キルギス戦 【 アジアカップのメンバーに選ばれそうなのは誰か? 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年11月20日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-0」
得点者:山中亮輔 原口元気 大迫勇也 中島翔哉




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          杉本健勇
MF  原口元気    北川航也    伊東純也
MF       守田英正  三竿健斗
DF  山中亮輔 槙野智章  三浦弦太 室屋成
GK          権田修一

FW          大迫勇也
MF  中島翔哉    南野拓実    堂安律
MF       守田英正  柴崎岳
DF  山中亮輔 吉田麻也  三浦弦太 室屋成
GK          権田修一


前の3枚、2トップもしくは1トップとトップ下、それと、右SHに関しては、どちらがスタメンか、ではなく、2番手や交代で途中出場する選手たちとして、杉本、北川、伊東、という3人が、それに相応しいのかどうか、アジアカップで戦力となれる見込みが一定以上あるのかどうか、という事が試された試合だったと思うのだが、今回の試合で最もその可能性を見せたのは、北川だったかなと思う。ベネズエラ戦とは変わり、縦パスをハーフスペースなり、相手のDFとMFの間のスペースで上手く受けられていて、もちろん、そこからのプレーの質、というものを欠いてしまったシーンもあったが、杉本へのパスとか、アシストになった大迫へのパスとか、とても質の高い良いプレーだったと思うし、個人的には、合格点、アジアカップのメンバーに選んでも良いと感じた。

伊東については、決定的だった2つのシーンで、1つでも決められていたら、コスタリカ戦とパナマ戦でも得点を取っているし、確定が出たかなと思うのだが、どうなるのかは、もしかしたら、柏レイソルがJ1に残留できるのか、という事も含めて、今回の試合後の所属クラブでのパフォーマンスと結果次第、という事になってくる可能性もあるかなと。特に途中出場からにおいては、起用のビジョンが、かなり明確に見える選手なので、おそらく、そこはプラスに作用するとは思うのだが。杉本については、そこまで悪くはなかったと思うのだが、他のFWの怪我やパフォーマンス次第、という事になるかなと思う。今まで招集された事がある選手たちは当然として、そうではない選手たちでも、実績があったり期待されるFWは数人いるので、その選手たち次第になると思う。

そして、ボランチについては、守田がとても良かったので、遠藤航、三竿、守田、この3人は確定になったのではないかと思うのだが、問題は、柴崎を選ぶのかどうか、という事になってきたような気がする。今回の試合を見ても、残念ながら、柴崎のパフォーマンスというのは、満足できるレベルではない。ただ、青山にしてもそうであるし、大島と山口は、また怪我で、という事が大きく危惧される2人であるし、ベテランの今野あたりを選ぶか、五輪代表から中山あたりを選ぶか、それとも、やはり復調に期待して柴崎か、最初のプラン通りに青山か、もしくは、大島か山口を選ぶか、そこが難しくなったかなと思う。個人的には五輪代表の中山を推したいのだが、あるいは、中村憲剛とかも、実は面白いのではないかと思っている。とにかく、そこは大きな注目になるかと。

SBは、この試合の山中は良かったと思うのだが、この試合だけでは確定させられないところもあるし、長友がどうなるのか、という事も大きいので、とは思うのだが、個人的には、山中はアジアカップのメンバーに選んでも良いのではと感じた。もう少し守備を確かめられる試合になれば、とか、クロスはもう少しだったな、とか、そういう印象もあったが、やはり、左足から繰り出されるシュート力、というのは大きな魅力であるし、4年後を見据え、という事も考えれば、と思う。もちろん、室屋も同じ。CBは、冨安の怪我はアジアカップまでには大丈夫だと思うのだが、槙野にするのか、三浦にするのか、昌子にするのか、植田にするのか、あるいは、五輪代表から板倉や立田を、という事も有りだと思うし、今回の4人がそのままになるのかどうかは不確実かなと思う。

GKについては、東口順昭、権田修一、シュミット・ダニエル、おそらくは、この3人で、という事になると思う。しかし、ベネズエラ戦でシュミット・ダニエルが良いパフォーマンスを見せたので、どの選手が正GKになるのかは、わからなくなった。それぞれ特長も違うので。という事で、来年1月のアジアカップ前の試合は、今回のキルギス戦で全て終わった、という事になったが、決められたのは70%から80%ぐらい、という感じになっているかなと思う。そういう意味では、今回の2試合のメンバーに選ばれていなくても、まだ選ばれる可能性は、数人程度は残っていると思うから、12月もサバイバルは続くと思って良いと思う。当然ではあるが、アジアカップでの試合というのは、これまでの親善試合とは違う。つまりは、そこで得られる評価も違う、という事。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/11/21 11:39】 | 森保ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<キルギス戦選手評価 【 杉本健勇。北川航也。原口元気。伊東純也。守田英正。三竿健斗。 】 | ホーム | アジアカップのメンバーに選ばれるためには?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4258-3964fb79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |