逆転勝利。安部裕葵のパフォーマンスが素晴らしかった。 【 鹿島アントラーズ vs グアダラハラ 】
試合 :クラブW杯 準々決勝
開催日:2018年12月16日
結果 :鹿島アントラーズ勝利
スコア:「3-2」
得点者:サルディバル 永木亮太 セルジーニョ(PK) 安部裕葵 プリド(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 鹿島アントラーズ 】

FW セルジーニョ 土居聖真
MF レアンドロ レオ・シルバ 永木亮太 遠藤康
DF 山本脩斗 昌子源 チョン・スンヒョン 内田篤人
GK クォン・スンテ

FW セルジーニョ 土居聖真
MF 安部裕葵 レオ・シルバ 永木亮太 遠藤康
DF 山本脩斗 昌子源 チョン・スンヒョン 内田篤人
GK クォン・スンテ

FW セルジーニョ 安部裕葵
MF 安西幸輝 レオ・シルバ 永木亮太 遠藤康
DF 山本脩斗 昌子源 チョン・スンヒョン 西大伍
GK クォン・スンテ


トップ・ギアで試合に入ってきたグアダラハラに対し、インテンシティ負けもあって、前半3分に失点してしまった鹿島アントラーズ。その後も、バーに当たったり、クォン・スンテのファインセーブが無かったら、前半で3失点はしていたような劣勢だった。しかし、後半のスタートから、レアンドロとの交代で安部を入れると、攻撃が活性化する兆しが見られ、後半4分、鹿島アントラーズが永木のゴールで同点に追い付く。そこからは、前半とは優劣が反対になった感じで、後半24分にはPKを得てセルジーニョが得点、そして、後半39分には安部がゴラッソ、という事で、鹿島アントラーズが逆転し、スコア「3-1」とリード。最後にPKでの失点はあったが、スコア「3-2」、アジア王者の鹿島アントラーズが北中米カリブ王者のグアダラハラを破って勝利を収めた。

この試合の勝利の立役者は、安部裕葵、チョン・スンヒョン、クォン・スンテ、という3人。攻守共に機能していなかったレアンドロに対し、起点となり、良いドリブルも見せ、守備でも貢献し、そして、得点も取った安部のパフォーマンスは素晴らしかった。まだ19歳の選手で、東京五輪世代の2列目にも有望な選手たちは多いので、中島や南野も成長し活躍し続けないと、瞬く間に追い抜かれてしまう可能性もあるかなと。それから、CBのチョン・スンヒョンは、やや危ないプレーもあったが、高い存在感でグアダラハラの攻撃を弾き返し続けていたし、GKのクォン・スンテもファインセーブだけではなく、1点目の起点となるフィードも素晴らしかったし、終始安定した高いパフォーマンスを見せ、おそらく、その2人の韓国人選手の活躍が無かったら、勝てなかったかと。

鈴木優磨と三竿健斗が負傷で離脱してしまい、かなり厳しくなるかなと思ったのだが、実際、その影響はあったかなとは思うのだが、とにかく、これで次の準決勝では欧州王者のレアル・マドリードと、という事が実現できたので、リベンジでもあるし、本当に楽しみとなった。特に安部の活躍には期待したい。ちなみに、グアダラハラについては、100%メキシコ人のチーム、という事で、攻撃力に比べて守備力の低さとか、スタミナの問題なのか、戦い方の問題なのか、精神性の問題なのか、波のあるパフォーマンスとか、そのあたりが、メキシコがもう1つ上のレベルに上がれない大きな原因になっているのかな、という事を思わせた。従って、そういう意味では、そこの部分は反面教師にしたい、と思うわけで、まだメキシコが乗り越えられていない壁を日本は乗り越えたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/12/16 11:39】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 浅野琢磨 】【 原口元気 】 相手が強かったので難しさはあったが。 【 ハノーファー vs バイエルン 】 | ホーム | ここで残した活躍、結果、というのは、4年後のW杯のメンバー入りの大きなアドバンテージになる。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4272-16903969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |