今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2018年も御愛読ありがとうございました。
何年も応援してくださっている皆様、それから、2018年から新たに応援してくださっている皆様、今年も、本当にありがとうございました。多くの皆様に支えられ、2018年も、このブログを継続させられました事に、心からの感謝を申し上げたいと思います。2006年のドイツW杯からスタートし、来年、2019年で13年目になるこのブログですが、2019年もまた、最後まで続けて行けたら良いなと強く思っています。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
早速ですが、今年の日本サッカー界を表す漢字一文字は、「違」、にしたいと思います。違いの「違」であり、違和感の「違」であり、という事が、概ねの意図でありますが、まずは、ハリルホジッチ監督の解任についての違和感、という事において、成績不振は該当しないと思うし、ハリルホジッチ監督の日本のサッカーや選手たちへのリスペクト、という事に関して言っても、逆に、ハリルホジッチ監督の選手時代の輝かしい実績だとか、それから、監督となってからの実績だとか、そういうものに対する日本側のハリルホジッチ監督へのリスペクト、というものが、最初から薄かったような印象もあり、そこに関しては、結局、お互い様だったのではないだろうか、という気が今でも強くしている。

また、合う合わない、という事に対する違和感も今だに強く、スタイルの問題、という事に関して、ジーコ監督は選手たち任せに寄り過ぎた、ザッケローニ監督は選手たちのやりたいサッカーに譲歩し過ぎた、という事の反省に立てば、という事もそうであるし、それから、自分たちのサッカーという長所だけでは難しい、短所も補わなければ、という事もそうであるし、大前提として、ハリルジャパンというのは、そこを出発点として、約3年後のW杯を見据えながら、という事であったから、そもそも、合う合わないの議論というのは的外れだと思える。簡単に言えば、合わないのはわかっていたけど、あえて成長のために、という事だったのであり、やはり、合う合わないの議論には違和感がある。

そして、ロシアW杯の日本代表についても、ポーランド戦については違和感しかないし、川島への評価とそれに付随するGKへの評価についても違和感を感じるし、日本のサッカーの未来を考えるにおいて、より重要なのはグループステージの3試合であると思うだが、ベルギー戦ばかりに注目され過ぎていて、という事への違和感もある。そもそも、西野監督や西野ジャパンへの評価も、ポゼッションサッカーや選手たちの自主性を重んじる、という最初の目論見は、W杯前にあった親善試合の最初の2試合が終わった時点で、半分は路線変更、ハリルジャパン路線に戻す、という事を余儀なくされたし、博打的な要素が大きかったり、ポーランド戦とベルギー戦での采配には力不足が強く感じられた。

森保ジャパンになっても、代表監督は日本人が良いのか外国人が良いのか、というのは、まさに、その監督の能力や人格による、という事が大きく、ほぼ不毛な議論であるように思えるし、それから、特に中島や南野や堂安という3人に対してのメディアの過剰な持ち上げ方には、強い危機感や違和感を抱くのは否めない。もちろん、選手たちには、そういう過剰な期待や、その逆の強い批判というプレッシャーに打ち勝って活躍できる選手になってもらいたいと思うし、そうでなければ一流選手にはなれないと思うが、もう少し丁寧さを以って、という事は強く願う。さて、来年はアジアカップという大きなイベントからスタートしますが、それが良い結果となる事を願い、今年を終えたいと思います。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2018/12/31 11:39】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<本質的な部分でのシステムの理解につながる1つの考え方。 | ホーム | 個の能力って何? 個の能力が高いってどういう事?>>
コメント
いつも楽しく拝見させていただいております。
ブラジルワールドカップで露呈した日本代表の脆さを補うため、代表にメスを入れようとしていたハリルホジッチがあのような形で解任されてしまったことは個人的にもとても残念に思います。
目指すものは柔軟性・多様性であり、ポゼッションも縦に速いサッカーもどちらもあくまで戦術。大切なのは戦術を実行できる選手の高い個の力。
そういう意味でデュエルの意識を落とし込もうとしていたハリルホジッチの人選は間違っていなかったと思います。
【2019/01/02 00:58】 URL | #-[ 編集] | page top↑
来年は「旬」な選手に期待したいです。
中島、堂安の活躍が見たい!
【2019/01/01 17:44】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4283-27cbdd84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |