FC2ブログ
トルクメニスタン戦 【 想定内の苦戦だが、日本のサッカーの悪い癖も。 】
試合 :アジアカップ グループステージ 第1戦
開催日:2019年1月9日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-2」
得点者:アマノフ 大迫勇也 大迫勇也 堂安律 アタエフ(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF  原口元気    南野拓実    堂安律
MF       柴崎岳   冨安健洋
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          権田修一

FW          大迫勇也
MF  原口元気    北川航也    堂安律
MF       柴崎岳   冨安健洋
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          権田修一


前半は日本の選手たちの方が動けていなかったので、そうなれば当然、苦戦はすると思う。1失点だったが、CKからも決定的に危ないシーンもあったし、場合によっては、3失点ぐらいしていてもおかしくなかった。ただ、7試合を想定したピーキングであるとフィジカル・コンディションについては思うし、前半はある程度ギアを落として、後半から、という意図的な部分もあったと思うので、そこについては想定内だったと思う。

それよりも、前半の問題点というのは、トルクメニスタンは「5-4-1」でコンパクトになり、自陣やゴール前のエリアをかためてきたが、以前の記事で、そういう戦い方をする相手から得点を奪おうとする時に、綺麗に崩そうとするだけではなく、ガンガン圧力をかけて、ある程度は強引に得点を奪おうとする攻撃もしないと、という事を書いたが、やはり、前半は綺麗に崩そうとする意識が強く、という事にあったのではないか。

前半は、前の4人に対し、足元への縦パスを付ける、そしてそこから、ショートパスとコンビネーションで崩す、という事に拘り過ぎていた印象で、トルクメニスタンは、そこを狙ってボールを奪いカウンターで、という事を完全に狙っていたし、日本のサッカーの悪い癖が、また出てしまっていたのが前半だったと思う。相手がトルクメニスタンだったり初戦だったりした事で、ある程度は、それも仕方なかったとは言えると思うが。

しかし、やはり後半になって、もっと浮き球を放り込んで、そのセカンドボールを狙うような、キック&ラッシュに近いような攻撃だとか、低い位置から一気にロングパスでサイドチェンジ、サイドの高い位置へ蹴るような、そういう方法へと日本は攻撃を変化・改善させ、結果的にも、それで3得点を奪い、西野ジャパンもそうだったように、やはり、そういう攻撃も織り交ぜた方が、日本の攻撃力というのは高くなるのではないか。

そして、守備についても、日本の選手たちの方が動けていなかった、という事による寄せの甘さや球際の弱さ、それから、足元で繋ごうとし過ぎて、そこでボールを奪われ、攻撃に入ろうとする瞬間に裏返されて一気にカウンターとか、一本のパスでとか、その悪さは攻撃の方法と表裏一体的に生まれていたから、そういう部分を改善させようとしていたハリルジャパンなどを思い出し、日本のサッカーの悪癖を出さないでもらいたい。

次の相手はオマーンで、おそらく、レベル的には1つ上がる。そこでも勝利すれば、第3戦目はウズベキスタンという強敵だが、グループステージの突破については、という事はあるが、きちんと一位で突破、という事を考えれば、消化試合とはならないと思うので、次からはギアをもう1つしっかり上げると同時に、前年の研ぎ澄まされた感覚も呼び起こしてもらいたい。特に、柴崎と吉田は、もう少し早くギアを上げてもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2019/01/10 11:39】 | 森保ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<トルクメニスタン戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。堂安律。柴崎岳。冨安健洋。 】 | ホーム | 小笠原満男。中澤佑二。楢崎正剛。川口能活。引退。>>
コメント
基本的には「勝ち点3獲ったからいいか」と思ってはいるのですが、あえて苦言を呈すれば、3-1の場面で、「同点に追いつくための攻撃」と同じような、守備体形を崩してまでの攻撃をしなければならないのか、ということでしょう。
まるでアドレナリン全開状態のように4点目、5点目を狙わなければならないのか。

おそらく世界の強豪国であれば、全体のフォーメーションを自陣に下げ、俊足で決定力のあるFWを投入し、相手が前がかりになるところをカウンターで迎え撃ち、追加点を狙うのでしょう。
守備的になり過ぎて空中戦に不安があるなら、全体をセンターサークル付近に置き、相手攻撃陣を寄せ付けないパス回しで試合を終わらせてほしい。

クラブW杯で、インテルのセルヒオ・ラモスが終盤、「俺にも点を獲らせろ」とばかりに攻撃参加して、実際点を獲ってしまう姿(笑ってましたよ)が印象的でしたが、あの時もインテルの守備陣形は整っていました。
日本がイタリアのカテナチオのような守備力を手に入れるのには、時間がかかるのでしょう。
スペインのような「攻撃することによって相手陣で試合を終わらせる」試合運びを選ぶなら、明確にパスを繋ぐべきだと感じました。
日本には、相手をおびき出してカウンターで得点する、、、というパターンが無いのが残念です。

日本がW杯で優勝を目指すなら、強豪の猛攻に耐えうる守備力は、やはり必要だと思います。
それが高さであれ、コンビネーションであれ、何としても優勝しようとする世界的強豪国の死に物狂いの猛攻に耐えられなければ、優勝はできません。

とはいえ森保監督は現在、「あえて守備の改善には取り組んでいない」とも伝えられているので、勝ち続ける限りにおいては非難しないでおこうと思います。
森保監督のプランもあるでしょうから。
【2019/01/10 14:27】 URL | れいぶん #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4291-6458d26f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |