FC2ブログ
トルクメニスタン戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。堂安律。柴崎岳。冨安健洋。 】
試合 :アジアカップ グループステージ 第1戦
開催日:2019年1月9日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-2」
得点者:アマノフ 大迫勇也 大迫勇也 堂安律 アタエフ(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF  原口元気    南野拓実    堂安律
MF       柴崎岳   冨安健洋
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          権田修一

FW          大迫勇也
MF  原口元気    北川航也    堂安律
MF       柴崎岳   冨安健洋
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          権田修一


大迫勇也

相手がバイタルエリアやゴール前をかためている場合、PA内であっても、何らかの布石があって、相手がしっかりと構えている状態を少しでも崩していないと、そこでCFがポストプレーをしたりシュートを打つ、というのは難しいと思う。相手が周囲の近い距離に3人以上いる状態だと、完全に埋もれた感じになってしまうので。という事は、ショートパスとコンビネーションで、という前に、まずは他の方法で少しは崩さなくてはならなくて、それが、相手を左右に大きく揺さぶるようなサイドを使った攻撃とか、放り込みで相手のDFラインを下げさせて、少しでも相手のDFラインとMFラインの間にスペースを作るとか、という事であると思う。そして、それができれば、大迫にしても堂安にしても、アジアが相手ならば、特にアジアの格下が相手ならば、個の力で決められる力は持っていると思うので、という事を、常に忘れない攻撃をしてもらいたいと強く思う。


南野拓実

ベネズエラ戦だったと思うが、その試合でもそうだったように、南野は競り合いの強さも持っているが、それでも、相手がしっかりと構えている状態のバイタルエリアやゴール前でボールを受ける、というのは困難だと思うので、それから、特に南野はCF的ではなくトップ下的な選手なので、まずは、厳しいエリアから少し外れた場所でボールを受けたり、そこからプレーをスタートさせないと、あまり良いプレーはできなくなってしまうと思う。結局、こういう試合になった場合には、トップ下的な選手と2ボランチが少しポジションを変えて、「4-2-3-1」から「4-1-2-3」的に変えた方が良かったとも言えるから、そういう部分が、南野の1つの課題となってきているように思う。


原口元気

ほとんど前半は目立たず、後半になってから活躍したが、やはり、原口についても同じで、形が云々という事ではなく、まずは、良い形でボールを受けられる、という事からプレーをスタートさせないと、前半のようになってしまうし、逆に、良い形でボールを受けられれば、後半のようなプレーができるわけで、柔軟性とか、臨機応変さとか、相手をきちんと見ながらとか、というのは、そういう部分にもあると思う。試合運びであるとか、チームとしての状況に応じた戦い方であるとか、そういう事だけではなく。前半が1失点で済んだ、そして、あまり相手が強くなかったから、単純な切り替えによって、この試合は、後半からは良くなり、逆転勝利、という事で終えられたが、どうも上手くいかないと感じた時には、もっと早く変化させられないと、強い相手には難しくなると思う。


堂安律

20歳の選手であるし、リオ五輪よりも更に下の東京五輪世代の選手なので、とにかくまずは、自分のプレーを思い切ってさせる、ミスを恐れさせないでプレーさせる、という事が、チームが堂安という選手を使う場合の「現時点では」のアプローチだと思うので、得点も取ったし、今のところは、特に指摘するようなマイナス点は無い。しっかりと守備もしつつ、アグレッシブにドリブルで仕掛けたりシュートを打ったり、という事がやれているならば、可能な限り先発フル出場で使い続けても良いと思う。体力的に、現時点でどこまでやれるのか、という事を、その限界を体験する事も必要であると思うので。


柴崎岳

縦パスを狙う意識がとても高く、それが得点にもつながっているので、そこは評価したいしできると思う。しかし、フィジカル・コンディションの事はあったと思うが、それでも、球際の競り合いで負けるシーンが目立っていたし、攻から守への切り替えも少し遅かったと思うし、当然、横パスでも縦パスでも、それを引っ掛けられて良い形で奪われれば、一気にピンチになる可能性も高いので、その精度というのは、もっと高くしないと、やはり、欧州のリーグで活躍するのは難しくなると思う。おそらく、フィジカル的な要素や守備力については、今以上は難しいと思うから、柴崎が輝くには技術的な精度しかないと思うので。そしてそこは、チームのスタイルが云々とは、あまり関係が無いので。


冨安健洋

東京五輪世代のCBというのは、ボランチも兼ねられる選手が多い。しかし、中山雄太を除いては、ボールを捌く、という役割にはあまり期待できず、主に守備面の役割をこなしながら、時には思い切ってシュート、または、ゴール前へ、という事なので、今のところは、そういう感じで見ておく必要があると思う。日本の2ボランチには、長谷部と遠藤保仁とか、長谷部と柴崎とか、守備専を起用しないで、どちらもボールを捌ける、または、そこに山口であるとか井手口であるとか、捌けるタイプとアグレッシブにボールを奪うタイプ、という組み合わせを選ぶ傾向があるので、守備専の選手を選ぶと違和感を抱く人も多いと思うのだが、やはり、その形も機能させないと、先は厳しくなると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2019/01/11 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<トルクメニスタン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。権田修一。北川航也。 】 | ホーム | トルクメニスタン戦 【 想定内の苦戦だが、日本のサッカーの悪い癖も。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4292-88dd1260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |