ヴィッセル神戸について少し。サガン鳥栖についても少し。
J1、第30節、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸。スコア「1-3」とヴィッセル神戸がリードしながら、最終的にはスコア「5-3」で川崎フロンターレが勝利した試合だが、昨シーズンの王者で今シーズンも優勝に一番近い位置にいる川崎フロンターレと、イニエスタが加入したヴィッセル神戸の試合は、今シーズンを象徴する対戦カードだったと思うので、その試合について少し書いてみたい。まず、注目だったのはヴィッセル神戸の布陣で、ポドルスキをトップ下にした「4-3-1-2」というシステムだった。

個人的には、この布陣がベターだと思っているのだが、個人的に思っているのと違う部分は、これをゼロトップ、ポドルスキの偽CF、という感じにしたい所。そのためには、まず2トップはワイド2トップにしたくて、それに古橋は適したFWだと思うのだが、ウェリントンは違うかなと。ウェリントンも守備はする方だが、やはり、タイプ的にはCFなので、ワイド2トップ的なFWとしては適さないと思う。ただ、可能性としては無いわけでもないので、とりあえずはウェリントンでも、まずはワイド2トップにすると。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
そして、ハイプレスをかけながら、その時は2トップの形だが、例えばそこから、相手の右SBが上がった場合には、それには古橋が付いて行き、相手の左SBが上がった場合には、それにはウェリントンが付いて行き、という、「4-1-4-1」のような感じで守ると。という事は、当然その時には、トップ下のポドルスキが1トップ的に、CF的に最前線に残っていると。まずは、この形がベース。この試合では、1回だけ気合の入った守備を見せたポドルスキだが、やはり基本的には常に守備をする選手ではないので。

この試合は、先制点を奪われながらも、オウンゴールと古橋と三田のゴラッソでスコア「3-1」とヴィッセル神戸が2点のリードを奪い、しかし、そこからヴィッセル神戸はシステムを「4-3-1-2」から「4-4-2」へと変更して、結果、スコア「5-3」と負けてしまうわけだが、その変更が仇になったのかどうかはわからない。どちらにしても、やはり、川崎フロンターレの攻撃力とヴィッセル神戸の守備力を比べた場合には、システムが云々よりも、川崎フロンターレの攻撃力の方が上回っていると思うので。

やはり、そこというのは、アフメド・ヤセルの補強はあったが、ポドルスキもイニエスタも守備力には期待できない(イニエスタはポゼッションによる守備力には期待できるとは思うが)ので、その他のDFやMFには守備力の高い選手を揃えないと、守備はザルになってしまうと思う。もちろん、グアルディオラ時代のバルサ化を目指していると思うので、守備はポゼッションで、という事だとは思うが、そのためにはハイプレスもセットである必要があるし、少なくとも2枚のCBとアンカーには守備力の高い選手が必要。

「4-4-2」にして守備的にする、という方法は、グアルディオラ時代のバルサには無かったので、リージョ監督は、そこに関しては少し違う考え方を持っているのかもしれないが、やはり、それをするのであれば尚更、MFにもSBにも守備力の高い選手が必要だと思う。日本の選手たちによるサッカーの場合には、「4-4-2」で守備ブロックを作ってゾーンディフェンスをやれば、それなりに守れるだろう、という事は無いので。特に川崎フロンターレのようなチームを相手にした場合には、かなり難しいだろうと。

それから、イニエスタは、既にゴラッソを2つ決めてはいるが、やはり基本的には、1シーズンおいて、それほど多くの得点を決めるタイプの選手ではないので、そして、ポドルスキも全盛期はとっくに過ぎているので、そういう意味では、もっと得点力のある選手の補強、という事も必要であると思う。やはり、高い理想を掲げるのであれば、またそれが、グアルディオラ時代のバルサ化であるならば、もっと個の力の高い選手たちを集める必要があると思う。監督をリージョにして、イニエスタがいれば、とはいかないと。

ちなみに、F・トーレスがいるサガン鳥栖にも少し触れておきたいのだが、一番気になるのは、上手く守備が連動していかない、という部分。一人ひとりの対応、寄せ、というのが、常にワンテンポ遅れる、後手、後手、という感じになるので、守備が上手くハマっていかない、という感じがする。フィッカデンティ監督のサッカーが、特に守備の方法が、なるべく高い位置で、というものではなかったので、その影響からだと思うのだが、監督が交代して、まずやるべき事は、上手く守備を連動させる、という部分だと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/10/23 11:40】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2つの要素の連動性、共通認識、というものが、強い組織においては存在していなければならない。 | ホーム | 【 乾貴士 】 乾は後半15で交代。持ち味が出せない苦しい状況。 【 ベティス vs バリャドリッド 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4234-afbe08e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |