ウルグアイ戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。三浦弦太。東口順昭。原口元気。青山敏弘。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年10月16日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-3」
得点者:南野拓実  ペレイロ 大迫勇也 カバーニ 堂安律 南野拓実  ロドリゲス




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF  中島翔哉    南野拓実    堂安律
MF       柴崎岳   遠藤航
DF  長友佑都 吉田麻也  三浦弦太 酒井宏樹
GK          東口順昭

FW          大迫勇也
MF  原口元気    南野拓実    堂安律
MF       遠藤航   青山敏弘
DF  長友佑都 吉田麻也  三浦弦太 酒井宏樹
GK          東口順昭


長友佑都
酒井宏樹

安定のパフォーマンスだったと思うが、早いタイミングでSBが高い位置に上がる、というやり方において、かなり注意しなければならないのは、その上がるタイミングの時にボールが相手に渡ってしまうと、その瞬間、一気に裏返されてしまうし、そして、SBが上がった裏のスペースを使われてしまい、という事。そこはやはり、森保監督が要求している1つの戦術ではあると思うが、リスクを軽減する、という事のためには、しっかりボールが収まった、繋がった、マイボールになった、という事を確認してから上がらないと、守備がザルになってしまう可能性もある。相手が分析してきた時には、そこを意図的に狙われる、という事にもなってくると思うから、自己判断、あるいは、森保監督と相談して、そのあたりをどうするのか、という事を、きちんと確認しておいてもらいたい。


吉田麻也
三浦弦太

カバーニを2人でケアする、というよりも、どちらか一方の選手がカバーニをケアし、相手のもう1枚のFWもしくはトップ下の選手を、カバーニをケアしていない方の選手がケアする、というような守り方をしていたが、それはつまり、そこが1対1になりがち、という事であるから、やはり、リスクを軽減する、という事のためには、きちんと数的優位を担保して守る、という事の方が良いと思う。ボランチかSBか、そこのポジションの選手を後ろに1枚残し、相手が2枚ならば、こちらは3枚で、という事。更には、吉田はファールで失点に繋がったセットプレーを与え、三浦も失点に繋がった判断ミスのバックパスが有り、やはり、日本の失点の多くは、そういう個の悪いプレーやミスから生まれるので、そこは当然、個のクオリティを上げないと、なかなか失点は減らないと思う。


東口順昭

足元の技術力、そして、近くへのパスを選択する時の判断力、というのは、しっかりと上げてもらいたい。セービングの能力は大丈夫だと思うが、森保監督が求めるサッカー、または、現代サッカーがGKに求める能力、という事においては、そこは高いレベルでこなせないといけないので。森保ジャパンになってからのGKは、東口、権田、シュミット・ダニエル、という3人が継続的に選出されているが、誰を正GKにするのか、という事の1つの判断材料として、そこは大きく重視するのではないだろうか。もちろん、セービングの良さ、安定が第一ではあると思うが、そこに大きな差が無ければ、だと思う。


原口元気
青山敏弘

原口については、試合に、守備的に入るのか、攻撃的に入るのか、つまりは、守備的に入るならば原口をスタメンで、攻撃的に入るならば中島をスタメンで、という事になると思うのだが、1つの考え方としては、中島をFWまたはトップ下の枠として選出し、左SHの枠では原口と乾を選出する、という事も有りだと思う。青山については、前回の記事でも書いたように、パスのクオリティの高さは認めるが、どうしても、動きがもっさりしているような感じで、やはり、そのスピード感だと、特に守備においては、とても難しいと感じる。柴崎と青山の枠のところは、もしかしたら、再考が必要なのではないか。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/10/19 11:45】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<森保ジャパンについての3つのキーワード。 | ホーム | ウルグアイ戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。中島翔哉。堂安律。柴崎岳。遠藤航。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4231-9be410ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |