリオ世代や東京世代の台頭が必要、その世代のCBに多くの経験を積ませる事が必要があると思うので、アジアカップにおいては、冨安なのか植田なのか、その他の選手になるのかわからないが、とにかく、1枚は若手選手を使って、という想定で、残りの3試合を考えるようにしてもらいたいところ。


冨安健洋

個人的には、ユース年代の時から、もうフル代表に呼んでも良い、と思っていた選手の1人なので、ようやく、という感じではあるが、さすがに、まだリラックスしてはできていない、という印象ではあった。もう少し慣れれば、もっと良いプレーができると思う。ただ、それでもあれだけのパフォーマンスは見せられたので、やはりポテンシャルは高いと思う。まだ19歳ではあるが、フル代表でも、もっと自信を持ってプレーしてもらいたい。ちなみに、ウルグアイ戦では、ボランチで使ってみるのも有りなのではと思う。


権田修一

一時期はオーバートレーニング症候群に陥り、本田がマネージメントに参加しているオーストリアのSVホルンでプレーしたりもしていたが、サガン鳥栖でのプレーを見る限りでは、かつてのパフォーマンスを完全に取り戻している感じで、日本代表への選出も、特に驚きは無かった。ただ、この試合に関して言えば、クロスに対して、もう少し飛び出して対応するチャレンジをしても良かったのかなと思う。全部が全部とは言わないまでも、2つ3つぐらいは、そうできたクロスの形があったかと思うので。次は期待したい。


川又堅碁
北川航也

川又は、ハリルジャパンの時のE-1サッカー選手権の時もパフォーマンスは良くて、その後のベルギー遠征でも追試される可能性もあるかなというぐらいだったのだが、ハリルジャパンの初期の頃に呼ばれた時と比べて、ポストプレーが明らかに上手くなっていて、追加招集ではあったが、大迫のパフォーマンス次第では、という可能性もあると思う。北川は、あまり持ち味は出せなかったかなと思うが、思ったよりも冷静にプレーできていたし、Jリーグで活躍し続ければ、11月の招集もあるかなと。期待したいところ。


堂安律
柴崎岳

堂安は、思っていたよりも緊張してプレーしているような感じで、もう少しリラックスしても良いかなと。とにかく今は、伸び伸びとプレーしてもらいたい。それでも、守備をきちんとやろう、という姿勢が常に感じられるのは良い所で、そこは無くさないでもらいたい。柴崎は、スタメンではなくても、もう少し長い時間使われるかなと思っていたのだが、原口と比べて、あまり状態が良くないのかなと。ヘタフェでは、ほぼ使われそうな気配が無くなってしまったので、かなり心配なところではある。ウルグアイ戦に期待。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/10/15 11:45】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ウルグアイ戦の重要な観点。ポジショナルプレーと個の力。 | ホーム | パナマ戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。伊東純也。三竿健斗。青山敏弘。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4227-b71effc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |