FC2ブログ
ドバイカップUー23へ向けてのメンバーについて。
小島亨介 滝本晴彦 山口瑠伊
板倉滉 立田悠悟 大南拓磨 小林友希
杉岡大暉 長沼洋一 藤谷壮 橋岡大樹
中山雄太 松本泰志 伊藤洋輝 齊藤未月
伊藤達哉 岩崎悠人 三好康児 久保建英
小川航基 上田綺世 田川亨介 菅大輝

堂安と冨安はフル代表の方へ行っているが、それでも、かなり注目できる選手たちが揃っている印象。1つ下の世代からもポテンシャルのある選手たちを招集した事によって、更にチームが活性化されるのではないだろうか。もしかしたら、可能性としては、今回のドバイカップでの大きな活躍があれば、アジアカップのメンバーに選ばれる、という事もあるかもしれない。特に、既にJ1のクラブで主力的に出場できている選手たち、それから、海外のクラブでプレーしている伊藤達哉には、その可能性が大きくあると思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
そのなかで個人的に最も注目しているのは中山雄太。冨安と比肩できるCBあるいはボランチの逸材で、能力の高い左利きのCBあるいはボランチ、というのは、とても貴重であり、もしフル代表の方で、CBやボランチにパフォーマンス的な不足を感じる選手がいた場合には、尚且、今回のドバイカップで中山が良いパフォーマンスを見せた場合には、アジアカップのメンバーに加えても良いと思う。場合によっては左SBの枠で、という事でも有りだと思う。堂安、中山、冨安、ポジション的なバランスとしてもそう思う。

しかし、もちろん注目なのは中山だけではなく、フル代表ではCFの層が薄いので、小川や大学生の上田には期待したいし、2列目、SHは戦力的に充実しているが、それでも、伊藤と久保はとてもポテンシャルの高い選手たちで、次のW杯ではフル代表のメンバーになっていてもおかしくない。それから、伊藤洋輝は左利きの大型(188センチ)ボランチであり、もし本格化したら、という期待は強い。SBも、杉岡、長沼、藤谷、橋岡、と、既にJ1のクラブで主力的にプレーしている選手もいるし、身体能力も良いと。

そして、CBは、板倉と立田は既にJ1のクラブで主力的にプレーしているし、身長も186センチと189センチで、この2人も今回のドバイカップでの活躍によっては、という可能性もあると思う。もちろん、他の選手についても、それぞれ下の世代の代表で活躍していたり、特長のある武器を備えている選手たちが多いので、どのような活躍を今回のドバイカップで見せてくれるのか、とても期待感がある。むしろ、アジアカップに向けてのフル代表は、かなり固まってきているので、こちらの方が面白いかもしれない。

そして、個人的には、こちらの方も、アジアカップに向けてのメンバー選考の要素もあるのではないかと思っていて、冒頭でも書いたように、特に、既にJ1のクラブで主力的に出場できている選手たち、それから、海外のクラブでプレーしている伊藤達哉、というのは、今回のドバイカップで大きな活躍を見せれば、アジアカップのメンバーに抜擢される可能性もあると思う。むしろ、そうであって欲しいし、そうなって欲しい。フル代表とアンダーカテゴリーの代表、その垣根を越える選手たちが、もっと増えて欲しいと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2018/11/09 11:39】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】 左サイドからの攻撃で殴り合い。乾の状況は厳しくなっている。 【 バルセロナ vs ベティス 】 | ホーム | ベネズエラ戦とキルギス戦へ向けてのメンバーとその後について。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4249-b459f64f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |