FC2ブログ
イニエスタとF・トーレスを通して見えるJリーグの現在と未来。
わかっていた事ではあるが、やはり、実際にJリーグで、多くの日本人選手たちの中で、イニエスタやF・トーレスがプレーしているのを見ていると、そのクオリティの差がハッキリと感じられた気がする。技術の高い選手が多い、と評される事が多い日本人選手だが、グアルディオラ時代のバルサのようなサッカーをしたい、という事においては、少なくとも、イニエスタと同じぐらいのレベルの技術力を持ち得ている選手が3人ぐらいは必要である、と思っていて、やはり、その域には、まだまだ遠いように感じられる。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
マンチェスター・ユナイテッドへ移籍する前のドルトムントでの香川、マンチェスター・ユナイテッドでの1年目ぐらいまでの香川、つまり、2010年から2012年頃ぐらいの香川というのは、個人的には、技術力において、もう少しでイニエスタぐらいのレベルに、という事を感じていたのだが、もしそうだったとしても、そういう選手が一人いるかいないか、という状況では、グアルディオラ時代のバルサのようなサッカーで世界と、W杯で、というのは無理だったかなと。もう一人いたとしたら遠藤保仁ぐらいか。

バルサでも、まだメッシは力を保って存在しているし、まだブスケツやピケもいるが、そして、ラキティッチやJ・アルバやコウチーニョなどは、とてもレベルの高い選手たちであると言えるが、それでもやはり、グアルディオラ時代のバルサのようなサッカーを、という事においては、全盛期のイニエスタとシャビがいたからこそ、というのは否定できず、そう考えると、かなり無理があったと感じる。イニエスタがJリーグへ来て、そのレベルの技術力を持つ選手が3人ぐらいは同時期に出て来る布石になれば、とは思う。

そして、F・トーレスについては、彼の場合は、全盛期と今ではプレースタイルが明らかに変化していて、スピードを活かして多く得点を取っていた全盛期から、今はポストプレーヤータイプの選手に変化しているのだが、それでも、やはり日本人選手と比べて明らかに体は強いし、イニエスタとは異なる性質なのだが、やはり技術力も高いし、という事を、Jリーグの中で見ると改めて実感する。それがやはり、世界で、W杯で、という事においての最低限だと思う。そのF・トーレスも今は代表ではない、というレベル。

つまりは、それ以上に強かったり巧かったりする選手たちが、グループステージでもいる、トーナメントステージでは、当然、更にそうである、というのが現実で、Jリーグでプレーしている日本人選手たちが、それを感じたり意識したりできるようになると、あるいは、そうできるようになれば、それが、イニエスタやF・トーレスなどをJリーグに呼んだ最大の効果となるように思う。Jリーグでプレーしていると、なかなか感じられない世界のトップのレベル、世界との差、W杯でプレーするためのレベル、という部分。

それから、1つ思うのは、Jリーグの創成期からある時期まで、多くのイニエスタやF・トーレスぐらいのレベルの外国籍選手たちがいた時代、その時代のJリーグを体験している人たちにとっては、そういう選手たちが、ほぼいなくなってしまった時期のJリーグには物足りなさを感じてきたのではないかと思うのだが、それが再び繰り返されないで欲しい、という事と、その喪失感を生まないために、Jリーグの日本人選手たちのレベルが、より早く上がって欲しい、という事。むしろそれは、マストだと言えると思う。

そういう意味では、約4年後には次のW杯も訪れるが、そして、その間には東京五輪もあるが、Jリーグにとっても、その2018年から2022年までの約4年間というのは、とても重要な時期になると思っていて、そこで大きくレベルを上げる事ができないと、世界のトップとの差は、縮まらないどころか更に広がってしまうかなと。今のような成長の大きなチャンスの時期というのは、継続される可能性もあるが、そうならない場合もあるし、途切れてしまった場合には、次のチャンスの訪れは、簡単ではないと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2018/12/06 11:39】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【 乾貴士 】 久々のスタメン出場、フル出場ではあったが、アピールに成功できていたとは言えなかった。 【 ベティス vs ラシン・サンタンデール 】 | ホーム | 【 柴崎岳 】一見すると、日本のサッカーとは遠いようなイメージを抱くヘタフェのサッカーだが。 【 ヘタフェ vs エスパニョール 】>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/12/08 05:11】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4267-930923c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |