武藤嘉紀と乾貴士と塩谷司の追加招集について。
東口順昭 権田修一 シュミット・ダニエル
吉田麻也 冨安健洋 槙野智章 三浦弦太 塩谷司
長友佑都 酒井宏樹 佐々木翔 室屋成
遠藤航 柴崎岳 青山敏弘
乾貴士 堂安律 原口元気 伊東純也
大迫勇也 南野拓実 北川航也 武藤嘉紀




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
まずは、浅野琢磨が負傷したので武藤嘉紀が追加招集、という事だが、スピード系のFW枠、という事では、この2人が近年は椅子を争い続けていて、日本代表でのインパクトのある活躍(得点)では浅野、海外でのインパクトのある活躍(得点)では武藤、という感じになっていると思っていて、ハリルジャパンの時は浅野、西野ジャパンの時は武藤、そして、現時点の森保ジャパンでは、先に選ばれているのは浅野、という事で、完全に交互に選ばれる感じになっているが、ポストプレーヤータイプとして、大迫ぐらいしかしかいない、という事と同じぐらい、スピード系FWの活躍が乏しい、という事も、日本代表のFWの問題点としてあると思う。長い間、欠けているピースである、とも言える。

もちろん、2列目的なアタッカーに人材が豊富である、という事であったり、高さを補う意味でFWには高さのある選手を、という事であったり、そういう日本的な事情であるとか、そもそもとして、FWに起点力があった方が攻撃力は上がる、あるいは、攻撃は機能しやすくなる、という事もであるので、特に「4-2-3-1」や「4-1-2-3」などの1トップのシステムでは、スピード系のFWをCFの位置では使い難い、という事もあり、ポストプレーヤータイプの方が使いやすい、活躍しやすい、という事も、スピード系のFWの活躍が乏しくなる、という事の理由としてはあると思う。しかし、W杯仕様や戦術的オプションのために、やはり、スピード系のFWの活躍が欲しいのも確か。

そういう意味では、やはり、もう1枚、信頼できるポストプレーヤータイプのFWが欲しい、という事と同じぐらいに、スピード系のFWの活躍も欲しい、という事が日本代表にはあると言えて、今回のアジアカップでは武藤であるが、その活躍には大きく期待したい。そして、そのためには、前述したような理由から活躍し難くなる、という事もあるが、浅野にしても武藤にしても、あるいは、永井謙佑にしても森本貴幸にしても、更に過去なら、岡野雅行にしても、日本のスピード系のFWに共通しているのは、技術力が足りない、という事であり、スピードを上げてプレーする事が多いから、そう感じる、という事もあるとは思うが、もしそうであっても、やはり、もう少し技術力は必要だと思う。

次には、守田英正が負傷したので塩谷司が追加招集、そして、中島翔哉が負傷したので乾貴士が追加招集、という事についてだが、守田も中島も、フル代表で大きな大会に挑むのは初だったし、2018年の親善試合でも良いパフォーマンスを見せていたので、とても残念なのは言うまでもない。ただ、中島に関しては、移籍事情も関係しているのかもしれない、と思わなくもない。まあ、そこの真偽はともかく、中島の代わりに追加招集されたのは乾なので、そこまで大きな影響はないのかなと。おそらく、今回は、ロシアW杯で見せたような得点力には期待できないと思うが、チャンスを作る力、そして、守備力、という部分では安定した力を見せてくれると思うので、そこに強く期待しておきたい。

塩谷については、ややサプライズだったと感じていて、いつのタイミングで候補に入っていたのか、もしかしたら、CWCで、という事だったのかなと思っていて、元々、森保監督がサンフレッチェ広島の監督だった時代の選手なので、という事はあるが、やはり、ややサプライズではあった。ただ、パフォーマンス的には選ばれても不思議ではないと思うのだが、気になるのは、槙野、佐々木、塩谷、というのは、似たようなタイプの選手たちでもあり、年齢的にも30歳前後の近い選手たちなので、それを考えると、という事はある。例えば、冨安だけではなく、東京五輪世代のCBあるいはボランチの若い選手を選ぶ、という選択肢もあったとは思うのだが、そうできない事情があったのだろうか。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/01/07 11:45】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<大きすぎる存在のメッシ。バルセロナにあるジレンマ。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】 | ホーム | アジアカップでの選手たちのパフォーマンスやチームとしての戦い方というのは、良い意味でも悪い意味でも、その後に与える影響は少なくはない。>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2019/01/08 19:56】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2019/01/07 15:19】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4288-407c67b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |