やはり、書きたい事を書きたい、という事で、ロシアW杯のポーランド戦について。
FW       岡崎慎司  武藤嘉紀
MF 宇佐美貴史            酒井高徳
MF       山口蛍   柴崎岳
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣

むしろ、最後の10分間の事ばかり言って、批判の目を逸らさせているように思える。そもそもとして、ロシアW杯のポーランド戦については、その最後の10分間を云々の前に、このスタメンで戦った事に問題があって、その前提から最後の10分間の話をしなければ、きちんとした議論にならないと思う。という事で、このスタメンの問題点だが、1つにはやはり、前の2試合で良いパフォーマンスではなかったポーランドだったとしても、消化試合ではない状況で、大迫、香川、乾、原口、長谷部、昌子、という主力を6人も外して戦う事を選択した、という事は、やはり、判断ミスだったと思う、という事。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
ポーランドは、前の2試合でグループステージ突破が無くなっていたとしても、第3戦目では勝っている事が多い、というデータもあったし、そもそも実力を考えた場合には、やはり、戦力を落とした日本がポーランドに勝てる、あるいは、引き分けられる、と判断するのは大きな博打でしかないし、実際、結果は負けている。また、2つには、武藤と酒井高徳のところで、この配置は一回も試した事が無い布陣であったし、大会直前のパラグアイ戦では、武藤の右SHは、ある程度の手応えがあって、それなのになぜ、武藤を2トップの1枚で、酒井高徳を右SHで、という選択をしたのか。もちろん推測はある。

考えられるとしたら、レスター的な戦い方をイメージしていたのではないか、という事だが、つまり、岡崎は当然そのままで、武藤=ヴァーディ、そして、左右は違うが、酒井高徳=オルブライトン、宇佐美=マフレズ、というイメージ。おそらくはそれで、レスター的な戦い方をすれば可能性はある、という事だったのかなと。ただ、もしそうだったとしても、そこには重大な失念が存在しており、それは、ポーランドはセットプレーに強い、多くの得点はセットプレーで取っている、そして、酒井高徳はセットプレーでの守り(特に空中戦)に難点がある、それから、岡崎と山口にもその傾向がある、という事。

そもそもとして、槙野は左SBもできる、それから、遠藤航と酒井高徳はボランチとSBを兼ねられる、また、遠藤航はCBもできる、という事などを考えた場合には、遠藤航と酒井高徳はどちらかだけを選んでいれば良くて、むしろ、そこは遠藤航の一択で良くて、そうであれば、中島もしくは久保などを選出する事ができたから、その場合には、左SHには、明らかにベルギー遠征の時にも宇佐美より活躍し良いパフォーマンスだった中島を、そして、右SHには武藤を、という事もできたし、ベルギー戦の途中からもそうだったが、なぜ空中戦対策として遠藤航や植田を選択しなかったのか、という事もある。

FW          岡崎慎司
MF  中島翔哉    本田圭佑    武藤嘉紀
MF       遠藤航   柴崎岳
DF  長友佑都 植田直通  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣

そういう意味では、1つ目の問題点があったとしても、また、結果は変わらなかったとしても、例えば、上記のような布陣(長友のところを槙野や柴崎のところを山口にしても良い)だったならば、対ポーランド対策としては納得できたし、特にやはり、セットプレーに強い、多くの得点はセットプレーで取っている、というポーランドとの試合で、セットプレーでの守り(特に空中戦)に難点がある酒井高徳を使った、という事については、実際にも、失点はそこで生まれたし、大きな判断ミスだったと言わざるを得ない。つまり、最後の10分間を云々の前に、大きな判断ミスが2つあった、という事が重要点。

という事は、結局、最後の10分間というのは、その大きな2つの判断ミスによって生まれてしまったピンチを、大博打で運良く乗り切った、という事であり、従ってそこには、そもそも選手たちの実力不足(選手層の薄さ)、そもそも西野監督の判断ミス(采配ミス)、という2つの問題点とセットで考えなければならず、そう考えれば、ルール上は云々とか、スポーツマンシップが云々とか、グループステージを突破するためには云々とか、そういう事とは関係無く、決して称賛されるようなものではなかった、という事が理解できるはず。自作自演で作り出したピンチを大博打で乗り切った、という事なので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/01/03 11:39】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<過去のアジアカップを要点だけでザックリと振り返る。 | ホーム | 本質的な部分でのシステムの理解につながる1つの考え方。>>
コメント
賀正
jube様

明けましておめでとうございます。
今年もやって頂けることに感謝致します。

この一戦は日本の現在地がよくわかる試合でしたね。

ただ、そこから学んでる形跡はなく、日本代表はちょっといいかなと思ってます。

元々そこまで応援してたわけではないですが、気持ちは切れましたね。

宇佐美は応援してます!
【2019/01/05 11:35】 URL | きゃらばん #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4285-f119fe52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |