アジアカップに向けて。攻守で突き詰めておきたい部分。
突き詰めるべきは、やはり、守備からの攻撃、という事だと思う。アジアカップでは、日本との試合では、相手が守備的な戦い方をしてくる場合も多くなると思うのだが、当然、そういう試合になった場合には、ポゼッションして、そこからどうやって守備的な相手の守備を崩して得点を奪うのか、という事になるとは思うが、それでも、やはり一番のチャンスになると思うのは、まずは何らかの形で仕掛け、そのセカンドボールを奪って、という事からの攻撃、つまり、奪った瞬間からの攻撃、という事になると思っている。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
綺麗に崩そう、という事よりも、まずは圧力のある攻撃を仕掛け、そして、それで良い形でクリアさせない、あるいは、クリアミスを誘発させて、つまりは、その瞬間というのは、しっかり守っている相手の守備も、瞬間的にはエアポケットのような状態になると思うので、そこから手数をかけずにシュートまで、という事を狙った方が難しくないと思う。特に今の日本代表には、シュート力のある選手たちが特に2列目には揃っているので、そこまで綺麗に崩さなくても、一瞬のシュートコースを生み出せば決められるはず。

そして、そこまでもまた、そのシュートのこぼれ球に対して詰める、つまりは、やはりセカンドボールを奪って、という事であり、そういう攻撃を連続させた波状攻撃を突き詰める、という事が、最も効果的な攻撃になるのではないだろうか。ゆったりしたペースに持ち込まれ、そして、綺麗に崩そうとする攻撃に相手の守備が慣れてしまい、という事での膠着した状態になってしまう事が、アジアにおいては、ある意味、打ち合い、殴り合い、という試合になるよりも怖い。やはり、一気呵成に、という攻撃を突き詰めたい。

守備については、まずはセットプレーの守備、という事は言うまでもないが、ただそこは、相手のセットプレーを分析し、という要素も大きくあるので、アジアカップ前、アジアカップに入ってから、試合前に対策をして、という事が重要になってくると思うのだが、もう1つ、やはり注意したいのは、守備から攻撃に切り替わった瞬間、特に日本あるいは森保ジャパンの場合には、守備から攻撃に切り替わった瞬間、SBが高い位置へ上がる、という事をマストとしてやるはずと思うので、その瞬間を狙われない、という事。

それが低い位置ではなくても、完全に裏返されてしまった場合には、一気にゴール前まで攻め込まれてしまう、という事は、相手がアジアでも高い可能性としてあり、もしそれが直接失点には繋がらなくても、その対応で退場者を出したり、あるいは、その流れからセットプレーとなり、という事は、最も嫌な流れであると言える。特に今回のアジアカップは中東のUAEで開催されるので、中東のチームが相手の場合には、そのリスクは高まると思っていて、そこは慎重さを持って戦わないと、痛い目に合うような気がする。

まだセレクションの要素も大きいとは言え、11月の2試合は、アジアカップ前の最後の2試合であり、ある程度はアジアカップを意識した戦い方で、という事をやっておく必要があると思うし、それがやはり、前述した攻守の部分になってくると思う。ポゼッションした状態でも、ショートカウンター気味の攻撃であったり、ポゼッションに入る時の、特にその一歩目や二歩目ぐらいのところでボールを奪われない、という事。むしろ、そこのクオリティさえ高ければ、アジアでベスト4以下になる、という事は無いと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/11/16 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ベネズエラ戦 【 守から攻への切り替えの部分で更に上のサッカーを目指すべし。 】 | ホーム | 守田英正と杉本健勇を招集。アジアカップに向けてのラストチャンス。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4253-89552e01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |