ベネズエラ戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。中島翔哉。堂安律。柴崎岳。遠藤航。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年11月16日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:酒井宏樹 リンコン(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF  中島翔哉    南野拓実    堂安律
MF       遠藤航   柴崎岳
DF  佐々木翔 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK       シュミット・ダニエル

FW          杉本健勇
MF  原口元気    北川航也    伊東純也
MF       遠藤航   柴崎岳
DF  佐々木翔 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK       シュミット・ダニエル


大迫勇也

ラストパスが大迫のところへ届いていれば確実に得点、というシーンもあったし、ポストプレーは相変わらず秀逸だったし、とても良いパフォーマンスだったと思う。ただ、物足りさもあって、それは、自分でシュートを打ちにいくシーンが少なかったりとか、1回チャレンジしたシーンもあったが、近年ではポストプレーヤータイプの選手でも、サイドに流れてボールを受けてドリブルで仕掛けたり、低い位置でボールを受けた時には自分でドリブルでボールを前へ持ち運んだり、という事もするようになっていて、おそらく、そういう部分が、ブレーメンで他のポジションで使われてしまう理由の1つだと思う。


南野拓実

今回の試合では、トップ下の位置では相手のアンカーが、FWの位置では相手のCBが、という感じに、しっかりマンツーマン気味に対応されていて、そこの1対1で競り勝てれば、というのはそうなのだが、そうやってマンツーマン気味に対応されているならば、例えばトップ下の位置であった場合には、南野が相手の1枚であるボランチを引き付けられる、という事であるから、それを利用してスペースメイキングの役割をする、という事を主にしても良い試合だったかなと。おそらく、同じ状況だった場合、香川や本田なら、そういう感じにプレーしていたと思う。そのあたりも、もちろん、経験だと思うが。


中島翔哉

ボールを持って、仕掛けたり、ボールをキープする形で「ため」を作ったり、ドリブルで相手を剥がす事で「ため」を作ったり、9月や10月の試合よりは苦しんでいたが、それでも、やはり効いていたと思う。3試合ぐらいやって、相手がきちんと中島という選手を分析し対応してくれば、この試合ぐらいのやり難さというのは普通になってくると思うので、そういう状況になってから、確実に1つはアシストなり得点なり、という事ができるのか否か、そこが1つの乗り越えるべき壁になってくると思う。プレーのやり方としては、何かを変える必要は無いので、更に個のプレーをレベルアップさせるだけだと。


堂安律

1つ、最後は利き足ではない右足でのシュートにはなったが、自分の力で作り出した決定的なシーンと、それから、右からダイアゴナルな動きでゴール前へと入り、効き足である左足でシュートしたシーンと、決定力は欠いてしまったが、パフォーマンスとしては上々だったと思う。後は、やはり中島と同じで、相手がきちんと堂安という選手を分析し対応してくれば、この試合ぐらいのやり難さというのは普通になってくると思うので、そういう状況になってから、確実に1つはアシストなり得点なり、という事ができるのか否か、そこが1つの乗り越えるべき壁になってくる、という事。確実に研ぎ澄ましたい。


柴崎岳

数としては少なくても、その位置やそのタイミングでのパスミスは痛い、というパスミスは減らさなければならないと思う。今回の試合では、良い守備もあったし、良い縦パス、良いフィードもあったので、その位置やそのタイミングでのパスミスは痛い、というパスミスさえ無ければ、印象は大きく変わると思うから、そこは強く意識してもらいたい。後は、やはり、キープする時はしっかりキープして、または、相手を1枚剥がす形でキープしてから、きちんとチームが守から攻へと切り替えるスイッチ役となる、という部分。おそらく、そこも良くならないと、どこであってもクラブでの出場は増えないかと。


遠藤航

今までの試合と比べ、やや効いてなかったかな、という印象だったが、しかし、遠藤のようなタイプの選手の場合、マンツーマン気味に対応されたり、前でのプレスがハマった状態でのボールを奪うプレーができなかったり、という事になってくると、やや効果的にプレーするのは難しくなるので、そこは仕方なさもあったと思う。ただ、そういう場合、ビルドアップの時に下がってボールを捌く役割を、柴崎ではなく遠藤がやるようにするとか、ゾーンを守る方を主にするように切り替えるとか、そういう事も自らできるようになると大きく変われると思う。やはり、常に効いてないといけないポジションなので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/11/18 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ベネズエラ戦選手評価 【 佐々木翔。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。シュミット・ダニエル。杉本健勇。北川航也。原口元気。伊東純也。 】 | ホーム | ベネズエラ戦 【 守から攻への切り替えの部分で更に上のサッカーを目指すべし。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4255-f2a2b857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |